【素人でも出来る】徒歩・車での尾行のコツ!素人と探偵の尾行の違いは?

公開日:2020/06/18
カテゴリ:
関連タグ:

浮気を暴きたい時にやることが多い尾行。

「パートナーの浮気を疑った時に尾行をして確かめよう」と思ったこと、誰もが一度はあると思います。

しかし、尾行は誰でも簡単にできることではありません。

やり方次第では、尾行に失敗しパートナーにバレて関係が悪化することもあるのです。

「尾行をして浮気を確かめたい」と考えている人に向けた尾行の方法やコツ、さらには、尾行のリスクなどを紹介していきたいと思います。

「自分で尾行をするのは無理そう」という人におすすめの浮気調査方法も同時に紹介していくので、是非参考にしてみて下さい。

バレないことが前提!徒歩尾行のコツ

人のイメージ画像

旦那の浮気を疑い、それを調べようと思い尾行をするなら「絶対にバレない」というのが重要です。

「旦那が浮気してるかもしれない…尾行して確かめよう!」と思ってすぐに行動に移すと、簡単にバレてしまいます。

尾行にはバレないためのコツやルールがあるのです。

このコツやルールを守れなかったらすぐにバレてしまうので注意して下さい。

ここでは、徒歩尾行の際のコツやルールをいくつか紹介していきたいと思います。

  • 対象者との歩調を合わせる
  • 一定の距離を開けておく
  • 立ち止まったときは自然に振る舞う
  • 足元を見て歩く

対象者との歩調を合わせる

対象者との距離が離れている時はどんな歩調でも構いませんが、対象者との距離が近くなってしまったら、歩調は絶対に合わせるようにして下さい。

歩く時の音やリズムを合わせることで、相手に怪しまれるリスクを抑えることができます。

また、ゆったりした歩調で歩いていると変に注目されてしまったり、対象者が振り向いた時に目立ちやすくなってしまうので注意が必要です。

一定の距離を開けておく

尾行の基本は、一定の距離を取ることです。

一定の距離を取ることで、対象者を見失うこともなく、怪しまれることもありません。

逆に近すぎるとバレてしまうリスクがあり、遠すぎると見失うこともあります。

近すぎず遠すぎないベストな距離を維持しながら、対象者をチェックするようにして下さい。

立ち止まったときは自然に振る舞う

もし対象者が立ち止まった時は、焦らず自然な振る舞いをしましょう。

対象者が立ち止まった時は、バレる可能性が高くなります。

スマホを持っているなら「スマホをいじってみる」とか、「退屈そうに街の看板を見る」というのも自然に見えます。

足元を見て歩く

尾行をする時は、歩き方も注意が必要です。

尾行をしていると対象者が振り向くこともあります。

その時にこちらと目線が合わないように、足元を見ながら歩くのがいいでしょう。

そうすることで、目線が合うのを避けることができます。

車で尾行するときのコツ

人のイメージ画像

次は車を使って尾行を行う時の方法やコツを紹介していきます。

車での尾行は徒歩と違い、失敗一つで大事故に繋がる恐れもあるので注意して下さい。

  • 対象者との距離を気にする
  • 不自然に思われない場所に駐車する

対象者との距離を気にする

これも徒歩で尾行する時よりも、近すぎない距離で尾行をするようにしましょう。

車の場合は、意外と「ずっと追われている」と気づきやすくなるものです。

なので、徒歩よりも離れた場所からの尾行をおすすめします。

また、車を使って尾行をする時は、運転技術も求められます。

車線変更やスピードの上げ下げなどをすることになるので、運転に対して自信がないなら車ではなく徒歩での尾行を選ぶようにして下さい。

不自然に思われない場所に駐車する

車を停めて対象者をチェックする時は、停める場所が重要になってきます。

見やすいからといって、「どう考えてもここに車があるのはおかしい」という場所に停めるのではなく、「ここに停まっていても自然だ」という場所に停めるようにしましょう。

パーキングだったりコンビニなどの駐車場などに停めて、そこで張り込むようにして下さい。

尾行するのにおすすめの時間帯とは?

時間のイメージ画像

尾行する時は時間帯というのも重要になります。

いつでもいいということではなく、間違った時間帯に尾行をしてしまうと、成果を得られることもなくなりますしバレるリスクも高まってきます。

ここでは、尾行をするベストな時間帯を紹介していきたいと思います。

  • 出勤時
  • 勤務中・休み時間
  • 退社時
  • 帰宅後

出勤時

「これから仕事に行く」と嘘をつき、その足で浮気相手に会いに行く人もいます。

本当に出勤をしているのかの確認をするようにしましょう。

勤務中・休み時間

会社の同僚と浮気をしている人は、勤務中のお互い休みの時間に会うこともあります。

「一緒にご飯を食べに行く」だったり、会社では同僚に怪しまれるので「車の中で手作り弁当を食べる」ということもありえます。

勤務中だから安心するのではなく、「勤務中だからこそ疑う」ことも大事なのです。

退社時

本当は残業をしていないのにパートナーには「残業がある」と嘘をつき、浮気相手と会うパターンは非常に多いです。

本当に残業なのかのチェックをする意味で、この時間帯の尾行はベストだと言えるでしょう。

帰宅後

一度家に帰ってきて、もう一度外へ出て、浮気相手と会うというパターンもあります。

帰宅したからといって安心せずに、帰宅後も注意するようにして下さい。

自分で尾行調査をするのはリスクが高すぎる

悩む男性のイメージ画像

尾行をしたことがない人には、尾行の難しさはわかりません。

ただ後をつければいいというものではなく、リスクもたくさんあります。

ここではそんなリスクについて触れていきたいと思います。

  • 慣れていないため見失いやすい
  • バレたら証拠を掴めない
  • 事故が発生してしまう
  • 一人では体力が持たない
  • 怪しまれて警察へ通報される

慣れていないため見失いやすい

人通りの多い場所での尾行は、見失ってしまう可能性も高くなります。

バレないためにある程度の距離を保ちながら尾行するというのは、非常に難しいものです。

一度でも見失ってしまうと、もうその日の尾行が成功することはありません。

バレたら証拠を掴めない

見失わないために逆に近づくというのも危険です。

尾行で最悪な失敗パターンが「相手にバレる」ということです。

相手にバレてしまうと証拠を掴み取る前に隠されてしまいます。

なので、尾行を行う時は「対象者にバレる」ことだけは絶対に避けましょう。

バレてしまうと、たとえ相手が浮気をしていなくても相手との関係が悪化することがあるので、注意が必要です。

事故が発生してしまう

車を使って尾行をする時は、対象者を見ながら運転するということで、よそ見運転をせざるを得ない場面が増えてきます。

必然的に事故リスクが高くなり、大きな事故にも繋がりかねません。

車の運転技術に自信がない人は、車での尾行は絶対にやめるようにしましょう。

一人では体力が持たない

追われる側と追いかける側、移動する距離は同じだとしても、圧倒的に追いかける側の方が体力の消耗は激しくなります。

追いかける側というのは、対象者がどこに行くかわからないため、右に動いたり左に動いたりと忙しくなるのです。

対象者の後を辿っているのに、疲労の度合いは大きく変わってきます。

女性が一人で男性を尾行するケースは、体力の限界で途中で断念するパターンも多いです。

怪しまれて警察へ通報される

尾行は、時にキョロキョロしたり歩くスピードを緩めたりと、怪しい行動が多くなります。

また、自分で尾行する時は変装をして行うと思います。

その変装が怪しさを助長させ、周りの人に怪しまれる可能性が高くなるのです。

警察に通報されるということもあるので、注意しましょう。

尾行調査をするなら探偵に依頼すべき!

調べる女性のイメージ画像

先ほど紹介した通り、自分で行う尾行はリスクだらけです。

せっかく尾行をしても、成果を得られなかったりバレてしまうこともあります。

「リスクを抑えて確実に成果を得たい」という人は、探偵に依頼して尾行調査をしてもらいましょう。

ここでは探偵が行う尾行調査について紹介していきたいと思います。

探偵の尾行調査はここが違う!

  • 豊富な経験と技でバレることはない
  • 専用の高機能なアイテムを所有している
  • 周囲に怪しまれない自然な動き
  • 離婚や慰謝料請求に必要な証拠が集める

探偵の尾行調査はここが違う!

探偵は尾行調査のプロです。

尾行をバレずに成功させる方法を熟知しています。

豊富な経験と技でバレることはない

経験がものを言う尾行調査。

探偵事務所は豊富な経験をしているので、バレることはありません。

また、尾行調査員に必要なノウハウや技を持っているので、より確実に成果を掴んでくれます。

専用の高機能なアイテムを所有している

探偵は業務として尾行を行っているので、一般人が持っていないような尾行に必要な高機能なアイテムを所持しています。

  • 暗いところでも撮影が可能な暗視カメラ
  • 遠くからでも撮影が出来る望遠カメラ
  • 撮影していることがバレにくい小型カメラ
  • ターゲットの現在地を把握するためのGPS機器

このような機材を使って尾行調査をすることで、より確実に証拠を撮影することが出来ます。

身一つで尾行調査をするのはかなり大変なものです。

探偵はアイテムや機器を上手に使い、楽に調査を進めてくれます。

周囲に怪しまれない自然な動き

先ほども述べた通り、探偵は業務で何年も尾行調査を行っています。

ですので、周りから見ても怪しまれずに尾行をする方法を熟知しているのです。

自然な動きで対象者を尾行し、浮気の証拠を見つけてきてくれるでしょう。

離婚や慰謝料請求に必要な証拠が集める

尾行調査は、尾行をして終わりというものではありません。

浮気をしているなら、その証拠を撮影する必要もあるのです。

特にその後に離婚や慰謝料の請求を考えているなら、証拠の写真はなおさら必要になります。

探偵は、写真や動画などを撮影して、離婚や慰謝料請求に必要な証拠を集めてくれます。

この写真や動画を使うことで、離婚や慰謝料請求をスムーズに進められます。


尾行調査ならHAL探偵事務所にお任せ

HAL探偵社のイメージ画像

尾行調査を探偵に任せたいと考えている人におすすめなのが、HAL探偵事務所です。

HAL探偵事務所は、探偵事務所大手であり、これまでに多くの尾行調査の成功経験を持っています。

ここではそんなHAL探偵事務所がどんな事務所なのかを詳しく掘り下げていきます。

HAL探偵事務所が選ばれる理由

  • 実績多数の信頼
  • 追加料金一切ないの朗報会計
  • 裁判で使用できる報告書
  • 全国対応で出張費も無料!

HAL探偵事務所が選ばれる理由

HAL探偵事務所がこれだけ選ばれるには理由があります。

ここではHAL探偵事務所の特徴などを紹介していきたいと思います。

実績多数の信頼

これまでに37,000件以上の解決実績があり、それだけノウハウを持っています。

活かせるノウハウを多数持っているということで、尾行の成功率もそれだけ高くなるのです。

実績がない探偵事務所は、成功率自体はそこまで高くなく、実績を重ねることで成功率は上がっていきます。

HAL探偵事務所は実績があるこそ信頼を集められているのです。

追加料金一切ないの朗報会計

HAL探偵事務所では、料金にもこだわりを持っています。

探偵事務所は料金がわかりにくいところが多いのですが、HAL探偵事務所ではわかりやすい料金設定で依頼を受け付けています。

追加料金が一切なく、「わかりやすい料金プランを用意している探偵事務所がいい」という人におすすめです。

裁判で使用できる報告書

尾行調査を行った後の報告書は、そのまま裁判で使用できるものを提出してくれます。

これがあるので、尾行調査をした後に離婚や慰謝料請求をスムーズに行えるのです。

面倒なステップを省くこともできるので、調査だけじゃなくその後の対応もすんなり行えます。

全国対応で出張費も無料!

HAL探偵事務所は、全国に支店を持っており、47都道府県からの依頼に対応しています。

また、全国どこでも出張費は0円なので、「遠い場所からの依頼で出張費がかさみ料金が高額になる」ということもありません。

場所によっては最短で即日に対応してくれます。

利用したい時にすぐ利用できるのがHAL探偵事務所のいいところなのです。

まとめ【尾行はリスクが高い】

浮気しているかを調べる尾行調査。

簡単そうに見えて実は難しいものです。

やり方を間違ったりコツを知らないと、すぐにバレてしまいます。

時間も体力も必要になるので、自信がない人は自分でやるよりも探偵事務所に依頼して調査をしてもらうのがいいでしょう。

是非HAL探偵事務所を利用して、尾行調査を依頼してみて下さい。

お問い合わせ
【全国に18店舗展開!】浮気調査が得意なHAL探偵社へ無料相談!
【成果報酬型】不貞の証拠が無ければ0円だから安心!

この記事に関連する記事