事実婚でも浮気は認められる?事実婚と法律婚の違いを解説!

公開日:
カテゴリ:
関連タグ:

近年増加している事実婚。新しい夫婦の形として注目を浴びています。

事実婚中に浮気をしても、慰謝料などの責任を負わなくていいと考えている人もいますが、それは間違いです。事実婚だとしても、法律婚と同じような責任を負うこともあるのです。

この記事では、「事実婚とはどういったものなのか?」や、「事実婚の浮気問題」という部分について紹介していきたいと思います。

そもそも事実婚とは|法律婚との違い

まず事実婚とはどういう関係なのかイマイチ理解できない人のために、事実婚について簡単に紹介していきたいと思います。

ウェディングの画像

  • 事実婚とは?
  • 事実婚でも認められている法的項目
  • 法律婚との違いとは?

事実婚とは

事実婚とは、婚姻届を出さない紙上の約束がない結婚を指します。内縁の関係とも呼ばれ、共同生活をしており婚姻の意志さえあれば認められるものです。

事実婚夫婦の法的な繋がりはとても強まっており、結婚届けは出していませんが、法律婚と同様な権利が認められることもあります。

こういった背景もあり、あえて法律婚を選ばず事実婚を選ぶ夫婦も多く、新しい時代の夫婦の形として日本でも多くなっています。

事実婚でも認められている法的項目

近年、事実婚でも認められる法的項目が増えてきています。

例えば、「遺族年金の給付」でしたり、「社会保険の扶養にも入れる」だったりと、事実婚でも認められる法的事項は多岐にわたります。

また、「事実婚を解消する場合の財産分与の請求」についても認められており、法律婚とそこまで大きな差はなくなっているのです。

法律婚との違いとは?

事実婚と法律婚には、大きな差はありませんが、決して同じものとは言えません。まだまだ日本では、法律婚では認められているが事実婚では認められていない事項もたくさんあります。

例えば、法律婚では相手の苗字を名乗れますが、事実婚ではそれができません。また、会社によって支給しているケースもありますが、事実婚ですと会社の家族手当がもらえないケースもあるのです。

事実婚と法律婚に大きな差はありませんが、全て同じ権利が認められるとは言えないのが今の日本の現状です。

事実婚の浮気は法的にどう扱われるのか

男女の画像

婚姻届を出していないので、気楽に考える人が多く、事実婚中の浮気は法律婚よりも起こりやすいと言われています。

ここでは、そんな事実婚の浮気はどう扱われるのかを紹介していきたいと思います。

事実婚であっても「不貞行為」があれば不倫になる

当然、婚姻届を出していないから浮気をしてもいいと言うことにはならず、事実婚でも貞操義務は生じるものです。

法律婚と同様、事実婚を証明できるなら、不倫の場合に慰謝料が請求できるケースもあります。

事実婚の場合でも慰謝料請求はできる!

上記で紹介した通り、事実婚でも不倫の慰謝料請求は可能です。しかし法律婚よりも多少難しくなるのも事実です。

ここでは、事実婚の場合に不倫の慰謝料請求をする時に必要なものなどを紹介していきたいと思います。

  • 浮気相手に慰謝料請求もできる
  • 慰謝料請求に必要なもの

浮気相手に慰謝料請求もできる

事実婚のパートナーへの慰謝料請求だけではなく、浮気相手に対しても慰謝料請求が可能です。

しかし、それは浮気相手がパートナーが事実婚をしていると知ってて浮気をした場合で、知らなければ慰謝料の請求が難しくなります。

また、事実婚の解消をしないでそのまま事実婚を継続する場合でも、浮気相手への慰謝料請求は可能です。この辺りは法律婚と大きな差はありません。

慰謝料請求に必要なもの

ここでは、事実婚の浮気の慰謝料請求をするために必要なものを紹介していきたいと思います。

事実婚の関係である証明

「事実婚」と「ただ同棲をしている間柄」というのは見分けがつきにくいものです。慰謝料請求をするなら事実婚でなければダメで、ただ同棲をしている間柄では認められないことがあります。そのため事実婚の証明が必要になってきます。

住民票の続柄欄や、周りの知人の証言なんかも事実婚の関係だと認められることもあります。また、生計を共にしていると認められる通帳や公共料金の領収書なども事実婚の証明になることもあるので、証明をしたいならこういうものは取っておくようにしましょう。

「浮気」の決定的な証拠

事実婚の関係だと証明できても、相手が浮気をしていたことを証明できなければ、慰謝料の請求はできません。「あの人は浮気をしている」と、どちらかが口で言うだけでは誰も信用してくれません。

慰謝料を請求したいなら、浮気の決定的な証拠が必要になるのです。

浮気の決定的な証拠とは、「浮気相手と一緒にホテルに入っていく写真や動画」だったり、「親密な関係にあるとわかるメッセージのやり取り」などが挙げられます。

浮気をされて慰謝料を請求しようと思っているなら、まずは浮気の証拠を集めてみて下さい。

「浮気」「不倫」の証拠を集める方法は?

事実婚の浮気や不倫は証拠が必要になってきます。しかし、この証拠を見つけるというのは、素人には難しいものです。

ここでは、浮気や不倫の証拠を簡単に探せる方法を紹介していきたいと思います。

  • 素人が証拠集めは危険!
  • 浮気・不倫調査は探偵事務所に依頼しよう

素人が証拠集めは危険!

素人が浮気の証拠を集める時の障害になるのは、「相手に顔を知られている」という点です。顔を知られているので、尾行をしようにもバレてしまうリスクがありますし、張り込みをするにしても、鉢合わせてしまいそこでバレる可能性もあります。

さらに、素人が浮気の証拠を集めようとすると、気づかない内に違法行為をしてしまう可能性もあります。違法な方法で浮気の証拠を集めても、それは証拠になりません。さらに自分が捕まってしまう可能性もあります。

浮気の証拠を自分で見つけようとするのは、それだけ危険性が伴うものなのです。

浮気・不倫調査は探偵事務所に依頼しよう

浮気の証拠を集めたいなら探偵事務所に依頼するのがおすすめです。探偵事務所に浮気調査の依頼をするだけで手軽に浮気の証拠を見つけてきてくれます。

他にも探偵事務所を選ぶことで、さまざまなメリットがあります。

・裁判で有利な証拠を掴める
探偵事務所が行う浮気調査は、最後に報告書を提出してくれます。この報告書は、その後の慰謝料請求の裁判でも有利な証拠になるのです。

その後の展開をスムーズに進めたい人は、探偵事務所が特におすすめです。

・ただ結果を待つだけ!
探偵事務所へ依頼することで、自分は何もせずにパートナーの浮気の証拠を掴み取って来てくれます。ただ結果を待つだけでいいので、リスクを伴うこともありません。

不倫・浮気が怪しいと思ったらHAL探偵社へ無料相談

探偵の画像

探偵事務所で浮気調査をすることで、楽に証拠を見つけられると紹介しましたが、どの探偵事務所でも良いというわけではありません。探偵事務所を選ぶ時は、実績があって信頼できる事務所を選ぶようにしましょう。

どの探偵事務所が良いかわからないという人におすすめなのが、HAL探偵社です。HAL探偵社はこれまでに多くの浮気調査を成功させてきた実績があります。他にもHAL探偵社を利用するメリットはたくさんあります。ここでそのメリットを紹介するので、是非参考にしてみて下さい。

  • 完全成功報酬で+後払い
  • 他社よりもお得な低価格
  • 匿名相談可能!
  • 調査成功率97.6%の業界トップの調査力

完全成功報酬で+後払い

探偵事務所の中には、「報酬を先に支払ってもらい調査を適当に済ませる」という事務所もあります。そんな事務所を選んでしまうと、無駄にお金を支払ってしまうことになり、何も成果を得られません。

しかし、HAL探偵社では、完全成功報酬プランというものを用意しており、支払いも後払いなので「無駄にお金だけを取られる」ということはありません。

調査が失敗すると料金は支払わなくてもいいので、事務所側も、「しっかり取り組まなければ報酬をもらえない」ということで真摯に取り組んでくれます。

他社よりもお得な低価格

探偵事務所へ依頼する浮気調査というのは、料金がネックになりがちです。相場は結構高く、1時間で1万円以上取られる事務所もザラにあります。

しかし、HAL探偵社では、1時間6,000円で利用が可能ということで、安価に浮気調査の依頼が可能です。不鮮明な料金の請求もされませんし、お財布にも優しいのがHAL探偵社のメリットの一つなのです。

匿名相談可能!

浮気調査というのは、デリケートなことです。こういうデリケートなことだからこそ、「匿名じゃなきゃ相談できない」という人も多いです。

そんな人のためにHAL探偵社では匿名相談も受け付けています。自分の名前を明かさないで相談ができるので気楽に聞きたいことを聞くことができます。

調査成功率97.6%の業界トップの調査力

HAL探偵社へ依頼する最大のメリットが調査力です。これまでに多数の調査を行っているからこそノウハウが蓄積されており、他の探偵事務所と比較しても調査力がずば抜けていることで知られています。

調査成功率は97.6%という、ほぼ成功するような数値を残しているので、安心して依頼ができます。「絶対に調査を成功させて欲しい」と言う人は、HAL探偵社を選んでみて下さい。

まとめ【浮気・不倫調査は早めに】

悩む女性の画像

近年増えている事実婚。事実婚が増えるに連れて、事実婚のカップルの浮気問題も多くなっています。

浮気はできるだけ早く対処をするのが重要です。ダラダラと相手の浮気を見過ごしてしまうと、慰謝料などの取れるものも取れなくなってしまいます。

こちらで紹介したHAL探偵社を利用して、早めに問題解決を図ってみて下さい。

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「事実婚 浮気」に関してよくある質問を集めました。

そもそも事実婚と法律婚の違いとは?

事実婚と法律婚の違いの差は、近年ではそれほど大きいものでは無くなってきていますが、まだまだ法律婚では認められているが事実婚では認められていない事項もあります。

事実婚の場合浮気は認められるのか?

結論をいうと、事実婚でも「不貞行為」があれば不倫として扱われます。ただ、法律婚と同様に「不貞行為」を証明する証拠が必要です。

事実婚の場合も慰謝料請求はできる?

事実婚の場合でも慰謝料請求が可能です。ただし、その条件として浮気相手があなたとパートナーが事実婚の関係であると知っていた場合にのみ請求可能となります。

お問い合わせ
【全国に18店舗展開!】浮気調査が得意なHAL探偵社へ無料相談!
【成果報酬型】不貞の証拠が無ければ0円だから安心!

この記事に関連する記事