家庭内別居中の不倫・浮気は罪になる?慰謝料出来る場合と出来ない場合とは

公開日:
カテゴリ:
関連タグ:

家庭内別居している夫婦は少なくありません。

そして、家庭内別居でパートナーが不倫・浮気するケースはとても多いです。

完全に別居していてはいませんが、お互いに気持ちが離れていることが多く、パートナーに異性として興味がなくなりますので、他の異性にアプローチしやすくなります。

なお、家庭内別居は夫婦関係の破綻が認められることもあり、慰謝料請求できないこともあります。

家庭内別居中のパートナーに不倫・浮気された際の対処方法について知りましょう。

家庭内別居とはどんな状態を表すの?

人のイメージ画像

  • 必要最低限の会話しかしない
  • 食事や洗濯など家事を別々にしている
  • 生計がお互いにバラバラである
  • お互いの行動や予定を把握していない

喧嘩ばかりで一緒にいるのが耐えられない、性格の不一致、金銭感覚の違いなどで別居する夫婦がいます。

同様の気持ちだけれど、別居には踏み切らないが、同居しながら生活は別々なのが、家庭内別居です。

家庭内別居と考えられる分かりやすい状態がいくつかあります。

4つ紹介しますが何個か当てはまったら家庭内別居である可能性が高いです。

なお、夫婦喧嘩が長引いてそのまま家庭内別居となる場合もあります。

パートナーに気持ちがあるなら、喧嘩は長引かせないようにしましょう。

必要最低限の会話しかしない

家庭内別居で最も分かりやすいのは会話がほとんどないことです。

子供がいるなら、学校や進路など教育については最低限話をする必要があります。

しかし、それ以外は会話をしないのです。

子供がいないと全く会話をせずに、数年家庭内別居をしている夫婦もいます。

当初は喧嘩しても話はしていたが、喧嘩することすら不毛になり、会話がなくなるケースが多いです。

「おはよう」「おかえり」などの基本的な会話がなくなってくると危険です。

食事や洗濯など家事を別々にしている

夫婦が同居して生活していれば、食事は一緒にとり、掃除や洗濯などの家事は分担して行います。

しかし、家庭内別居すると食事は別々の時間にとる、掃除や洗濯などの家事は別々になることが多いです。

パートナーが食事をとる姿を見るだけで嫌だ、一緒に洗濯するのが気持ち悪いなどの気持ちから別々の状態になります。

また、家事を別々になると、寝室も別々になります。

寝室は大切なコミュニケーションの場所ですから、家庭内別居を更に進ませる原因となります。

生計がお互いにバラバラである

共働きの夫婦は財布が別々の場合もあります。

しかし、家賃や光熱費は旦那が担当し、食費などの生活費は妻と役割分担がされており、夫婦としての生計は一緒です。

家庭内別居でも同様の場合もありますが、全く生計がバラバラになることもあります。

食費はお互いのものだけ、生活費は一切入れず、家賃や光熱費は半分だけ封筒に入れて渡すだけではルームシェアしているだけで生計はバラバラです。

子供がいない共働きの夫婦は家庭内別居で生計がバラバラになりやすいです。

お互いの行動や予定を把握していない

家庭内別居している夫婦はお互いに興味がありません。

ですから、お互いの行動や予定を把握していません。

旦那の休日はいつなのか、当日は何をしているのかはわからないのです。

家庭内別居している夫婦のなかには旦那が知らない間に転職していたり、無職になっていたりするケースも少なくありません。

お互いに興味がなくなると、普通は気付くべきことが分からなくなるのです。

家庭内別居中の不倫は罪になる?

人のイメージ画像

不倫や浮気での不貞行為は、配偶者が貞操義務を不履行にすることです。

刑事事件には問われませんが、民法上、は違法行為です。

しかし、長期間の別居中は夫婦関係の破綻が認められ、パートナーの不貞行為は違法になりません。

家庭内別居にも同様のことがいえます。

しかし、家庭内別居は夫婦のプライベートな空間で行われており、第三者からは分かりにくいのも特徴ですので、完全な別居と違い夫婦関係の破綻を証明しずらいです。

家庭内別居で不倫が罪になる、ならない場合を知りましょう。

家庭内別居中の不倫で罪になる場合

浮気・不倫で罪に問われるのは不貞行為が認められた場合です。

つまり、夫婦関係が破綻していなかったらパートナーは貞操義務の不履行で民法上の違法行為をしたことになります。

  • 家庭内別居の期間が短い
  • あくまで夫婦喧嘩の延長中である
  • パートナーとやり直す気持ちがある

家庭内別居の期間が短い

別居、家庭内別居で夫婦関係が破綻しているかの目安になるのが期間です。

長期間であるほど破綻していることになります。

1~2年程度の家庭内別居では破綻していると認められません。

パートナーが破綻していると考えても客観的に認められなければ、浮気・不倫時、不貞行為の証拠があれば離婚、慰謝料請求に有利になります。

あくまで夫婦喧嘩の延長中である

世の中、喧嘩をして会話をしなくなる夫婦はたくさんいます。

数日で仲直りして普通に会話する夫婦もいれば、数か月会話をしない、食事も一緒に取らない夫婦だっています。

その際は家庭内別居の状態となりますが、お互いに夫婦喧嘩が長引いているだけだと考えていれば破綻とは言えません。

その期間のパートナーの不貞行為は違法となります。

パートナーとやり直す気持ちがある

家庭内別居していてもパートナーとやり直す気持ちがあれば夫婦関係が破綻しているとは言えません。

家庭内別居のなかにはパートナーが家にいるのが嫌で、夜中に睡眠のためだけに帰宅するケースもあります。

パートナーの一方的な行動で家庭内別居となっているので破綻しているとは認められないのです。

家庭内別居中の不倫で罪にならない場合

パートナーが浮気・不倫した際の不貞行為について罪にならないのは、夫婦関係が破綻していると認められる場合です。

家庭内別居で夫婦関係が破綻していると客観的に判断できるケースについてです。

  • 家庭内別居の期間が長い
  • お互いに夫婦関係の破綻を認識している
  • 夫婦関係を修復する気持ちがない

家庭内別居の期間が長い

別居と同様に長期間の家庭内別居は夫婦関係が破綻していると認められます。

目安としては5年以上となります。

一緒に住んでいても5年以上も会話もなければ、家事も別々である証拠があれば、パートナーが浮気・不倫で不貞行為をしても罪には問えません。

お互いに夫婦関係の破綻を認識している

長期間の別居でなくても、お互いに夫婦関係が破綻していると認識していれば不貞行為があっても罪には問えません。

お互いの友人や同僚に「夫婦として終わっている」「愛情はない」「離婚してないだけ」などと話していた証言が取れれば破綻していると証明できます。

夫婦関係を修復する気持ちがない

家庭内別居をしていて今後一切、夫婦関係を修復する気持ちがない場合も夫婦関係は破綻していると認められます。

世間体や出世のためだけに夫婦関係を続けているのは客観的には破綻していると考えられます。

家庭内別居中に不倫をした相手から慰謝料を請求するには

人のイメージ画像

  • 夫婦関係が破綻していない証明をする
  • パートナーの浮気・不倫の情報を集める
  • パートナーと浮気相手の不貞行為の証拠を掴む
  • 浮気・不倫に強い弁護士に依頼する
  • パートナー、不倫相手に慰謝料を請求する

夫婦は通常は一緒に生活しています。

その状態でパートナーが浮気した際は、不貞行為があった確実な証拠を掴めば、調停や裁判に有利になり、パートナーや浮気・不倫相手に慰謝料を請求することができます。

しかし、家庭内別居中は不貞行為の証拠以外に証明しなければならないことがあります。

家庭内別居中にパートナーや浮気・不倫相手から慰謝料を請求するまでの流れを知りましょう。

夫婦関係が破綻していない証明をする

家庭内別居中のパートナーの浮気は不貞行為の証拠と夫婦関係が破綻していないことを証明しなければなりません。

証明できなければ、パートナーや浮気・不倫相手に慰謝料を請求したり、訴えたりしても「家庭内別居中で夫婦関係は破綻していた」と言い逃れされる可能性があります。

家庭内別居が1年程度であったり、パートナーとやり直す気持ちがあったことを証明するには客観的な判断材料が必要です。

夫婦での写真、普段のメールのやり取り、夫婦と関わりのある友人の意見などが判断材料となります。

悩んだら探偵事務所や弁護士に相談しましょう。

パートナーの浮気・不倫の情報を集める

探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を集めましょう。

探偵に依頼する前にパートナーの行動をメモすることをおすすめします。

パートナーが不倫相手と会っている日を推測出来れば、探偵も調査がしやすくなります。

また、家庭内別居が始まった原因が「不倫」だったことを証明出来れば、慰謝料請求に繋がります。

パートナーと浮気相手の不貞行為の証拠を掴む

探偵事務所にパートナーの情報、浮気・不倫の情報を伝えたら、探偵は不貞行為の証拠を掴む調査を開始します。

自分で調査を行ってしまうと、調査をしていることが相手にバレて証拠が掴めなくなってしまうリスクがあります。

探偵に依頼した方が、バレるリスクは少なく、確実に浮気の証拠を掴んでくれます。

また、探偵が作成する浮気の調査報告書は日時・場所が記載されており、写真・動画なども一緒に渡してくれます。

この調査報告書があれば、慰謝料請求出来る可能性が高まります。

浮気・不倫に強い弁護士に依頼する

ラブホテルに2人で出入りしている写真、不倫相手の家に2人っきりで何時間も滞在している写真など、パートナーの不貞行為の確実な証拠を掴んだら、調停・裁判のために弁護士に依頼します。

浮気・不倫専門の弁護士なら不貞行為の証拠があれば離婚、慰謝料請求などで有利にしてくれるので心強いです。

パートナー、不倫相手に慰謝料を請求する

不貞行為の証拠を掴み、弁護士に依頼すればパートナーと不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。

一般的にはパートナーの方が慰謝料の相場は高いです。

家庭内別居前から不倫していることを証明できれば高額な慰謝料請求ができます。


家庭内別居中に不倫をされた証拠を集めるには

人のイメージ画像

  • 探偵事務所に電話・メールで無料で相談する
  • 探偵事務所に調査を依頼する
  • 専門のカウンセラーで心のケアもできる
  • アフターフォローで弁護士も紹介してくれる

浮気・不倫の確実な証拠は不貞行為、肉体関係があることです。

家庭内別居中の不倫は夫婦関係が破綻していない証拠も必要です。

2つの証拠を自ら集めるのは非常に困難です。

調査のプロである探偵事務所に依頼するのが確実です。

探偵事務所に依頼して証拠を集めるまでについて知りましょう。

探偵事務所に電話・メールで無料で相談する

パートナーの浮気・不倫問題に悩み、証拠を掴みたいと考えたら探偵事務所に相談しましょう。

来店する必要はなく、電話・メールで大丈夫です。

大手の探偵事務所だとフリーダイアルがあるので通話無料です。

また完全匿名で相談できるので、個人情報を伝える必要はありません。

なお、会話するのに抵抗があるなら、メールで相談するのがおすすめです。

文章の方が冷静に伝えられるメリットもあります。

なお、相談は無料です。

探偵事務所に調査を依頼する

相談して探偵事務所に現在の状況を伝えたら、事前カウンセリングします。

浮気しているパートナーと浮気相手の情報や2人が会う機会が多い、曜日・時間などを探偵に伝えます。

探偵はプロなので、カウンセリングから依頼者にピッタリの調査プランを提案してくれます。

浮気調査には大きく分けて2つのプランがあります。

なお、夫婦関係が破綻していない証拠の掴む依頼についても対応してくれます。

時間制プラン

探偵1人、1時間で何千円と料金が明瞭なのが時間制プランです。

パートナーと浮気相手が会い、不貞行為をする日時が特定しやすい依頼に適しています。

完全成功報酬プラン

不貞行為の証拠が掴めなければ費用が一切発生しないのが完全成功報酬プランです。

比較的、時間制プランより難しい調査依頼に適しています。

一般的に時間制プランよりも費用は高いですが、確実に証拠を掴みたい依頼者にはおすすめです。

専門のカウンセラーで心のケアもできる

浮気・不倫専門のカウンセラーが在籍している探偵事務所もあります。

調査を依頼しても証拠を掴み、浮気・不倫問題が解決しなければ傷ついた心は癒されることはありません。

また、調査時は証拠が掴めるか不安になります。

そんな時に専門のカウンセラーがいれば心のケアになります。

アフターフォローで弁護士も紹介してくれる

探偵事務所は証拠を掴むだけでなく、アフターフォローとして弁護士を紹介してくれます。

家庭内別居中でも夫婦関係が破綻していない、パートナーの不貞行為の証拠を集めた後の離婚、慰謝料請求もスムーズに進めることができます。

また、警察OBが協力してくれることもあり、パートナーの暴力行為など万が一の事態になることも未然に防げます。

まとめ【家庭内別居中に不倫をされた場合も証拠が必要】

家庭内別居中にパートナーに浮気・不倫された場合は、普通に同居しているよりも証拠を集めるのが大変です。

加害者であるパートナーや浮気相手も「夫婦関係は破綻していた」と言い逃れしやすい状況ではあります。

しかし、証拠さえ集めれば離婚、慰謝料請求を有利できます。

家庭内別居中に浮気・不倫された際でも諦めずに、探偵事務所に相談してみましょう。

相談した結果、夫婦関係が破綻していない、不貞行為も証明できる可能性もあります。

お問い合わせ
【全国に18店舗展開!】浮気調査が得意なHAL探偵社へ無料相談!
【成果報酬型】不貞の証拠が無ければ0円だから安心!

この記事に関連する記事