不倫の証拠となるものや証拠の集め方!悩み・疑惑を解消する方法を紹介

公開日:
関連タグ:

不倫・浮気の慰謝料請求で証拠となるものは?

人のイメージ画像

不倫や浮気の証拠と言っても、様々な種類があり全部を一括りにする事は出来ません。
訴訟から裁判へと進んでいった場合にも、どれもが証拠として有効なわけでは無いという事を念頭に置いておかなければなりません。

  • メール・LINEなどSNSでの会話
  • 2人が映った写真・動画
  • 請求書やレシート
  • クレジットカードの利用明細

メール・LINEなどSNSでの会話

“怪しい”と睨んだ相手とのメールやLINEのやり取りでも、肉体関係の手掛かりがなければ不倫・浮気の証拠にはなりません。
「業務上の連絡や仲間内の約束事(同窓会等)」と開き直られたら、指摘のしようがないからです。

例え巧妙に符丁を使っていたとしても、どう見ても日常会話ならば、当然ながら不倫・浮気の証拠にはなりません。

証拠として成立するとしたら、日常会話ではありえない男女の肉体関係を示す会話か、不貞を表す会話になってきます。
こうした会話ならば、不倫・浮気の証拠として十分に成り立ちます。

このメールやLINEから証拠を得られれば、慰謝料を請求する場合でも有効です。ただ、対象者が少しでも「ちょっと変だな」と異変に気付くと消去されるという難点もあるので注意です。

“胸騒ぎがする”“勘に触れる”といった、対象者の持つ無意識の自己防衛本能が働いて、証拠集めがバレてしまい「消された」などという事もあるでしょう。

これらは特殊な例だとしても、習慣でバレると危ない会話や、やり取りをすぐさま消去する人もいるのです。

これではせっかく集めた不倫・浮気の証拠も一瞬で水泡に帰してしまいます。
そうならないためにも、証拠保全等の問題にはプロである探偵に相談してみましょう。

では、夫婦間であってもメールやLINEを勝手に見る行為は違法なのでしょうか?

厳密に言えば、夫婦であってもプライバシーの保護は認められているので、答えは「Yes」です。
ですが、裁判の場合は違法性を問われる事はまずありません(過去の判例による)。

それよりも不倫・浮気の不貞行為の方が重大だと、裁判官も見ているわけです。そうした重要事項を有利に進めるためにも探偵のアドバイスが必要となってくるのです。

2人が映った写真・動画

普通のシティホテルでは効力が弱いですが(2人同時のチェックインや部屋に入る瞬間は別)ラブホテルへ連れ立って入る姿の写真や動画は不倫・浮気の証拠になります。
同じケースで、ラブホテルを背景に2人が手を繋いでいる写真も証拠になり得ます。

最近では動画撮影が簡略化して来ているので、動画で2人一緒にいるところを押さえるのも良いでしょう。

動画だと、2人の関係が“ただならぬ仲”という雰囲気が写真よりも顕著に写し出されます。
不倫・浮気の証拠としての効力は大きいと言えます。

ただし、写真・動画とも撮影に関しても、素人ではなかなか裁判所で認められるようなツボを押さえたモノを撮るのは困難です。
撮影の研修を受けた探偵や専門スタッフのいる探偵会社に依頼した方が、確実なのは言うまでもありません。

請求書やレシート

ラブホテルのレシートはもちろんの事、不倫・浮気相手と食事をした時の領収書も証拠になります。

ただし、単にレストランのレシートがあるだけでは効力は発揮しません。食事中に相手の髪や体をさりげなく触ったり、腕を組みながら店外へ出てきたところの写真と組み合わせれば不貞の証拠として見なされます。

クレジットカードの利用明細

前項のレシートと同様で、今はラブホテルの支払いもカードで済む時代です。
高価なプレゼントに至っては、カード払いが主流と言っても良いでしょう。

このクレジットカードで支払いをすると、利用明細が後日郵送されてくるので比較的容易に不倫・浮気の証拠を握る事が出来ます。

携帯を覗いて不倫・浮気の証拠を掴むには

人のイメージ画像

携帯電話・スマホ(以下、「スマホ」)には、不倫ヤ浮気の証拠がたくさん詰まっているにも関わらず、無防備にしている男女が多いです。

急にロックをかけると「逆に怪しまれる」事もあって、簡単に中身を見る事が出来るモノです。

しかし、このスマホは言うなれば「パンドラの箱」のようなものです。事実を突きつけられるにせよ、心の準備をしてから覗いてみてください。
決して過度なショックを受ける事なく、冷静に対処することが肝要です。

  • カメラのフォルダをチェック
  • 着信履歴をチェック
  • LINEの非表示リスト・メールのゴミ箱をチェック
  • TwitterやインスタグラムなどのSNSのDMもチェック

カメラのフォルダをチェック

1万字の文字の証拠を掴むよりも、1枚の写真の方がインパクトがあるし信憑性も“大”です。
特にラブホテル内でいちゃついている写真や、2人で裸でいる写真などはまさに動かぬ証拠となります。

この危ない証拠は、すぐにシークレット・ボックスに移すか削除するのが定道ですが、中にはフォルダに入れたままになっている事もあるでしょう。

対象者のスマホのフォルダやデジカメに残したままになっているデータのチェックはマメに行ってください。

最近では動画撮影も簡易になっていて不倫・浮気の親密度を計るには、有効です。すぐさまコピーして、自分のフォルダに隠しておく方法をオススメします。

専門の技術が必要になってくるので探偵に任せた方が無難でしょう。探偵自身が研修を受けて、撮影法や気づかれずに同ファインダーに2人を入れ込む方法などをマスターしています。

専門スタッフを配している探偵会社もありますので「撮り逃し」の心配もいりません。

着信履歴をチェック

「スマホは覗かれない」という根拠の無い確信を持っている人は多いです。
それだけ着信履歴の消去に関して“脇が甘い”人も多い事が言えるのではないでしょうか。

怪しいと思われるメールのやり取りが残っていたら、画面をそのまま撮影出来る「キャプチャ」機能で撮って、自分のスマホなりタブレット、PCに転送して証拠の保全に努めてください。

LINEの非表示リスト・メールのゴミ箱をチェック

対象者がLINEを連絡手段に使っているのなら、非表示リストやグループ・チャットを開けて見るのが良いでしょう。
「非表示リスト」を解除する方法は、ネット上で解説されていますからそちらを参考にしてみると良いでしょう。

「ゴミ箱」のチェックは非表示リストの解除よりは楽ですので、こちらも同様にチェックしてみましょう。

どちらも対象者にとっては「消されたモノ」という認識でいますが、不倫・浮気の証拠になりますので、こちらも確実に保管しておいてください。

TwitterやインスタグラムなどのSNSのDMもチェック

TwitterやインスタグラムのDM(ダイレクト・メッセージ)は、不倫や浮気相手との連絡に便利だと言われています。

ところが、スマホの現物があれば割りと簡単に覗き見る事が可能だという事はあまり知られていません。

対象者やその相手が油断しているのならば、DMから不貞の証拠を得る事も容易です。

不倫・浮気の証拠を集めるために探偵に依頼するメリット・デメリット

人のイメージ画像

これまで、いろいろな局面で「探偵に依頼」「探偵に相談してみよう」と記してきましたが、そのメリット・デメリットを探ってみます。

探偵事務所に依頼するメリット

  • いつでもどこでも現場にかけつけてくれる
  • 慰謝料や裁判が有利になる証拠を集めてくれる
  • 精神的ショックが少ない

いつでもどこでも現場にかけつけてくれる

探偵と契約が成立していれば、「急な出番」にも即座に対応してくれます。

例えば夫から「急な残業で今夜は帰られない」と連絡があったとします。
これまで、徹夜で仕事をしていた経験はなく「どうも最近、帰宅が遅いな」と思っていたところに「帰られない」では疑うなと言う方が無理があります。

逆を言えば、不倫・浮気の証拠を掴むチャンスなわけです。こんな急を要する時にも、探偵ならば対応が可能です。

慰謝料や裁判が有利になる証拠を集めてくれる

夫からの連絡がメールならば画面を撮っておけばいいし、電話ならICレコーダーに録音しておけば良いでしょう。

そうすれば「急な残業」というのが虚偽で、実際は不倫・浮気をしていた(現場での様子は探偵が入手)証拠になります。

報告書には詳しい場所や日時に沿って分かりやすくまとめてあるのは、言うまでもありません。

精神的ショックが少ない

一度は永遠の愛を誓った相手が浮気をしていると考えただけでも、ショックは大きいと思います。仮に「冷え切った関係」であっても、“良い気分はしない”と依頼側から聞く事もあります。

そのような複雑で微妙な男女関係の仲で、不倫・浮気の現場を目の当たりにしてしまったら、どうなるのでしょう?

冷静さを保ち、以後の調停や慰謝料を巡る裁判のためにも“プロのクールな視線”で正確に証拠を集めてもらった方がいいです。

探偵事務所に依頼するデメリット

  • 調査を初めてすぐに証拠が掴めるわけではない
  • 費用が掛かる

調査を初めてすぐに証拠が掴めるわけではない

対象者側の心理からいうと、不倫・浮気を「バレないように」と龍振る舞っているものです。
ですから、毎日のように“会う”ような事はしません。

「毎週〇曜日に会っているに違いない」だとか、対象者の行動の法則を見抜いたとしても、それはあくまでも“予想”でしかないのです。

したがって、「きょう、明日中に結果を」というのではなく『待つ』事も戦術の一つだと考えてください。

費用が掛かる

「待つ」事の重要性が理解出来たかと思いますが、探偵に依頼した場合には日数が増えた分だけ料金がかさむのが頭の痛いところです。
ある程度の日時の絞り込みがあれば別ですが、普通に浮気調査した場合の料金相場は30万円~50万円と言われています。

仕事や家事で、自分で調査出来ない(技術も含む)から確実な探偵へ依頼するのですが、この費用の捻出については大きなデメリットとなっています。

ただ、相談無料や時間制の料金システムなど、不倫・浮気調査を依頼しやすい環境になって来ているという側面もあるので忘れないようにしましょう!

LINEの会話や証拠になる写真が無い場合【HAL探偵社】へ依頼

人のイメージ画像

スマホの履歴、LINE通話の内容等々、ここで挙げたように不倫・浮気の証拠は日常生活の身近な場所にあるモノです。
ここで気をつけて頂きたいのが、“証拠を集めている”と対象者に察知される事です。
そうなると警戒されてしまい、かえって証拠を掴む事が難しくなってしまいます。

そうした場合をあらかじめ設定して、まずは調査のプロである探偵に相談してみるといいと思います。

対応時間 24時間365日対応可能
電話相談 無料
メール相談 無料
基本料金 1時間6,000円/1人
対応区域 全国47都道府県
出張費0円
アフターケア 無料

なかでも全国に18の支社を持つ「HAL探偵社」は、納得のいく結果と料金で不倫・浮気調査(ほかにも対応事案多数)に定評があります。

まずは24時間365日24時間、電話相談を無料で受け付けてくれます。匿名・非通知可なので初めての方でも安心です。

浮気調査の場合、1時間6,000円/1人からの調査も可能で、料金は後払いとなっています。
ほかにも「完全成功報酬プラン」ならば、

  • 浮気相手と接触したが、ホテルや自宅などの密室に行かなかった
  • 不倫・浮気相手とは会わずに同僚と飲んでいただけだった

など、このほかにも不貞の証拠を写真や動画で押さえる事が出来なかった場合には、料金が0円設定というシステムになっているから驚きです。

それら料金システムの大前提として明朗会計な料金システムと、不当な請求がない、という点が挙げられます。
逆に言うとホームページに料金を載せていなかったり、「応相談」の表記がやたらと多い会社には注意が必要かも知れません。

また、HAL探偵社の場合、全国に支社があるので“出張先での浮気”や“遠距離での愛人”などの調査も迅速に行えるので、この点も強みになっています。

不倫・浮気の調査は、依頼する側に心痛がともなう場合が多いです。世間体を気にする方もいる事でしょう。
ですが、モヤモヤとした気持ちで毎日を過ごすよりも、確実に結果を出してくれる探偵に相談してみてはいかがでしょうか。

HAL探偵社ならば、蓄積されたノウハウやデータから最良の方法で調査方法を見出して提案してくれるはずです。

まとめ

人のイメージ画像

ここまでの記述を顧みると不倫・浮気の証拠は日常生活の身近にあると言えます。

しかし自分で証拠を掴むには様々なリスクが伴います。調査のプロである探偵に相談・依頼をするのがベストでしょう。長時間の張り込みひとつとっても、依頼者本人ではどうにもならない場合が多いです。
あわせて、不貞の事実を目の当たりにしてショックを受ける事も無いのではないでしょうか。

調査のテクニックはもちろんメンタル面でも“探偵への依頼”は効力を発揮しているので、まずは無料相談へ行ってみましょう!

お問い合わせ
【全国に18店舗展開!】浮気調査が得意なHAL探偵社へ無料相談!
【成果報酬型】不貞の証拠が無ければ0円だから安心!

この記事に関連する記事