不倫をしても親権取得に関係ない?親権取得の判断基準や不倫をした人から親権を奪う方法

公開日:
カテゴリ:
関連タグ:
浮気ホームズのコラム84のサムネ画像

【親権とは】そもそも親権を獲得するとどうなるの?

人のイメージ画像

  • 子供の親権者になるとどうなるの?
  • 子供の意思は反映されるかどうか

子供がいる夫婦が離婚する際、子供をどちらが育てるのかも決めなければなりません。いわゆる「親権」をどちらが獲得するのかを決めるのですが、そもそも親権とは何を意味するものなのか、細かい部分までは分かっていない人も多いのではないでしょうか。

子供の親権者になるとどうなるの?

親権とは、文字が意味するように「親の権利」です。
具体的には未成年の子供の養育看護、財産管理、法律行為の権利・義務の代行です。婚姻関係にある夫婦の場合、共同親権、つまり双方に親権がある状態ですが、離婚することで、どちらが親権を持つのかを決めなければなりません。

見方によっては、どちらか一方が親権を放棄しなければなりません。
それまで 「親として当然」であった様々な権利が、親権放棄によって失われることになります。 つまり、親権者になればそれまで同様「親」として子供を育てることが出来ます。

子供の意思は反映されるかどうか

離婚した夫婦のどちらが親権を得るかは、家庭裁判所の調停の場合、子供の意思もある程度尊重されます。
15歳以上の子供の場合、裁判所で「どちらの親についていきたいのか」を選択する権利があるため、大いに意思が尊重されます。

15際未満の場合、家庭裁判所調査官が子供からヒアリングして、意思を確認します。
但し、いくら子供が意思表示を出来ても、「絶対」ではありません。親権者として子供を養っていくだけの財力等があるのかも親権者を決める際の判断材料の一つになります。

いくら子供が希望しても、希望された側に親になるだけの力が無いと判断されれば、裁判所は子供の意思とは逆の親に親権をゆだねる決定を下さざるを得ません。

不倫をした側でも親権を獲得することは可能!

人のイメージ画像

  • 親権獲得の判断基準
  • 協議離婚:夫婦で話し合い
  • 離婚調停:家庭裁判所に調停を申し立てる
  • 決まらない場合は裁判

不倫が原因で離婚となった場合、「不倫をしていない側が子供を引き取る(親権を得る)」イメージがあるようですが、 実際には不倫をして離婚の原因を作った側でも親権を得ることが可能です。

浮気をした側は、配偶者に対して不貞行為による慰謝料を支払うことになりますが、不貞行為はあくまでも夫婦間の問題であって、親権とは別問題です。浮気をされた側としては、浮気をされ、且つ親権まで取られるとなれば納得いかない部分も多々あるかと思いますが、浮気と親権は関連性がありませんので、浮気をした側が親権を得るケースは、あり得ない話ではありません。

不倫発覚後の親権はどうやって決まるの?親権獲得までの流れ

人のイメージ画像

不倫が発覚しての離婚となった場合、どのような流れで親権が決められるのかを解説します。

親権獲得の判断基準

親権を獲得できるかの判断基準としては

  • 子供がどちらを希望しているのか
  • それまでどちらの方が子育てを主に行っていたのか
  • 養育環境が整えられているのはどちらか

が挙げられます。
親権を獲得したい場合、これらが相手より優れているのかを分析 してみると良いでしょう。
子供への愛情が強いとしても、経済力等、子供を育てる環境が相手よりも悪いと裁判所に判断された場合、親権を獲得出来ない可能性が高いです。

協議離婚:夫婦で話し合い

どちらが親権を獲得出来るかは、まずは当事者同士の話し合いが行われます。もしもですが、ここでスムーズに話がまとまれば話は終了です。話し合いで決められた流れに沿って新しい生活となるのですが、一般的に 不倫による離婚で親権について話がスムーズに進むケースは稀です。

不倫された側としては「離婚のきっかけを作ったのはそっち」という思いがあるでしょう。「そんな人間が親になるなど言語道断」との思いから自らの親権を主張する一方で、不倫をした側としても反省はしていても、子供くらいは…との思いから、親権だけはと主張するケースが多いです。感情も絡み合い、夫婦間ではなかなか話がまとまらないのが実情です。

離婚調停:家庭裁判所に調停を申し立てる

夫婦間の話し合いで親権が決まらない場合、離婚調停を家庭裁判所に申し立てることで親権を決めてもらいます。それぞれの主張を受けて家庭裁判官がどちらに親権を与えた方が子供のためになるのかを踏まえ、決定しますが、 離婚の原因等も含めて総合的な判断が下されます。

先の項で示したように、総合的に判断されるのですが、離婚した「証拠」がある場合、親権獲得に有利に働きます。裁判所側としても、「子供がいながら不貞行為を働いた人間が親として相応しいのか」を考えます。
但し、あくまでも証拠がある場合です。

探偵事務所等に調査を依頼して画像や音声等、「確かな証拠」があれば良いのですが、限りなく黒だとしても物的証拠が無い中での離婚の場合、裁判所としても離婚の原因が不倫だとは断定しにくく、親権獲得の決定的証拠にはなりにくいです。

決まらない場合は裁判

このように、当事者間で決まらない場合は裁判で親権を決める運びとなります。
「裁判」と聞くと大げさに聞こえるかもしれませんが、家庭裁判所での裁判なので、ドラマや映画のような刑事裁判とは雰囲気が異なります。

裁判官はお互いの主張に耳を傾け、 「子供にとって」どちらが親になった方が良いのかを吟味し、命令を下します。
裁判所のデータによると女性の親権獲得率は9割とのことで、「一般的に」考えると女性が親権を獲得していますが、1割は男性が親権を獲得していますので、理由次第ではどちらが親権を獲得してもおかしくはありません。

しかし、数字の上では「女性有利」な状況ですので、男性が親権を獲得したいのであれば、女性側に非がある「確かな証拠」が求められます。

不倫をした妻から親権を獲得する方法

人のイメージ画像

  • 不倫の「証拠」を集めて無責任さをアピールする
  • 「子供のための環境」をアピールする
  • それまでの子供との関わりをアピール
  • 親権を取得した際、元妻にも面会を許す姿勢
  • 譲歩してみるのも方法の一つ

不倫をされた挙句に親権まで取られるようでは踏んだり蹴ったりです。
せめて子供だけでも…という気持ちもよく分かりますが、では不倫をした妻から親権を獲得するために、抑えておくべきポイントを紹介します。

「子供のための環境」をアピールする

離婚調停の際、裁判官が重視するのは子供の気持ちや生活です。
女性が親権を取る率が高いのは、それまで子供と一緒にいた時間はどちらの方が長いのかや、家庭内に於ける子供との関わり等が加味されるからです。一日フルタイムで働いている男性にとってはどうしても不利になる部分ですが、離婚後は子供にとって良い環境がある点をアピールしてみるのも良いでしょう。

例えば親族の協力を取り付けている点や、 新居が今の学区と変わらない点などは裁判官の心証も良くなります。
「不倫された相手に親権を取られたくない」ではなく、「自分が親権を問った方が子供のためになる」点をアピールすることが大切です。

それまでの子供との関わりをアピール

この点は急に用意出来るものではありませんが、もしもそれまで子育てに参加している「実績」があればアピールしておくことも大切です。
繰り返しになりますが、親権の判断材料は「子供」が主役です。裁判官は、出来る限り子供が困らない環境を用意出来る方に親権を託しますので、それまで 子供と接している時間が長い方に親権を託した方が「子供にとって自然」であると考えます。

その点が女性側に有利に働く点なのですが、妻に子育てを任せきりにしていたのでは無く、自分自身も出来る範囲で積極的に子育てに参加し、子供としっかりとコミュニケーションを取っていると主張出来れば、「子供のこれから」を考えた際、「急にこれまでコミュニケーションがなかった父親と暮らすことになって子供が窮屈なのではないか」との懸念を払拭出来るでしょう。

親権を取得した際、元妻にも面会を許す姿勢

浮気が原因での離婚の場合、親権を獲得すると、「子供に関わるな」とばかりに面会する権利さえ与えない男性もいるのですが、裁判の段階で「親権を獲得したとしても面会は許す」姿勢をアピールしておくことも大切です。

「親権を獲得したら面会も許さない」といった姿勢の場合、自分自身の気持ちは晴れるかもしれません。元妻に対してリベンジを果たすことにもなるでしょう。しかし、子供にとっては急に一方の親と合えなくなってしまいます。

裁判官としても、 子供の心情面を重視していますので、「親権を得ても、子供にとっては親であることは変わらないから面会くらいは許す」という姿勢 は、裁判官の心情面に好印象を与えることになります。

譲歩してみるのも方法の一つ

妻が不倫をしての離婚ともなれば、親権はもちろんのこと、慰謝料を獲得したいとも思うことでしょう。
しかし、親権のために慰謝料を多少譲歩してみるのも「戦略」の一つで、裁判官に対し、「お金よりも子供が欲しい」気持ちをアピールできます。

慰謝料を得ても、自分自身の気持ちを満たすものでしかありません。貰えるものなら貰いたいという気持ちも良く分かるのですが、 「お金よりも子供」をアピール出来るため、慰謝料減額、あるいは請求無しにするなど譲歩 してみるのも良いでしょう。

不倫の「証拠」を集めて無責任さをアピールする

「不倫した」と主張するよりも、証拠を集めた方が断然説得力があります。裁判官としても、実際に証拠を見れば印象が変わります。確かな証拠があれば、 「子供がいながら不倫をしていた」という主張にも説得力が加わります ので、不倫をしていた証拠を集めて提出すると良いでしょう。

裁判官も人間です。特に親権に関しては子供のことを踏まえた上で決定するものです。子供がいるのに不倫をしていた人間が親として相応しいのかを裁判官にアピールすることで、心象を左右することができます。また、不倫の証拠が多ければ多いほど、「子育てよりも遊んでいた」ことを証明出来ますので、有利に働きます。

法的に有利になる証拠を掴むために探偵に依頼すべき理由

人のイメージ画像

不倫された際に離婚をと考えるのはよくある話なのですが、確かな証拠がない段階、つまりは「限りなく黒なのではないか」という状況証拠だけで離婚してしまうと、不倫を証明出来ません。
場合によっては、妻側から「不倫していないのに言いがかりで離婚することになった」と主張されかねませんので、不倫を理由に離婚するのであれば、 「確かな証拠」を得てからにしましょう。

自分自身で証拠を集めるのは簡単ではありませんが、探偵事務所のように事細かに「証拠」を集めてくれる業者を活用することで、裁判で有利になる証拠を集められます。
言葉だけで「不倫されたので離婚します」よりも、どこで何回会っていたのか、事細かな証拠があった方が、裁判官の心象に訴えかけるものがあるでしょう。
探偵事務所の中には無料相談を行っている所もありますので、パートナーの不倫で悩まされているのであれば、まずは一度証拠を掴めるのか相談してみると良いでしょう。

まとめ【不倫をした妻から親権を取るには】

人のイメージ画像

不倫した妻から親権を取るのは簡単ではありません。しかし、不可能ではありませんので、証拠を集めて「自分の方が親として相応しい」ことをアピールできるかが鍵になります。
証拠があれば、妻の親としての資質に訴えかけることが出来るでしょう。

お問い合わせ
【全国に18店舗展開!】浮気調査が得意なHAL探偵社へ無料相談!
【成果報酬型】不貞の証拠が無ければ0円だから安心!

この記事に関連する記事