不倫された場合の慰謝料の相場は?相場の決め方や高額になるケースとは

公開日:2019/10/02
カテゴリ:
関連タグ:

不倫された場合の慰謝料の相場は?

人のイメージ画像

不倫をされた場合に慰謝料を請求出来るということは法律で定められており、不倫をした側も慰謝料の支払い義務が生じます。

しかし、明確な金額の基準は決まっていません

弁護士事務所が一部公開している不倫に関する慰謝料の判例の事例をみてみると、慰謝料の相場は50~300万円だということが分かります。

慰謝料とは、精神的損害に対する損害賠償金のことです。

つまり、精神的ショックが大きいと判断されれば慰謝料は高額になります。

また、慰謝料の金額は、不倫が原因で離婚や別居をするかしないかによっても金額は左右されます。

  • 離婚した場合の慰謝料の相場…200~300万円
  • 別居する場合…100~200万円
  • 不倫をされた後も離婚、別居せず夫婦関係を修復する場合…50~100万円

というのが一般的です。

不倫の慰謝料金額の決め方と高額になるケースとは

財布のイメージ画像

不倫が発覚する前の婚姻生活の状況

不倫発覚前から夫婦関係が破綻していた場合は、請求出来る金額は減ってしまいます。

夫婦円満な生活を送っていたがパートナーの不倫によって家庭が崩壊した場合には、高額な金額を請求することが可能になります。

婚姻期間

婚姻関係が長いほど、請求可能な慰謝料は高額になります。

長ければ長いほど相手を信頼する気持ちが大きくなるでしょう。

しかし、不倫をされることにより、一気に裏切られる気持ちになります。

不倫をしていた期間・不貞行為の回数

継続的に何度も行っている場合は、それだけ精神的なダメージが大きいと考えられ、請求出来る金額が高くなりやすいです。

また、不貞行為が行われた回数が多ければ、金額も高くなります。

しかし、一度しか不貞行為を行っていない場合は証拠として弱いため、高額な慰謝料を請求することは難しいでしょう。

不倫相手の妊娠や出産をした場合

離婚を決定づける要素として妊娠や出産があります。

不倫相手が妊娠してしまうほど、体の関係を持っていたということになります。

精神的なダメージも大きくなるでしょう。

不倫相手から反省・謝罪の有無

不倫相手が謝罪しない場合には、慰謝料金額は大きくなります。

しかし、不倫相手が既婚者だと知らずに体の関係を持っていたり、反省している様子があれば減額の対象となります。

精神的苦痛

パートナーが不倫したことにより、うつ病になるなどの精神的損害を受けている場合には増額の対象となります。

うつ病になった証拠として、病院から貰った診断書が必要です。

不倫に対する慰謝料は、様々な状況によって左右されます。

これらを証明出来なければ意味がありません。

証明するためには、しっかりとした不倫の証拠が必要になってきます。

浮気の慰謝料請求に必要な証拠とは

男性のイメージ画像

当事者のみの話し合いで慰謝料請求が成立すれば良いのですが、不倫をしたパートナーに反論されてしまい成立しないことが多くあります。そうなった場合は慰謝料請求の訴訟を行います。
しかし、事実を述べただけでは再び反論されてしまい、慰謝料を請求することは難しくなってしまいます。そのため、不倫の事実を証明するために証拠が必要になります。

ホテルでの写真

不倫が法的に「不貞行為」とみなされるのは肉体関係があった場合です。

そのため、LINEで「愛している」などとラブラブな内容が毎日のようにやり取りされていても、ふざけて言っていただけなどと言い訳をされてしまう可能性があります。

ホテルに出入りする写真や性行為の場面が写っている動画や写真など、肉体関係があったと証明出来る証拠が必要です。

また、ホテルに出入りをしている写真でも、短時間の滞在の場合は、気分が悪かったなどの言い訳をされてしまう場合もあります。滞在時間が40分以上の場合がより強い証拠となるでしょう。

裁判に必要な証拠の数は決まっていませんが、出来るだけ多くの不倫の証拠を集めることが出来れば、裁判で有利になる可能性は高まります

また、複数の証拠があれば高額な慰謝料を請求出来る可能性も高くなります。

自宅や外出先での写真

ホテルであれば肉体関係が目的だと考えられますが、自宅や外出先での写真は「ただ仲が良いだけ」と言い訳ができてしまいます。

このような場合は親密な関係性であることを証明しなければなりません。

不倫相手と頻繁に自宅で会っていることが分かる写真を5回以上撮影することが出来れば、有力な証拠となります。

また、2人で旅行に行っていた場合、これを証明出来るようなデートの写真が必要になります。

不倫を証明出来るメール

法的に不倫を証明するためには「肉体関係の有無」が重要です。

肉体関係があったとメールから推測するには、性行為に関する内容やホテルに宿泊した事実が分かる内容でなければなりません。

旅行の約束をしているメールや遠方の観光地や海外など宿泊しなければ行けない場所へ二人で行ったと推測出来る内容であれば宿泊したと認められるでしょう。

不貞行為を立証するには探偵に調査を依頼しよう!

ビルのイメージ画像

婚姻関係があるパートナーの浮気・不倫を立証するには証拠が必要です。

しかし、どんな証拠でもよい訳ではありません。

調停、裁判で有利になる法的に効力がある証拠でなければなりません。

証拠を掴むには個人では難しく、探偵事務所に調査を依頼する必要があります。

  • 不倫の慰謝料を高額にするには多くの証拠が必要
  • 裁判で使用出来る浮気調査報告書を作成してくれる

不倫の慰謝料を高額にするには多くの証拠が必要

浮気・不倫で法的に効力がある証拠は不貞行為が認められる証拠です。

浮気相手と肉体関係があることを証明出来る証拠が必要です。

具体的にはラブホテルに出入りしている写真や浮気相手の自宅に2人で何時間も滞在していたものです。

それらを掴むことができれば慰謝料請求でき、離婚時の条件も有利になります。

また、慰謝料を高額にするには複数の証拠が必要です。

不貞行為は一度だけでなく、何度も行われている方が、被害者の精神的苦痛が大きいからです。

複数の証拠を掴むのには時間と手間が掛かります。

しかも、経験が豊富でないとパートナーや浮気相手にバレてしまうリスクがあります。

探偵事務所なら経験が豊富でいつでも張り込み、尾行できるのが多くの証拠が掴めます。

裁判で使用出来る浮気調査報告書を作成してくれる

実績と経験が豊富な探偵事務所は裁判で有利になる浮気調査報告書を作成してくれます。

HAL探偵社が作成してくれる調査報告書は依頼者の納得のいく結果になると評価が非常に高いです。

HAL探偵社の報告書は決定的な不貞行為の証拠となる画像と内容を詳細に記載されています。

調査開始時間から終了までも分単位、ホテル名も記載してあります。

また、証拠となる画像は暗視カメラ、望遠カメラ、小型カメラなどの撮影機材を使用し、鮮明でパートナーと浮気相手の顔もはっきりと写っています。

なお、調査報告書には、映像のDVDも含まれています。

不倫相手と一緒にホテルに出入りしている映像があれば、反論出来なくなるでしょう。

HAL探偵社の調査報告書があれば弁護士も安心して裁判を進めることができるのです。

浮気調査を行うHAL探偵社について

HAL探偵社のイメージ画像

浮気調査はどの探偵事務所に依頼するかは非常に重要です。

今回は、HAL探偵社の基本情報、依頼するメリット、プランについて紹介します。

HAL探偵社の基本情報

HAL探偵社は関東中心に全国に18の事務所があります。

事務所がない都道府県でも全国各地に出張調査をしてくれるのが特徴です。

浮気調査の実績と経験が豊富なことはもちろん、豊富な知識を持つ専門家と協力し、相談者様の悩みを解決してくれます。

相談、見積は無料なので、迷っているならHAL探偵社に連絡しましょう。

なお、電話は365日7時~23時対応しており、メールなら年中無休で対応しています。

オンライン見積にも対応していますので、費用を心配する人も安心です。

HAL探偵社に浮気調査を依頼するメリット

  • 調査成功率97.6%の実績
  • 裁判で使用出来る調査報告書の作成
  • 調査後は無料で弁護士を紹介

HAL探偵社に浮気調査を依頼するメリットはたくさんあります。

まずは調査結果、浮気調査報告書、アフターフォローについてのメリットを知ってください。

調査成功率97.6%の実績

経験と実績があると言っても、数字がなければ証明はできません。

そこで紹介したいのが、HAL探偵社の調査成功率です。

なんと、2018年度アンケートでは調査成功率は97.6%です。

浮気調査の中には難しい案件もありますが、それもほぼ成功していることになります。

また、同アンケートでのお客様満足度は98.36%となっており、依頼した方が皆満足していることがわかります。

裁判で使用出来る調査報告書の作成

浮気調査が成功しても不貞行為がある証拠を掴まなければ、慰謝料請求できませんし、離婚の条件も有利になりません。

HAL探偵社が作成する調査報告書は裁判で使用出来るものです。

ですから、法的に効力があり慰謝料請求、離婚で有利になります。

また、調査報告書の作成は最短1週間となっており、急を要する依頼への対応もバッチリです。

調査後は無料で弁護士を紹介

HAL探偵社は依頼者の浮気・不倫の悩みを調査だけで解決するわけではありません。

浮気調査報告書を作成後は、無料で弁護士を紹介してくれます。

浮気・不倫の専門の弁護士を紹介しますので、調停や裁判が初めてでも安心して進めることができます。

アフターフォローだけでなく、浮気専門カウンセラーもいて、悩みを相談することもできます。

HAL探偵社は浮気で傷ついた心のケアもできるのです。

時間制プランについて

浮気調査でもシンプルで分かりやすいのが時間制プランです。

パートナーと浮気相手が会っている日時がある程度特定できる案件に適しています。

HAL探偵社は時間制プランで業界最安値宣言をしており、実績と経験がありながら、コストパフォーマンスで他社を上回っています。

調査費用は探偵1名1時間6,000円です。

調査全体の相場は20~30万円程度、はっきりと日時や場所が特定しているなら15万円前後での調査も可能です。

ちなみに、見積した金額以外は一切掛かることがないので金額の心配をせずに調査結果を待つことができます。

なお、調査時に別途費用が掛かる場合は必ず連絡がきます。

また、調査料金は調査終了後の後払い制なので、納得の行く調査結果が出てから支払うことになります。

完全成功報酬プランについて

時間制プランと違い、相場が決まっていないのが完全成功報酬プランです。

完全成功報酬プランの最大の特徴・魅力はパートナーと浮気相手の不貞行為の証拠を掴まなければ料金は一切支払わなくていいことです。

依頼者は裁判で有利になる証拠を掴んだ時のみ報酬を支払うことになります。

ですから、リスクを抑えて、難しい調査でも依頼できます。

どうしてもパートナーの浮気を証明したい依頼者にもおすすめです。

なお、時間制プランか完全成功報酬プランは自らでも選択できますが、HAL探偵社では事前カウンセリングもしますので、頂いた情報から依頼者にピッタリのプランも提案してくれます。

まとめ【不倫の慰謝料の相場の決め方とは】

人のイメージ画像

パートナーが不倫した場合の慰謝料の相場は、法律上では決まっていないのです。

弁護士事務所が実際に判例した事例では、50~300万円程度です。

不倫に対する明確な慰謝料の金額は、不倫をしていた期間、離婚・別居をするか否か、精神的苦痛の代償によっても変わってきます。

不倫をしていたことを立証するためには、複数の証拠が必要になります。

これを集めるためには、探偵に依頼した方が良いでしょう。

HAL探偵社へ無料相談
1時間6,000円から調査が可能!
お急ぎの方は電話が便利です

この記事に関連する記事