配偶者が社内不倫するキッカケは?職場不倫している人の兆候や密告するリスクを解説

公開日:2019/12/26
カテゴリ:
関連タグ:

不倫や浮気は、既婚男女にとって時には意識せざるをえない現実となりますが、その舞台になる場所として真っ先に挙げられるのは、勤務先あるいは会社です。

社内での不倫や浮気には、上司と部下、先輩と後輩、同僚の男女などシチュエーションは幾つもあります。

下の画像は、相模ゴム工業株式会社が発表した、「セックスフレンド、浮気相手とはどこで出会いましたか?」というアンケート結果です。

浮気の出会い場のイメージ画像

このグラフを見ると、職場不倫が多いことが分かります。

今回の記事では、社内不倫が始まるきっかけや、上司と部下の怪しい行動など徹底的に解説していきます!

配偶者とその部下の社内不倫が始まるきっかけとは

社内不倫のイメージ画像

社内不倫や職場不倫で一番多い関係性は、同期同士ではなく、上司と部下という関係が一番多いです。

ここでは、社内不倫で最も多いパターンである男性上司と女性部下の不倫の始まるきっかけを紹介します。

それは、単に組み合わせとして多いという理由ではなく、不倫に発展する素地が十分にあるからです。

毎日一緒に仕事をしている

上司と部下という関係になると、色んな場面で接触する機会があります

教育・指導係をしてくれたり、仕事で活躍する上司の姿を見て、惚れてしまう部下は少なくはありません。

この場合、部下からアプローチして不倫関係に発展することが多いです。

また、上司側も部下を好きになるキッカケは以下の通りです。

上司が部下のことを好きになるには外見だけでなく内面も必要となりますが、上司が部下を魅力的に感じる割合の多いのが部下が一生懸命に仕事をしている瞬間。

引用元:en’s Modern

会社の飲み会や歓送迎会

仕事終わりの飲み会や歓送会で、社内不倫が発展するケースがあります。

飲み会は、仕事と違ってプライベートな話をすることが多く、打ち解けやすい場所です。

また、どちらかが普段から親密な感情を持っていれば、飲み会がキッカケとなり、一気に接近しても不思議ではありません。

残業で二人きりになる

二人きりで会社に残り、遅くまで仕事をすることで連帯感が生まれます。

更に、2人きりになることで、より意識してしまうかもしれません。

社員旅行や出張先で一緒に行動した

社員旅行や出張先で不倫に発展する事例は多いです。

環境や場所が違うだけで、心理的に開放的になり“バレない”という感情が配偶者に生まれることがあります。

また旅行先では、普段見ない私服姿を目にすることで、好きになってしまうこともあるかもしれません。

部下の仕事の相談に乗った

部下から仕事の相談をされて公私ともに仲良くなり、その結果不倫に発展するというのはよくあるパターンです。

部下からすると仕事に関する悩みを1番理解してくれるのはやはり職場の先輩です

相談を乗ってもらうことで、部下はあなたの配偶者に恋心を抱くようになります。

配偶者が職場不倫している時の兆候とは

職場のイメージ画像

出張や休日出勤が増える

社内不倫をしている人は、”出張”や”休日に仕事がある”と嘘を付いて不倫相手と会っている可能性が高いです。

そのため、今までよりも出張に行く回数が増えていたり、休日に出勤することが多くなったと感じた場合は、不倫しているかもしれません。

帰宅時間が遅い・朝帰りが増える

以前よりも帰宅時間を過ぎて帰ってくることが多くなったり、「仕事が忙しいから」と朝帰りをするようになった場合は、社内不倫を疑いましょう。

また、不倫相手と会っていた人の特徴は、「お風呂上りかのように髪の毛がサッパリしていた」「新しいシャツに着替えている様子があった」などです。

朝帰りをした配偶者をよく観察しておきましょう。

スマホの画面を隠すようになる

不倫している人の兆候として、よくある行動パターンは”スマホの画面を隠すようになる”というものです。

これは、あなたに不倫相手と連絡を取っていることがバレたくないという気持ちから来るものでしょう。

例えば、以下のような行動が挙げられます。

  • トイレやお風呂にまで携帯を持ち歩くようになった
  • LINEなどの通知がロック画面に表示されなくなった
  • 一緒にスマホの画面を覗くことを嫌がるようになった

このような兆候があった場合は、不倫しているかもしれません。

配偶者の浮気調査を探偵に依頼するメリットとは

人のイメージ画像

  • 慰謝料請求時に必要な証拠を掴んでくれる
  • 夜間でも調査が可能
  • 最短1週間で調査が完了する

浮気調査を探偵に依頼した場合の最大のメリットは、慰謝料請求時に必要な証拠を掴んでくれることです。

探偵が掴んだ証拠は、調査報告書にまとめられて調査完了後、約1週間~2週間で渡されます。

調査報告書には、写真と合わせて日時まで記載されています。

状況が把握しやすくなるので、裁判を行う場合でも有利になるでしょう。

職場不倫を疑っているならHAL探偵社に調査依頼!

HAL探偵社のイメージ画像

ここでは、HAL探偵社について解説していきます。

社内・職場不倫の実績が多数

HAL探偵社は、今までに37,168件(※2019年3月時点)もの調査を行ってきました。

37,168件という数字は、探偵業界ではトップクラスの数字です。

探偵事務所を選ぶ際に、実績数というのは重要な項目になってくると思います。

調査成功率97.6%の調査力だから安心

HAL探偵社は、調査成功率が極めて高い探偵事務所としても有名です。

調査成功率97.6%という驚異的な数字を出せる理由には、HAL探偵社の調査力に秘密があります。

HAL探偵社の調査員は、探偵業界でもトップクラスの調査委員を揃えていると言われています。

中には、他の探偵事務所からヘッドハンティングのお誘いがくる調査員も多数在籍しています。

また、HAL探偵社へ依頼する方の中には、他の探偵事務所で失敗した方や調査自体をお断りされた方もいます。

他の探偵事務所で失敗した事例でも、HAL探偵社は調査を行い証拠を掴んでいます

そんなHAL探偵社だからこそ、信頼されているのではないでしょうか。

全国展開・即日対応可能!

HAL探偵社は、全国18拠点に支店があります。

この支店の数も、探偵事務所ではトップクラスの数字です。

また、HAL探偵社は、全国どこでも出張費が0円です。

なので、全国47都道府県に対応している探偵事務所でもあるのです。

相談可能時間は、7時~23時(※365日)です。

相談・見積もりは無料です。

証拠が掴めなければ0円(完全成功報酬プラン)

HAL探偵社では、完全成功報酬プランを用意しています。

完全成功報酬プランとは、不倫の証拠が撮れなければ調査料金を支払わなくて良いというプランです。

調査に失敗した場合は、費用が発生することがないので安心して依頼出来るでしょう。

完全成功報酬プランの相場

探偵業界全体の相場:30万~100万円程度

HAL探偵社の相場:20~70万円程度

HAL探偵社の料金比較をしてみる

ここで、気になるHAL探偵社の料金体系を紹介します。

HAL探偵社の費用と探偵業界の相場を比較!

HAL探偵社の費用相場 探偵業界の費用相場
時間制プラン 5~60万円 10~90万円
完全成功報酬プラン 20~70万円 20~100万円

HAL探偵社は、徹底的に無駄な費用を削って調査を行っています。

そのため、時間制プラン・完全成功報酬プランの相場が、他の探偵事務所と比較しても安くなっているのです。

時間制プランの調査費用を分かりやすく比較!

HAL探偵社 A社 B社
基本料金 1名1時間6,000円 3名1日10.5万円
(3時間稼働)
1名1日8万円
+基本料金4万円
(3時間稼働)
見積り 288,000円 630,000円 598,000円
交通費(経費) 別途 込み 別途
稼働人数 3名 3~5名 2名
支払い 後払い 前払い 前払い

HAL探偵社では、「1時間 6,000円~」と明瞭な料金設定なので、費用がぼったくられる心配がありません。

社内不倫に対する慰謝料の相場はいくら?

お金のイメージ画像

配偶者に請求する場合の相場

社内不倫していた配偶者に請求出来る慰謝料の相場は、50~300万円程度です。

この金額は、不倫の状況によって左右されます。

例えば、婚姻期間が長い、不倫期間が長い、小さい子供がいる等の場合は、請求出来る慰謝料額が大きくなります。

不倫相手に請求する場合の相場

社内不倫していた場合、配偶者の不倫相手にも慰謝料を請求することが出来ます。

不倫相手に請求出来る慰謝料の相場も50~300万円だと言われています。

もし、不倫相手があなたの配偶者を独身だと思っていた場合には請求が難しくなるかもしれませんが、職場なので結婚しているかどうか知っているはずです。

そのため、不倫相手は”相手が既婚者だと知っていながら不倫関係に発展した”ということになり、不倫相手に慰謝料を請求することが可能になるのです。

これを「共同不法行為」と言います。

配偶者の社内不倫を職場に密告?リスクとは

人のイメージ画像

名誉棄損になる

社内で不倫していることを職場の上司や同僚にばらすことで、上司からの信頼が無くなり出世出来なくなったり、解雇されてしまったりするかもしれません。

この場合、職場不倫の密告が原因で立場が怪しくなったと考えられ、名誉棄損で訴えられてしまう可能性があります。

名誉棄損で訴えられた場合、刑事上の責任として、3年以下の懲役、または禁錮刑、50万以下の罰金が科せられます。

配偶者の社内不倫による慰謝料を請求するどころか、反対に請求されてしまうリスクがあります。

営業妨害になる

配偶者の職場に密告する場合、会社に電話をかけたり、メールをしたり、SNSに投稿したり様々な方法があります。

電話・メールで密告してしまうと営業妨害になったり、SNSに投稿してしまうと会社のイメージダウンに繋がってしまったりします。

この場合、配偶者や不倫相手からではなく、会社から訴えられるリスクがあります。

過去に1,000万円請求された事例もあるため、気を付けましょう。

逆恨みされる

会社に配偶者が不倫したことを密告すれば、噂が広がり会社に居づらくなり、最終的には会社を辞めるまでに追い込むことが出来るかもしれません。

しかし、退職まで追い込んでしまうと、逆恨みされて離婚後も付きまとわれたり、あなたの勤務先にも嫌がらせをしてきたりする可能性があります。

配偶者の職場に密告することで、社会的制裁を与えられるかもしれませんが、あなたにも危険が及ぶリスクがあることを知っておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ここまで「社内不倫」について解説していきました。

社内で不倫する確率は極めて高い」ということが分かりました。

家族と過ごす時間よりも職場にいる時間の方が長いため、社内不倫というのは起こりやすいようです。

配偶者に社内不倫をしている兆候があるのであれば、探偵に浮気調査を依頼してみましょう。

HAL探偵社へ無料相談
1時間6,000円から調査が可能!
お急ぎの方は電話が便利です

この記事に関連する記事