不倫相手に慰謝料請求する前に知っておくべきこと|慰謝料の請求額の相場はいくら?

公開日:
カテゴリ:
関連タグ:

不倫相手に慰謝料を請求出来る場合

慰謝料のイメージ画像

「不倫相手からは慰謝料をもらえて当たり前」だと思っている人、多いのではないでしょうか。
芸能人・著名人等の不倫報道等から、不倫が「良いものではない」だけではなく、慰謝料の支払いや支払額が大々的に報道されることから、せめて慰謝料くらいはもらっておきたいと考えるのも良く分かるのですが、実際には慰謝料を請求出来る場合と請求出来ない場合があります。
請求出来る場合、細かい条件もあるのですが、大まかには下記の2つとなります。

  • 不倫相手に故意や過失がみとめられる
  • 権利の侵害を受けた場合

不倫相手に故意や過失がみとめられる

「故意」「過失」は言葉にすると少々難しく聞こえてしまうものですが、単刀直入に 「相手が既婚者だと分かっていて肉体関係を持った」場合が故意や過失になります ので、慰謝料の請求が可能です。

権利の侵害を受けた場合

浮気や不倫により、婚姻関係という「権利」に侵害を受けた場合、慰謝料の請求が可能です。

具体的には、夫婦として正常な関係であったものの、 浮気や不倫の発覚によって夫婦関係が破綻した場合です。 婚姻は法的権限のあるものですが、浮気や不倫によって法的権利を侵害されたことになるので、「権利の侵害」として慰謝料の請求権が生まれます。

不倫相手に慰謝料を請求出来ない場合

困っている女性のイメージ画像

パートナーの浮気や不倫が認められたとしても、慰謝料の請求が認められない場合ケースとしては下記が該当します。

  • お互いの素性が分からない中での不倫・浮気関係
  • 自由意志ではない不倫・浮気関係
  • 既に夫婦生活が破綻していた場合

お互いの素性が分からない中での不倫・浮気関係

出会い系サイト、あるいはナンパ等、 お互いの素性を知らない中での関係は、残念ながら慰謝料請求の構成案件として認められません。
慰謝料を認められる場合でも明記したように慰謝料は「相手が既婚者だと分かっている場合」の不倫・浮気にて請求が可能です。

出会い系サイトやナンパ等、お互いの素性がよく分かっていない中で「一夜限り」的な肉体関係が露呈しての離婚となった場合、「故意」「過失」には当たらないとして、不倫相手には慰謝料の請求が出来ません。

自由意志ではない不倫・浮気関係

こちらは強姦や脅迫等による肉体関係の場合です。
不倫相手の自由意思、つまり「肉体関係を持ちたい」気持ちではなく、 強姦や脅迫等、強制的な肉体関係を結んだ場合、不倫相手側には落ち度が認められません ので、残念ながら慰謝料の請求は出来ません。

既に夫婦生活が破綻していた場合

既に別居している状態など、夫婦生活が破綻している中での不倫関係は、慰謝料の請求が出来ません。
別居に限らず、家庭内別居状態で夫婦内で会話が行われていない状態でも同様です。

慰謝料を請求出来る条件として、「権利の侵害」と説明しましたが、 既に夫婦関係が破綻している場合、権利が形骸化していると判断 され、慰謝料の請求が難しくなります。

不倫相手に請求出来る慰謝料の相場はいくら?

調べている人のイメージ画像

不倫相手への慰謝料の請求は正当な権利である一方、金額に関しては基準・相場が法律に明記されているものではありません。
そのため、個別の不倫の状況等に応じて裁判所が慰謝料の金額を判断しています。

  • 慰謝料の相場は100万円から300万円
  • 判例主義による慰謝料の決定

慰謝料の相場は100万円から300万円

慰謝料の一般的な相場は100万円から300万円です。
芸能人や著名人等の離婚報道を見ていると、何千万円、場合によっては何億円といった報道もあるのですが、 有名人や著名人は「一般」には当てはまりません。

一般的に慰謝料は相手の収入等に応じて算定されるものです。有名人や著名人は収入も大きいので、慰謝料の額も多くなり、時には世間を驚かせるような高額慰謝料が話題となることもあります。

一般的な夫婦間での慰謝料の相場としては100万円から300万円で、且つあくまでも「一般的な相場」なので、100万円以下になるケースもあります。

判例主義による慰謝料の決定

夫婦関係や不倫の状況等、総合的な判断によって慰謝料が決まりますが、判例主義に基づくものであって、「○○だから減額」「○○だからプラスに」といった算定方法ではありません。
この点は慰謝料に限らず、日本の司法全体が判例主義により、裁判結果を出す形式となっています。判例主義とは、過去の似たような事例が基準になる点です。

不倫の慰謝料の算出も、例えば結婚10年の夫婦で、夫が異なる女性と不倫したことで離婚となった場合、過去に似たような判決がないのかを探します。

そして、 過去の似た判決では慰謝料がどれくらいで設定されたのかを踏まえて慰謝料を決定します。

感情論ではなく、「これまでの事例から、近い事例に当てはめて慰謝料を決める」形式となりますので、事前に判例を調べることで、裁判を行う前の段階で凡その慰謝料を把握出来ます。

不倫相手が逆ギレ!不倫相手からされる反論の内容

悩んでいる女性のイメージ画像

慰謝料の支払いのための裁判は、必ずしもスムーズに行われるとは限りません。
むしろ多くのケースで不倫相手からの反論が行われます。不倫相手側としても慰謝料の支払いは出費を伴う痛手になりますので、裁判に於いて「自らは悪くない」といった反論を行います。
その際、よくある反論として以下のものが挙げられます。

  • 既婚者だと知らなかった
  • 夫婦関係がうまくいっていないと聞かされていた
  • 相手に無理やり誘われた
  • 相手が悪いから慰謝料を払いたくない、あるいは半額だけしか払わない
  • そもそも不倫をしていない

既婚者だと知らなかった

相手が既婚者だと知らないと言い張るケースです。
先にもお伝えした通り、もしも既婚者だと知らなければ「故意・過失」に当たりませんので、慰謝料を支払う必要がなくなります。

そのため、「知らなかった」「独身だと聞いていた」等、慰謝料の支払い責任のない関係だったと主張してくるケースは多いです。

夫婦関係が上手くいっていないと聞かされていた

「夫婦関係が上手くいっていない」「いずれ離婚すると聞かされていた」といった反論も多々見受けられます。この場合もまた、 事実であれば先に説明した「権利の侵害」に当たりませんので、不倫相手側の言い訳の常套句です。

相手に無理やり誘われた

「本当は自分はその気はなかった」「相手から強引に迫られたので断れなかった」といった言い訳もよくある反論です。

こちらもまた、事実であれば「自由意志ではない関係」になるので慰謝料を支払う必要が無くなるので、慰謝料を支払いたくない不倫相手の常套句です。

相手が悪いから慰謝料を払いたくない、あるいは半額だけしか払わない

「不倫は自分だけではなく相手もいるから責任も相手と半々。だから慰謝料も半額しか支払わない」とする主張も不倫相手からよく聞かれる反論ですが、慰謝料の請求はパートナーと不倫相手それぞれに起こすことが認められていますので、半額にする必要性がありません。

不倫相手としても、とにかく「出来れば支払いたくない」との気持ちからの言葉ですが、正しい知識を持っていない場合、言いくるめられてしまう可能性もあります。

法律的には、半額にする必要がないことを理解しておくこと、このような言葉が「無意味」なもので、真に受ける必要がないと瞬時に判断出来ます。

そもそも不倫をしていない

不倫相手の反論で最も多いとされているのがこちらです。
「疑われているけど、そもそも不倫をしていない」との開き直りです。しかし、実はこの主張は少々手強いです。

なぜなら、 「していない」と主張された場合、双方の主張が異なるので、慰謝料を取るためには不倫をしていた証拠が求められます。

ある程度証拠が揃っていれば問題ないのですが、状況的に不倫を感じさせるものであっても、「決定的証拠」が無い場合、つまりは「完全にクロ」だと証明出来ない場合、残念ながら裁判所としても「証拠が無い」と判断してしまいます。

不倫相手に言い逃れ出来ないように慰謝料を請求するには

計算をしている人のイメージ画像

不倫相手としても、慰謝料を支払いたくないがために様々な反論を行います。
その中で特に厄介な反論が、「不倫していない」言い張っている場合です。

状況的に不倫しているだろうと思わせるもので、証拠がなければ、裁判所から「不倫をしていると断定出来ない」と判断され、慰謝料請求を棄却されてしまう可能性もあります。
理不尽に思うかもしれませんが、司法制度が判例・証拠主義である以上、証拠がなければ立証が難しいです。
裏を返せば、不倫相手から慰謝料を「確実に」取りたいのであれば証拠を集めれば良いのです。
メールのやり取りやホテルに入る瞬間の画像等、ただならぬ仲であったことを証明出来るものがあれば、慰謝料を取れる可能性が高まります。

不倫の証拠を掴んだ後に慰謝料を請求する場合|無料で弁護士を紹介して貰える

弁護士のイメージ画像

慰謝料の請求は証拠を握ってからの方が「勝率」が高まりますが、実際に自分で証拠を掴むとなると簡単ではありません。
そこでおすすめが探偵事務所です。 探偵事務所の場合、証拠を掴むために不倫相手や配偶者を追ってくれるだけではなく、証拠をつかんだ後、弁護士の紹介もあります。
証拠を元に、今後どうするのかも指南してもらえます。裁判の手順やフォローも弁護士であればお手の物。専門分野である以上、確かな知見に基づくサポートが可能です。

また、弁護士側としても証拠があることで有利に展開出来ることが分かっていますので、証拠が無い段階で相談しても「気持ちは分かりますけど、慰謝料を取るのは難しい」としか言えないものの、

証拠があれば「これなら慰謝料を取れる可能性が高くなります」となり、積極的なサポートも期待出来ます。

不倫相手に慰謝料請求するなら|浮気に詳しいプロに無料で相談してみる

コンサルタントのイメージ画像

証拠を掴めるのかを含め、まずは探偵事務所に相談してみることをおすすめします。
無料で相談を受け付けている探偵事務所もありますし、匿名での相談や、相談のみで浮気調査を依頼しなくても可能な所もあります。

まずは無料で相談することで、証拠を得られるのかや、その後の流れ等を把握し、実際にどうするのかを決めてみるのもよいのではないでしょうか。

不倫相手に慰謝料を請求する場合、「私が悪かったです」と素直に慰謝料の支払いに応じてもらえるケースの方が珍しいです。そのような相手から慰謝料を支払ってもらうためには証拠が大切です。

探偵事務所であれば、証拠を掴むだけの力もありますので、まずは一度、気軽に相談してみることで、自分自身が今後どうすべきなのかも見えてくることでしょう。

まとめ【不倫相手に慰謝料請求出来る?】

人のイメージ画像

不倫相手から慰謝料を取るためには、証拠の有無が大きく左右することが分かっていただけたのではないでしょうか。
裁判所としても、証拠の有無は慰謝料決定に於ける重要な判断材料だと考えています。

しかし、自力で証拠を掴むためには多大な労力が必要になりますので、一度探偵事務所まで足を運び、「今後どうするのか」を含めてまずは気軽に相談してみるとよいでしょう。

お問い合わせ
【全国に18店舗展開!】浮気調査が得意なHAL探偵社へ無料相談!
【成果報酬型】不貞の証拠が無ければ0円だから安心!

この記事に関連する記事