離婚調停中に相手の浮気発覚!慰謝料請求が出来るケースと必要な証拠とは

公開日:2020/07/25
カテゴリ:
関連タグ:

浮気をする人の中には、離婚調停中に浮気をする人も存在します。

結婚生活中の浮気なら、その浮気で慰謝料の請求が可能になるのが一般的です。

しかし、離婚調停中の浮気というのは、慰謝料が請求出来るケースと慰謝料が請求出来ないケースに分かれます。

この記事では、そんな離婚調停中の浮気に対しての、慰謝料請求について紹介していきたいと思います。

また、離婚調停中に相手の浮気が発覚した場合に取るべき行動なども解説していくので、是非参考にしてみて下さい。

離婚調停中の浮気は罪に問われるの?

人のイメージ画像

離婚調停中でも、まだ夫婦としての関係に変わりはありません。

なので離婚調停中に他の異性と交際したり肉体関係を持ってしまうと、それが不貞行為に当たることもあります。

離婚調停中でも結婚中とみなされるので、結婚中に浮気をするのと同じことです。

離婚調停中の浮気は慰謝料の請求が出来ることもあるので、離婚調停中に相手が浮気して精神的苦痛を味わったなら、慰謝料請求をしてみて下さい。

離婚調停中に浮気された|慰謝料請求は出来るの?

人のイメージ画像

先程紹介した通り、離婚調停中でも相手が浮気をした場合は慰謝料の請求が出来るケースもあります。

ここでは、離婚調停中の浮気について慰謝料の請求が出来るケースと難しいケースを紹介していきたいと思います。

離婚調停前から不倫をしていた場合は請求可能

離婚調停中の慰謝料請求に関しては、「その不倫がいつから行われていたか?」というのも重要になってきます。

不倫関係が始まった時期が、離婚調停前だったり、夫婦関係が良好だった頃だった場合は、慰謝料の請求が可能です。

離婚を承諾していない場合は請求可能

相手から一方的に離婚を切り出されたのであれば、離婚調停中でも慰謝料請求することが出来ます。

こちらに夫婦関係を修復したいという意思があり、離婚に反対しているのであれば、まだ夫婦関係が破綻している状態とは呼べないからです。

双方が離婚に合意している場合は請求が難しい

双方が離婚に合意した後に初めて不倫したり、離婚調停前から夫婦関係が破綻している状況だった場合は、慰謝料の請求は難しくなることがあります。

別居期間が長い場合は請求が難しい

仕事による単身赴任や親の介護など、正当な理由で別居しているのであれば慰謝料請求は可能です。

しかし、上記のような理由なしで5年以上も別居している場合は、夫婦関係が破綻しているとみなされて離婚調停中の慰謝料の請求が難しくなります。

また、一緒に住んでいても「相手の予定を把握していない」「会話が極端に少ない」場合は、夫婦関係が破綻していると判断されるので慰謝料請求は難しくなります。

離婚調停中に相手の不倫が発覚した場合に取るべき行動

人のイメージ画像

先程も紹介した通り、離婚調停中の浮気に対して慰謝料請求が出来るケースもあります。

ここでは、その慰謝料請求をするために、こちらが取るべき行動を紹介していきたいと思います。

浮気を疑っていることを本人にバレないようにする

こちらが浮気を疑っていることを相手に知られてしまうと、「バレてるから不倫相手と会うのをやめる」という行動を取られることが多いです。

そうなってしまうと、相手の浮気の証拠を集めるのが難しくなります。

相手の浮気をもし知ったとしても、こちらが浮気を疑っていることを相手に知られないように振る舞うようにして下さい。

浮気を疑っているのを相手に知られている状況と、知られていない状況では、浮気の証拠を集めるための労力が大きく変わってきます。

証拠を集めるまでは、バレないように自然な態度で接するようにしましょう。

浮気の証拠を集める

上記で紹介した浮気の証拠は慰謝料を請求する時に必要になるものです。

浮気の証拠が無ければ、慰謝料の請求をすることは難しくなってしまいます。

また、証拠を提出する時は、出来るだけ不貞行為があったことを認められやすい証拠を提出するようにしましょう。

不貞行為があったことが認められやすい証拠とは、「浮気相手とラブホテルに入っていった写真」だったり、「肉体関係があったことを示唆するようなメールのやりとり」などが有効になります。

不貞行為があったことを認められると慰謝料請求をスムーズに行うことが可能です。

証拠を集める時は、不貞行為を証明する証拠を集めるようにして下さい。

離婚調停中にバレずに浮気調査を行うには

人のイメージ画像

自分で浮気調査を行うのは、バレるリスクのある行為です。

調査をしているのがバレてしまうと、先程紹介した通り証拠を集めるのが難しくなってしまいます。

出来るだけ自分で浮気調査をして証拠を集めようとするのはやめるようにして下さい。

バレずに浮気調査をしたいなら探偵に依頼するのがおすすめです。

ここでは、探偵に浮気調査を依頼するメリットをいくつか紹介していくので、是非参考にしてみて下さい。

探偵事務所に依頼しよう

探偵に浮気調査を依頼することで、多くのメリットを得られます。

  • 相手にバレるリスクが無い
  • 私生活に影響を及ぼさずに証拠を集められる
  • スピーディーに証拠を集めてもらえる

特に、相手にバレるリスクがないというのは、大きなメリットと言えるでしょう。

自分で浮気調査を行うと相手に顔を知られているので、大胆な行動が出来ません。

そこまで近づくことも出来ないので、証拠を撮影しようと思っても遠目からのハッキリしない写真になってしまうことがあります。

しかし、探偵に依頼することで、相手に顔を知られていないのである程度大胆な行動が出来るのです。

近くから撮影した鮮明な写真や動画を証拠として提出出来るので、慰謝料の請求も認められやすくなります。

また、探偵事務所に依頼するにはある程度まとまった料金が必要になってきます。

この料金がネックになり、依頼を断念する人も多いです。

しかし、この調査費用は慰謝料請求が認められれば、相手に負担してもらうことが可能です。

料金面で断念するような人は、こういったことを頭に入れて依頼するかを考えてみて下さい。

浮気調査が得意な探偵事務所とは:HAL探偵社

HAL探偵社のイメージ画像

探偵事務所の中でも大手であるHAL探偵社は、浮気調査を得意としています。

ここでは、そんなHAL探偵社について解説していきたいと思います。

  • 調査成功率が高い
  • リーズナブルな時間制プラン
  • 完全成功報酬プランがある
  • 調査報告書を作成してもらえる

調査成功率が高い

HAL探偵社はこれまでに多くの調査を行っており、高い調査成功率を残しています。

調査成功率は97.6%と、ほぼ成功させていると言っても過言ではありません。

「出来るだけ成功率が高い探偵事務所に調査の依頼をしたい」という人は、HAL探偵社を選んでみて下さい。

リーズナブルな時間制プラン

浮気調査の費用は、安くはありません。

ある程度まとまった金額が必要になり、先程紹介した通り慰謝料請求が認められれば返ってくると言っても、まずはこちらが負担しなければなりません。

なので、料金が高い探偵事務所だと、まとまったお金を用意出来ずに依頼することが出来ないという人も出て来ます。

しかし、HAL探偵社ではリーズナブルな料金で調査をしており、金銭的な負担を減らすことが可能です。

HAL探偵社の時間制プランは、調査員1名1時間6,000円という料金で、この料金は破格と言っても良いでしょう。

他の事務所だと、この倍以上の料金を求められることもあります。

金銭的負担を減らしたい人は、HAL探偵社がおすすめです。

完全成功報酬プランがある

HAL探偵社には、時間制プランだけではなく完全成功報酬プランというものも用意しています。

完全成功報酬プランとは、調査に成功した時だけ料金を支払うもので、調査に失敗した時は料金を支払わなくても良いというプランです。

調査に失敗したのに料金を支払うというのは、完全に無駄な出費になります。

「無駄な出費を支払うのが嫌だ」という人は、こちらの完全成功報酬プランを選ぶようにして下さい。

調査報告書を作成してもらえる

HAL探偵社では、浮気調査をした後に調査報告書を作成してくれます。

調査報告書には、対象者の行動が細かく記載されており、これは裁判でもそのまま使用することが可能です。

また、調査後に慰謝料請求をスムーズに行うために、弁護士の紹介もしてもらえます。

アフターサポートをしっかりと行ってくれるのも、HAL探偵社が支持されている理由の一つです。

まとめ

離婚調停中の浮気は、慰謝料の請求が出来るケースがあります。

しかし、そのためには相手が浮気をしているという証拠が重要になってきます。

この証拠は、自分一人で掴み取るは非常に難しいものです。

相手の浮気の証拠を集めたい人は、この記事で紹介したHAL探偵社に依頼して、証拠を集めてもらいましょう。

HAL探偵社では、依頼者のために親身になって調査してくれます。

この記事でも紹介した通りアフターサポートも充実しているので、調査後の対応に不安を感じている人にもおすすめです。

HAL探偵社へ無料相談
1時間6,000円から調査が可能!
お急ぎの方は電話が便利です

この記事に関連する記事