探偵の”嫌がらせ調査”で悩み解決!嫌がらせ調査の内容とは?

公開日:2020/08/19
カテゴリ:
関連タグ:

ストーカー、パワハラ・セクハラ、騒音、いじめ…。
これらは簡単には無くならず、社会問題と化している問題であり、すべて「嫌がらせ」にあたります。

このような「嫌がらせ」がなくならない利用のひとつに、具体的な証拠がなければ警察などの公的機関が対応してもらえないという問題があます。

そのような状況から、嫌がらせを解決すべく「具体的な証拠を掴む」ために探偵に嫌がらせの調査依頼をするケースが増えているのです。

本記事では、探偵に嫌がらせの調査依頼について、その調査内容やメリットについて詳しくご紹介していきます。

探偵の嫌がらせ調査の内容とは?

頭を抱える男性の画像

「嫌がらせ」とひとくちに言っても、その内容は様々です。
探偵は、様々な「嫌がらせ」において、その犯人や実態、客観的な証拠を掴むための調査を行います。

会社での嫌がらせ

例えば、会社に勤めている人から多く寄せられるのは、会社の上司からセクハラやパワハラを受けているというものです。
セクハラ・パワハラが簡単になくならない要因は、それが閉鎖的な空間かつ上下関係の元で行われるためです。
証拠を掴もうとしても、相手に知られる事なくそれ手に入れることは難しく、証言するだけでは「証拠がない」と相手に逃げられる可能性があります。

探偵は、言い逃れできないパワハラ・セクハラの客観的証拠を掴みます。

学校での嫌がらせ

また、子供のいじめも「嫌がらせ」になります。
いじめも、証拠を掴むのが難しい嫌がらせのひとつです。
その理由は、例えいじめがあっても子供は親にその事実を話さないためです。
親に話した事でいじめがエスカレートするのではと心配したり、余計な心配をかけたくないと思ったりしてしまいます。 
学校に相談をしても、証拠がなければ動いてもらえないのが実情です。

探偵はいじめ調査の依頼を受けると、登下校時や外出先での尾行と張り込みをします。
いじめの現場を発見した場合には、その証拠を押さえます。
また、同時に加害者やその保護者の人物像も把握し、いじめの事実を隠蔽・否定される可能性を減らします。
そうして探偵が得た客観的な証拠を提示することで、学校または警察がすぐに対応してくれるようになるのです。

その他の嫌がらせ

車に傷がつけられている、ポストから郵便物が盗まれるなど、近隣住人による嫌がらせも探偵の調査対象となります。
傷つける、盗まれるというような物理的な嫌がらせの他にも、夜中の騒音、言われも無い噂を立てられるなどの被害も見受けられます。
このような近隣住人の対処が難しいのは、注意しても嫌がらせがエスカレートする傾向が高いことが理由として挙げられます。
さらに、警察に通報しても証拠がないと、対処をしてくれないことがやはり大きな原因です。
探偵に調査依頼をすると、客観的かつ明確な証拠を得られ、それを持って相談することで、警察に動いてもらう事が可能となります。

なかでも多いストーカー調査

ストーカーの画像

数ある「嫌がらせ」行為の中でも、特に探偵に依頼されることが多いのはストーカー調査です。
ここでは、「ストーカー行為」とは具体的に一体何を指すのか、また、自分でできるストーカー対策についてご紹介します。

ストーカー行為とは?

ストーカー行為とは、「ストーカー規制法」によって以下に当てはまるものであると定義づけられています。

  • つきまとい・待ち伏せ・押し掛け・うろつき等
  • 監視していると告げる行為
  • 面会や交際の要求
  • 乱暴な言動
  • 無言電話、連続した電話・ファクシミリ・電子メール・SNS等
  • 汚物等の送付
  • 名誉を傷つける
  • 性的しゅう恥心の侵害

上記に当てはまるものは、全てストーカー行為です。

誰でもできるストーカー対策とは?

ストーカー行為に悩んでいる場合、警察や探偵に相談することも大切ですが、何より重要となるのは自分でできる対策です。
ここでは、誰でもできるストーカーへの自衛策を紹介します。

  • 戸締まり…在宅時はドアチェーンをかけておく、鍵を変えるなど
  • 移動時…防犯ベルを携帯する、タクシー移動にするなど
  • 郵便物…盗まれる可能性があります。鍵付きの郵便受けにする、局止めにするなど
  • ゴミ…個人情報を探られる可能性があります。シュレッダーにかけるなど
  • SNS…自分の居場所を書く、写真をあげるのを控える
  • 引っ越し…家族・友人・学校・職場への口止めの上、引っ越しましょう
  • ひとり暮らしだと明かさない…表札に異性の名前を入れる、異性の洗濯物を干すなど

難しいものもあるかもしれませんが、できることは取り入れて対策することが大切です。

探偵のストーカー調査でできること

探偵にストーカー調査を依頼した場合に、具体的にどのようなことを行うのかについて紹介します。
自分でできることでストーカーからの被害を避けることは可能ですが、ストーカーが誰なのか、またはストーカーがどのような行動をとっているのかを明確に知ることはできません。

安心できる生活のためにはやはり、ストーカーの正体を突き止めてこれ以上被害を受けないよう解決することではないでしょうか。

そこで探偵にストーカー調査を依頼することによって、ストーカーを追い込むことができるのです。

探偵によるストーカー対策

上の例でも見た通り、警察は客観的な証拠がないと具体的に対応できないことが多いです。
一方、探偵は犯人特定や客観的な証拠を掴むために動くことができます。

  • ストーカー被害の実態調査
  • ストーカーの人物・住所・勤務先などの特定
  • 盗聴器などの調査
  • 警察への同行

上記のように、探偵は、警察に具体的に動いてもらうための証拠を掴みます。

探偵に嫌がらせ調査を依頼するメリットとは?

ささやく女性の画像

探偵に嫌がらせの調査を依頼すると、
探偵は、どのような人物がストーキング行為をしているのか、また行為の実態調査を調査します。

高機能な調査機器で証拠の撮影が可能

探偵は、素人ではなかなか用意することが難しい、高機能な調査のための機材を用いて証拠を掴みます。
嫌がらせの多くは、夜間や未明など、 人の目につきにくい時間帯に行われます。
そのため、夜間でもクリアに映る撮影機材や、対象者に見つかりにくい機材を用いて調査すると、明確な画像や映像としての証拠を抑えられる確率が上がります。

防犯カメラの設置を検討する方もいるかもしれませんが、防犯カメラの死角を狙って嫌がらせを継続したり、カメラの破壊を試みようとしたりする人もいるのが現状です。

自分で調査しないためリスクを背負う必要がない

自分で調査をすると、相手に調査をしていることが悟られてしまう可能性が高いです。
もし相手に調査していることがバレてしまうと、嫌がらせは長期化・エスカレートしていく傾向にあります。
それに伴い、結果として被害者も精神的にも追い込まれていってしまいます。
探偵は、第三者として、細心の注意を払いながら、被害者に決して被害が及ぶことがないように調査をします。
探偵に依頼すると、自分がさらに大きな被害を受けるリスクを減らしながら、犯人や嫌がらせの実態に近づくことが可能です。

証拠があることで慰謝料の交渉がスムーズに

探偵に嫌がらせ調査の依頼をすると、裁判などでも使用できるような客観的な証拠を押さえます。
犯人が明らかになり、裁判で慰謝料の請求をすることになった場合には、このような客観的証拠があることで、交渉がスムーズに進みます。

犯人を突き止め実態を明かすだけでなく、客観的証拠を用意できることで、その後の対応においても、探偵に調査依頼をすることはメリットになるのです。

嫌がらせ、ストーカー調査を依頼する前に重要なのは情報収集

探偵に嫌がらせやストーカー調査を依頼する前に、情報収集をよくしておくと、スムーズに調査が進みます。

犯人の情報

嫌がらせを受けた際には、その日時や内容などのメモを取っておくことをおすすめします。
そうすることで、警察への相談や探偵事務所への依頼がスムーズになります。
また、犯人が明らかでない場合には、その情報をヒントにすることで、相手を特定しやすくなります。

自分の情報

嫌がらせやストーカーは、何かのきっかけがあって始まることがほとんどです。
被害者であるあなたについて知ることが、犯人の特定の大きな手がかりとなります。

自分の氏名・住所・年齢・職業・家族構成・交友関係・生活パターンなど、どんな些細なことであっても探偵に伝えることが、犯人を特定するための第一歩となるでしょう。

被害を受けたモノ、状況の記録

モノを壊された、騒音がするなど被害があった場合には、可能な限りその証拠を残しておきましょう。
壊されたものはそのまま保管する、修理した場合は領収書や被害状況の写真をとっておく、騒音の場合には録音をするなどの情報も有効です。
被害の日時と状況を詳細に記録しておくと、法的手段に訴える場合にも役に立ちます。

嫌がらせ、ストーカー調査を依頼するならHAL探偵社がおススメな5つの理由

スーツの男女の画像

辛く苦しい嫌がらせやストーカーを解決したいと思っている方は、HAL探偵社が解決のお力になります。
HAL探偵社では、明朗な料金体系と丁寧なカウンセルング、圧倒的な調査成功率でその証拠を掴みます。

【1】わかりやすい料金体系

HAL探偵社では、独自のわかりやすい料金体系をとっています。
特徴的なプランとして、以下の2つがあります。

  • 時間制プラン
  • 完全成果報酬プラン

時間制プラン

時間制プランとは、「1時間6,000円」という業界最安値での調査をお約束するプランです。
相談料は0円、調査費用1名あたり1時間6000円。
他社に比べて約半分以下の格安な調査費用は、広告費やユニフォーム、無駄な機材などの費用を徹底カットすることで実現させました。

完全成果報酬プラン

完全成果報酬プランとは、嫌がらせの証拠を見つけられなければ、報酬0円というプランです。
このプランでは、調査をして、もし嫌がらせの証拠を得られなかった場合には、報酬はいただきません。

このように、HAL探偵社では、ご相談者様の目的をヒアリングし、最適なプランをご提案いたします。

【2】調査前に丁寧なカウンセリング

HAL探偵社では、ご依頼をいただき調査を開始する前に、丁寧なカウンセリングを実施しています。
事前の相談はもちろん無料で、匿名受付も可能です。
問題の解決の最初の一歩は相談です。
ぜひお気軽に、無料相談をご利用ください。

【3】裁判で使用できる報告書

HAL探偵社では、「いつ」「どこで」「だれが」「だれと」「何をしたか」を鮮明に記載した報告書を作成しています。
報告書は、最短1週間でお渡し可能です。
裁判所指定の書式で記載されているため、そのまま裁判でご使用いただけます。

【4】調査成功率97.6%と業界屈指の調査力

HAL探偵社では社内で教育を受けた、確かな調査力を持った調査員が、全国ネットワークでの調査網や最新の調査機器を駆使して調査いたします。
探偵業界最高峰の調査力を誇り、その調査成功率は、97.6%を達成しています。
他社で解決しなかったお悩みも、HAL探偵社にお任せください。

【5】全国47都道府県対応

HAL探偵社は、全国の以下の11の主要都市に、18の拠点があります。

HAL探偵社拠点都市…東京、埼玉、千葉、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡

もちろん、上記の都市以外であっても全都道府県へ出張料無料にて対応いたします。

まとめ

落ち込む男性の画像

多くの人が苦しんでいるストーカー、パワハラ・セクハラ、いじめなどの「嫌がらせ」問題。
個人で解決するのは難しく、警察に相談しても客観的証拠がないと処置をとってもらうことが難しいです。
自分で証拠を掴むには、相手にバレてしまう、精神的に追い込まれるなどのリスクが伴います。
探偵は、調査依頼をいただくと、警察や学校に動いてもらうために証拠の獲得や犯人の追究など、徹底的にサポートいたします。
辛く苦しい際には、無理せずに、探偵社にご相談ください。

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「嫌がらせ 調査」に関してよくある質問を集めました。

嫌がらせ調査で多い内容は?

社内でのパワハラといった職場での嫌がらせや子供同士のいじめ等の学校での嫌がらせが多いでしょう。どの場合の嫌がらせも周囲の人に伝えることで立場が悪くなるといったリスクがあるためなかなか解決できずにいる人が多いようです。

探偵に嫌がらせ調査を依頼するメリットとは?

まず、自分で調査する必要がないため精神的負担やリスクを背負う必要がありません。そのうえ、探偵は高機能な調査機器で証拠の撮影が可能ですので、高確率で証拠をおさえることができます。

ストーカーも嫌がらせに含まれる?

もちろん、ストーカーも嫌がらせの一種であり、最も被害数が多いものです。ストーカーは放置すると身の危険に関わるリスクも高まりますので、早めに解決しておきましょう。

HAL探偵社へ無料相談
1時間6,000円から調査が可能!
お急ぎの方は電話が便利です

この記事に関連する記事