ダブル不倫の慰謝料は相殺されるって本当?W不倫の慰謝料の相場と示談交渉について

公開日:2020/08/03
カテゴリ:
関連タグ:

ダブル不倫とは、既婚者同士が不倫していることを指します。

今回は、配偶者が不倫した場合に請求出来る慰謝料について解説していきます。

  • 配偶者と不倫相手に請求出来る場合
  • 請求額が安くなってしまう場合
  • 請求出来ない場合

など、ケース別に解説しています。

また、ダブル不倫の慰謝料を増額させるポイントや相場についても紹介していきます。

ダブル不倫の慰謝料の相場とは

お金のイメージ画像

それではまず、ダブル不倫の慰謝料の相場をご紹介します。

離婚する場合の慰謝料の相場:100万~500万円

ダブル不倫を理由に離婚する場合、慰謝料の相場は100万~500万円程度となります

離婚する場合は、ダブル不倫が原因で夫婦関係が継続出来なくなったとみなされるので高額な慰謝料を請求することが出来ます。

離婚しない場合の慰謝料の相場:50万~100万円

ダブル不倫をされても離婚をせず、関係を修復する場合の慰謝料の相場は50万~100万円程度です。

このように離婚をするか否かによって慰謝料の相場が左右される理由は、離婚をした方が不倫されたパートナーに与える経済的打撃が大きいことなどが挙げられます。

ダブル不倫の慰謝料は相殺されるの?

これは、配偶者と離婚しない場合に考えられることが多いです。

結論から言うと、ダブル不倫の慰謝料が相殺されることはありません

お互いに請求し合った場合に慰謝料を支払い合うのでは無く、相殺すれば良いと思っている方が多いようです。

また、不倫相手側の夫婦が慰謝料の相殺を提案していた場合でも、無理に相殺に応じる必要はありません。

そもそも、ダブル不倫の慰謝料は、不倫相手の配偶者があなたの配偶者に、あなたが不倫相手に請求するものです。

離婚しない場合は、お財布が一緒なので相殺を提案した方が良いかもしれませんが、離婚する場合は、しっかりと配偶者と不倫相手から請求しましょう。

しかし、示談交渉を行い、お互いに納得した状態であれば相殺することは可能です。

ダブル不倫の慰謝料を請求する際の注意点とは

調べる女性のイメージ画像

ダブル不倫の慰謝料を請求出来る相手とは

ダブル不倫の慰謝料を請求出来る相手は、不倫したあなたの配偶者(A)と、その不倫相手(B)です。

また、その不倫相手の配偶者(C)も、あなたの配偶者(A)へ請求する権利があります。

慰謝料請求が難しいケースとは

慰謝料請求が難しいケースは、不倫される前から夫婦関係が破綻していた場合です。

慰謝料は、不倫が原因で夫婦関係の継続が難しいと判断され、その賠償として請求出来るものです。

そのため、既に夫婦関係が破綻していたのであれば、ダブル不倫の慰謝料を請求することは出来ません。

また、あなたが配偶者と既に夫婦関係が破綻していた場合でも、不倫相手側の夫婦関係が破綻していなかった場合は、あなたの配偶者が慰謝料を請求されることになります。

ダブル不倫の慰謝料請求額が安くなるケースとは

  • 離婚しない場合
  • 不倫相手よりも、あなたの配偶者の方が責任が重い場合
  • 不倫相手側の夫婦よりも婚姻期間が短い場合

離婚しない場合や、婚姻期間が短い場合は、ダブル不倫による精神的苦痛が少ないとみなされて慰謝料額が少なくなる可能性があります。

また、「あなたの配偶者が強引に誘い、不倫関係に発展してしまった」など、不倫相手にあまり責任がない場合は、請求額が少なくなってしまうようです。

ダブル不倫の慰謝料を増額させるポイント

人のイメージ画像

上記の「ダブル不倫の慰謝料請求額が安くなるケースとは」で、安くなってしまう理由について解説しました。

しかしもし不倫が発覚したのであれば、出来る限り高額の慰謝料を得たいものですよね。

ここでは、ダブル不倫の慰謝料を増額させるポイントについて解説します。

  • 相手の収入
  • 苦痛の程度
  • 婚姻期間
  • 子供の有無
  • 責任の重さ
  • 不貞行為の期間や回数
  • 社会的地位
  • 不貞行為の意図や認識
  • 離婚前の婚姻生活の状況
  • 有責者の年齢と不倫相手の年齢差

相手の収入

不倫をした者が慰謝料を支払う主な理由は、不倫された側に対して精神的苦痛の埋め合わせをすることです。

しかし、不倫にて慰謝料を払うそのほかの理由として、不倫した者に対して社会的制裁を行うことが挙げられます

つまり少額の慰謝料では社会的制裁に当たらないのです。

そのため、相手の収入が多い時はそれに応じて慰謝料も高くなる傾向にあります。

苦痛の程度

上記にて説明したように不倫にて慰謝料を支払うのは、不倫した者が不倫された者与えた精神的苦痛の埋め合わせをするためです。

そのため、精神的苦痛が大きければ大きいほど慰謝料は高額になります

例えば一回は不倫しないと約束したにもか関わらず、それを裏切って再び不倫した時は精神的苦痛が大きいと判断される可能性が高いです。

婚姻期間

婚姻期間が長ければ長いほど、不倫による慰謝料を多く請求できる可能性が高いです。

なぜなら、婚姻期間が長いほど築き上げた信頼関係は深く、その分精神的苦痛が大きくなるとみなされるためです

また不倫にて離婚をする場合、離婚時の年齢次第では再婚や妊娠が困難であることもあり、この点からも婚姻期間の長さは慰謝料の多さに関連すると言えます。

子供の有無

子供の有無も慰謝料の金額に大きく関係します。

不倫が発覚すると子供にも大きな精神的苦痛を与えてしまうでしょう

また離婚する場合は養育費などの支払いも考慮して慰謝料が決定されます。

そのため子供が未成年であるか否かという点も慰謝料の金額に大きく影響します。

以上の理由から子供がいる場合は、慰謝料が高額になることが多いです。

責任の重さ

「不倫をした結果、どのような責任を負うことになったか?」という点も慰謝料の金額を大きく左右します。

例えば「夫が不倫をした結果離婚することになり、妻は女手一つで子供を育てることになった」というケースと「夫が不倫をしたが離婚は避け、改めて夫婦関係を築くことになった」というケースを比較すると、不倫された妻の金銭的負担が大きく異なっており、それに応じて不倫をした夫が負う責任も異なります

そのため、不倫した夫が負う責任がより重い「離婚したケース」の方が慰謝料が高額となるのです。

不貞行為の期間や回数

不貞行為の期間が長い、もしくは回数が多い場合は慰謝料が増額となる可能性が高いです

特に不貞行為の期間が1年を超える場合は精神的苦痛が甚大である場合とされ、高額の慰謝料が請求されるケースがよく見られます。

また不貞行為の回数が多い場合は反省をしていないとされ、社会的制裁をより多く与えるべきとして慰謝料が高額となるのです。

社会的地位

社会的制裁を行うという慰謝料の目的から、社会的地位が高いほど慰謝料が高くなることが多いです

これは社会的地位が高い者ほど収入が多いことも影響しています。

不貞行為の意図や認識

不倫相手にも慰謝料を請求する場合、不貞行為を行なった意図や認識が悪質であった場合も慰謝料が高額となる傾向にあります

例えば不倫相手が結婚をしていることを認識しているにも関わらず、夫と不倫を続けた場合は「悪質な意図や認識がある」とされ、慰謝料の金額が高くなる可能性が高いのです。

反対に結婚をしていることを知らず、またその後も知りようがない環境にて夫と肉体関係を持った場合は慰謝料が請求出来ないこともあります。

離婚前の婚姻生活の状況

離婚前の婚姻生活の状況も慰謝料に大きく影響します。

なぜなら婚姻生活がどれくらい円満かであるかは、不倫された者が受ける精神的苦痛に直結するためです

仲が良く信頼していた夫が実は不倫していたことを知った妻が受ける精神的苦痛は甚大であるため、このようなケースでは慰謝料は高額となります。

反対に婚姻生活が破綻していることが認められた場合は、慰謝料が少額となるケースもあります。

有責者の年齢と不倫相手の年齢差

不倫した者と不倫相手の年齢差が高いほど慰謝料が高くなる傾向にあります

ケースバイケースではありますが、年齢差は5歳未満、5歳~15歳、15歳以上の3つに分かれて不倫の重大性が決定されることが多いです。

ダブル不倫の慰謝料を請求する際に必要なもの

人のイメージ画像

上記にてダブル不倫の慰謝料を増額させるポイントをご紹介しました。

次に浮気の慰謝料を請求する際に必要なものをご紹介します。

肉体関係がある証拠

不倫相手と肉体関係があることの証拠は浮気の慰謝料を請求する際に、必ずと言って良いほど必要となります。

一般的に不倫相手とホテルの出入りを抑えた写真や映像が、肉体関係がある証拠として認められます

以下に不倫相手と肉体関係がある証拠として認められるものをまとめましたので、参考になさってください。

  • パートナーが不倫相手とともにホテルに出入りする写真や映像
  • パートナーが不倫相手の家に出入りする写真や映像
  • パートナー不倫相手とが旅行をして同じ部屋に泊まったことがわかる領収書
  • 肉体関係を示唆しているメールやLINEのやり取り

お互いに既婚者であることを知っていた証拠

上記にてご紹介したように、不倫相手が既婚者であることを知っているかどうかは慰謝料請求において重要なポイントです。

そのため、お互いに既婚者であることを知っているかどうかの証拠は必ず集めるようにしましょう

その具体例としては以下などが挙げられます。

  • 不倫相手とパートナーが職場内で知り合っていることを示す証拠
  • 夫婦の結婚式に不倫相手が出席していることがわかる証拠
  • パートナーが不倫相手と会う際に婚約指輪をはめていることが分かる写真や映像

精神的苦痛を受けたことを証明出来るもの

精神的苦痛の度合いも慰謝料の金額を大きく左右するものですので、それを証明できるものを集めるのは欠かせません。

精神的な苦痛というのは言葉だけではなかなか伝わりにくいため、しっかりと証明できる証拠を揃えるようにしましょう

以下に精神的苦痛をを受けたことを証明できる証拠をご紹介します。

  • 診療内を受診したときの診断書
  • 精神的苦痛を書き留めた日記

ダブル不倫の証拠を掴むならHAL探偵社がオススメ

HAL探偵社のイメージ画像

上記にて浮気の慰謝料を請求する際に必要な証拠についてご紹介いたしました。

いずれも欠かすことが出来ないものですが、これらを素人が集めるのは非常に難しいです。

例えば肉体関係がある証拠を示す写真は、夫や不倫相手の顔がしっかりと分かり、ホテルに入る瞬間や相手の家に入る瞬間を捉えたものである必要があります。

もし素人がこの写真を撮影した場合、尾行がバレて証拠が掴めなかったり、写真がぶれてしまい証拠にならなかったり、デメリットが考えられます。

そのため、浮気の証拠を掴むならHAL探偵社がおすすめです

HAL探偵社には独自の研修を受けた浮気調査専門の探偵が多数在籍しています。

そのため、浮気の証拠として利用できる証拠をしっかりと集めてくれるのです。

調査成功率は97.6%と実績も十分

また高い調査力を持つにも関わらず時間制プランは1時間6000円と業界最安値です

さらに裁判を有利に進めるのに必要な調査報告書の質も非常に高いため、数ある探偵事務所の中でもHAL探偵社がおすすめだと言えます。

ダブル不倫の慰謝料を請求する流れ

弁護士のイメージ画像

不倫した配偶者と話し合いを行う

お互いに慰謝料について話し合える状況である方は、話し合いで行っても良いでしょう。

話し合いで進めていく場合、会話を録音したり、メモを取ったりしましょう。

後日、内容を確認した場合に認識の違いがあったり、言った言っていないの言い合いをする可能性があります

話し合いを無駄にしないためにも、記録しておくことをオススメします。

内容証明郵便で示談書を送る

ダブル不倫発覚後に実家に帰ってしまった方や、不倫相手に慰謝料を請求する場合は、内容証明郵便で示談書を送りましょう。

示談書には、慰謝料を請求する理由・慰謝料の金額・ダブル不倫に関する情報などを記載する必要があります。

これを内容証明郵便で送ることにより、郵便局が控えを保管してくれているので、いざという時に郵送した証明を出すことが出来ます。

裁判を起こす

話し合いや示談に応じてくれなかった場合は、裁判を起こしましょう。

まず、裁判所に訴状を提出し、訴訟の提起します。

その後、裁判所があなたの言い分と相手の言い分を聞き、最終的な判断を下します。

まとめ

人のイメージ画像

以上、ダブル不倫の慰謝料相場や増額させるポイントなどをご紹介しました。

ダブル不倫は時に慰謝料が相殺されることもあるなど、一般的な不倫とは異なる点が大きいです。

その中で自身に有利な条件で慰謝料を受け取るには、明確な不倫の証拠を得ることが欠かせません。

そのためには今回ご紹介したHAL探偵社に依頼するのが良いでしょう

非常にリーズナブルな調査費用に加えて高い調査力を持った探偵が多数在籍し、また裁判で有利になる調査報告書を作成してくれます。

当記事が現在不倫に悩まれている方の参考になれば幸いです。

HAL探偵社へ無料相談
1時間6,000円から調査が可能!
お急ぎの方は電話が便利です

この記事に関連する記事