別居中に不倫されたら慰謝料請求出来るの?別居中に浮気された対処法について

公開日:2020/01/06
カテゴリ:
関連タグ:

別居中に不倫された場合、慰謝料請求が出来る場合と出来ない場合があります。

慰謝料請求が可能なケースとは、夫婦関係が破綻していない状況でパートナーが不倫をした場合です。

夫婦関係が破綻していないのに、パートナーに不倫疑惑があるなら浮気調査をしてみましょう。

浮気調査が得意なHAL探偵社に依頼しましょう。

HAL探偵社は業界最安値宣言をしている時間制プランがあります。

出来るだけ費用を抑えて調査を行いたい方におすすめです。

無料で見積もりを出してくれるので、気になった方は相談してみましょう。

【HAL探偵社に相談|365日受付中】
↓別居中に浮気調査を行いたい方はこちら↓

別居中の浮気は慰謝料請求出来るの?

別居中の不倫の慰謝料が請求出来る場合

離婚を想定していない場合の別居

「仕事の都合で単身赴任をしているなどを理由に仕方がなく別居している夫婦もいます。

離婚は想定しておらず、とりあえず距離をおきたい夫婦も別居して様子をみたりします。

離婚を考えていない状況で別居しているのは客観的にみて婚姻生活が維持されています。

もし、パートナーが浮気・不倫し、不貞行為が認められる確実な証拠があるなら、慰謝料請求することが出来ます。

浮気をした側が、別居しているから婚姻生活が破綻していると主張しても、別居の理由が離婚を想定していないのなら夫婦関係が破綻していると認められないでしょう。

別居中の不倫の慰謝料の相場とは

  • 慰謝料請求の相場:200~300万円
  • 証拠が弱い場合:請求出来ないor50万円

パートナーが浮気・不倫をした際の慰謝料請求額には提出された証拠によって変わります。

パートナーが浮気を認めたとしても、証拠が弱ければ50万円程度しか貰えないこともあります。

肉体関係が確実にあった証拠の代表はラブホテルに出入りしている写真や動画です。

1度だけではなく、何度もラブホテルに出入りしている証拠があると、裁判では有利で、慰謝料の相場も上がります。

不倫・浮気の証拠がないと慰謝料請求は難しい

不貞行為を行った場合の賠償金として支払われるものなので、肉体関係があったことを連想出来るような証拠が必要です。

浮気相手と手を繋いだり、キスしたりしている写真を撮影出来たとしてもそれだけでは肉体関係があった証拠にはなりません。

肉体関係があったことを証明出来るような証拠がなければ裁判所も不貞行為として認めにくいのです。

また、決定的な証拠が無ければパートナーに反論されてしまう可能性も出てきます。

相手を大人しく従わせるためにも証拠を掴んだ方が良いです。

別居中の不倫の慰謝料が請求出来ない場合

完全に婚姻が破綻している場合の別居

完全に婚姻生活が破綻している別居もあります。

別居しており、お互いにどんな生活をしているか分からない、連絡も取らない状況で何年も経過している、ただ離婚届けを出していないだけの夫婦などが当てはまります。

浮気をした側が婚姻生活が破綻していることを証明するのは難しいですが、夫婦でなく第三者からみて、どう考えても破綻している証拠が提出された際は、裁判所が判断した場合は慰謝料請求が却下される可能性があります。

別居中の浮気調査|探偵事務所に依頼するメリット

人のイメージ画像

  • 不倫・浮気の証拠を掴むには一人では大変
  • 無料でカウンセリングを行ってくれる
  • 離婚調停や慰謝料請求が有利になる証拠を掴める

不倫・浮気の証拠を掴むには一人では大変

別居している場合は自ら証拠を掴むのは難しいでしょう。

そうなると浮気調査はプロの探偵事務所に依頼するのがベストです。

別居中のパートナーの浮気調査は探偵事務所に依頼するのが確実で安全です。

別居中なら浮気相手を自宅に連れ込む可能性が高いので、浮気の証拠が掴みやすいでしょう。

複数回に亘り不倫相手が家に出入りしている写真が撮影出来れば、慰謝料請求時にかなり有利になります。

無料でカウンセリングを行ってくれる

探偵事務所に浮気調査を依頼するメリットは確実な証拠を掴めるだけではありません。

カウンセリングで悩みを吐き出すことで、気分も楽になるでしょう。

調査前のカウンセリングでは調査方法の説明をしてくれたり、調査を行う場合の見積もりを無料で出してくれたりします。

調査後のアフターフォローも充実しており、不倫をしたパートナーとの関わり方や、不倫発覚後の対処法などのアドバイスも行ってくれます。

離婚調停や慰謝料請求が有利になる証拠を掴める

探偵事務所に浮気調査を依頼するメリットはたくさんあります。

一番のメリットは「確実に不貞行為の証拠を掴める」ということです。

探偵事務所の浮気調査には証拠が掴めなければ費用が発生しない完全成功報酬プランもあるので、浮気の証拠が掴めるか不安な方にオススメです。

不倫があったことの証明が出来ないので慰謝料の請求が難しくなります。

例え、弁護士を雇ったとしても証拠が無ければ、裁判で勝てないでしょう。

確実性を高めるなら探偵に依頼して浮気調査を行って証拠を掴みましょう。

探偵事務所に依頼するときに必要なパートナーの情報とは

  • ターゲットの基本情報
  • 別居中の現状

探偵事務所がスムーズに浮気調査するには依頼者の協力が必要です。

どれだけ情報を伝えたかによって証拠を掴むまでの時間、調査費用が変わってきますので、依頼前にたくさんの情報を集めましょう。

ターゲットの基本情報

  • 氏名・年齢
  • 携帯番号
  • 勤務先・勤務時間
  • 休日の過ごし方
  • 相手の自家用車の詳細な情報
  • ターゲットの写真

まず探偵事務所に伝えるのは調査対象者、ターゲットの基本情報です。

氏名や年齢、勤めている会社の所在地や勤務時間・休日の情報などはもちろん、携帯電話の番号や自家用車の車種・色・ナンバープレートの番号なども大切な情報となります。

ターゲットの写真も用意する必要があります。

正面からだけでなく、様々な角度から撮影された写真があるのが望ましいです。

最近ではSNSで浮気相手と連絡を取ることも多いので、LINEのIDなどの情報も伝えることがあります。

何にせよ、ターゲットの個人情報を正確に伝えることは浮気調査をスムーズに進めることに繋がります。

別居中の現状

別居中の生活スタイルが分かっているのならそれも伝えましょう。

別居中の浮気は自宅に相手を連れ込んでいる可能性が非常に高いです。

また、別居中の自宅に訪れた際のターゲットの反応も確かめて伝えましょう。

自宅に入れたくない、怪しい行動をしているなら、自宅に不倫相手が来ることが多い証拠です。

別居中の連絡の頻度や、連絡が来る日時のタイミングなどの情報も重要です。

別居中だからこそ、伝えられる情報もたくさんあります。

それにより、同居中の浮気調査よりスムーズにいくこともあります。

別居中に浮気をしてしまう人の心理とは

浮気のイメージ画像

  • 寂しいから
  • バレない自信がある

夫婦が別居を選択するのには様々な理由がありますが、一番は距離をおきたいと考えるからです。

パートナーへの気持ちが冷めかけているときに、お金と時間も自由に使えるとなるとパートナー以外の異性に目がいくようになります。

寂しいから

別居するとパートナーと喧嘩することもなく、平穏な毎日が訪れます。

しかし、1人で自宅で過ごす日々が続くと、寂しい気持ちになってきます。

別居場所が見知らぬ土地だと、友人や知人と会うことも少なくなるので、なおさら寂しくなります。

そんな時に、心の隙間を埋めてくれる異性と出会うと浮気するきっかけになります。

バレない自信がある

同居中は常にパートナーと一緒に生活するので、浮気をするチャンスが少ないです。

別居中なら絶対にバレないという自信から行動は大胆になります。

やりたい放題、浮気し放題と考える人も少なからずいます。

パートナーにバレなければ何をしても良いという心理になり浮気をします。

まとめ【悩んでいるなら早めに行動しよう!】

別居中の浮気は自身で証拠を掴むのは非常に困難です。

しかし、探偵事務所に依頼すれば、パートナーが浮気をしているなら、不貞行為、肉体関係があるという確実な証拠を掴んでくれます。

「別居中のパートナーの行動が怪しい」「確実に浮気をしている」と思った場合は1人で悩まずに探偵事務所に相談してみましょう。

探偵事務所は浮気調査前にカウンセリングを行うことで心のケアも。

他にもターゲットの情報を正確に伝えることにより、客観的に状況を判断することも出来ます。

何より早めに行動することにより、パートナーに浮気を疑っていることがバレることがなく、証拠を掴むことが出来ます。

探偵事務所に浮気調査を依頼して、パートナーが浮気をしている状況を打破し、明るい未来を目指しましょう。

お問い合わせ
【全国に18店舗展開!】浮気調査が得意なHAL探偵社へ無料相談!
【成果報酬型】不貞の証拠が無ければ0円だから安心!

この記事に関連する記事