浮気の盗撮・盗聴は犯罪になる?浮気の証拠をおさえるべき3つの理由とは

公開日:
関連タグ:

パートナーの浮気を疑った時、相手に浮気を認めてもらいたい時、有利に慰謝料請求したい時。
それらすべてのケースで重要になるのは、浮気の証拠です。

客観的な浮気の証拠を掴むために探偵が実施する調査方法のひとつに、盗撮や盗聴があります。

今回の記事では、盗撮・盗聴について、その合法性や方法、浮気調査での重要性について説明していきます。

目次

盗撮・盗聴は違法に当たるのか?

盗聴器の画像

盗撮や盗聴と聞くと「ストーカー」「犯罪行為」というイメージが先行して、違法行為なのではないかと思う人もいるかもしれません。
実は、盗撮・盗聴「それ自体」が違法になることはほとんどないのが事実です
ここでは、盗撮・盗聴の定義や犯罪行為となるケースについてご紹介します。

盗撮の定義とは

盗撮とは、「被写体となる人間の了解を得ずに勝手に撮影を行うこと」と定義付けられています。
ただし、この定義に当てはまるもの全てが違法になるわけではありません
具体的には、東京都の条例においては、盗撮を「正当な理由なく、人を著しく羞恥させ、又は人に不安を覚えさせるような行為であって、人の通常衣服で隠されている下着又は身体を、写真機その他の機器を用いて撮影し、又は撮影する目的で写真機その他の機器を差し向け、若しくは設置すること」と定義されています。

盗撮として犯罪になるケース

上の定義を見ると、「盗撮=犯罪」というわけではないことがわかります。
法律に盗撮や盗聴行為そのものへの罰則はなく、盗撮・盗聴器の販売や、購入・所持・使用も、それだけでは違法にはなりません。
盗撮で罪に問われる行為は、「相手の許可を得ず不快な思いをさせる撮影」盗聴で罪に問われる行為は、「盗み聞きして知り得た情報を第三者に漏らす」行為にあたります。
盗撮や盗聴によって得られた情報を正当な理由で扱うことは、違法ではありません。
例えば、妻が浮気している疑いがあり、調査目的で家族の車に機器を設置し、盗撮や盗聴を行うのは合法なのです。

盗撮・盗聴とみなされる具体例

ここでは、盗撮・盗聴が犯罪としてみなされた具体例をご紹介します。

  • 電車の中で、女性のスカートの中を撮影する(迷惑行為防止条例違反)
  • 都内のエスカレーターで、女性のスカートの中を撮影しようとスマホを差し向けたが  実際に撮影まではしなかった
     (東京都では撮影しなくとも迷惑行為防止条例違反にあたる)
  • 喫茶店の男女共用トイレに小型カメラを設置
     (迷惑行為防止条例違反及び建造物侵入罪)

上記はすべて、 「相手の許可を得ず不快な思いをさせる撮影」に当てはまることがわかりますね。

盗撮・盗聴するための手段

カメラの画像

ここでは、探偵が盗撮・盗聴に用いる特殊な道具についてご紹介します。

盗撮アイテム:小型隠しカメラ

探偵は証拠を掴むために、対象者にバレないような自然で小さな隠しカメラを使用します。

小型隠しカメラのメリット

1)小型だからバレにくい
小型カメラの最大のメリットは、対象者にカメラの存在がバレにくいことでしょう。
超小型となると、指先ほどの大きさで、気づかれる可能性はほとんどありません。

2)様々な用途で使用できる
小型隠しカメラは、浮気現場を押さえること以外にも、様々な用途で利用されます。
例えば、防犯、監視、ドライブレコーダーとしても使うことも可能です

3)簡単に設置可能
設置方法が非常に簡単なことも小型カメラのメリットです。
カメラの購入後、マイクロSDカードを挿すだけで撮影開始できます。

機能別カメラの選び方

ここでは探偵が利用するカメラを、機能別で紹介します。

超小型タイプ

とにかく対象者へのバレにくさを優先したいという場合には、超小型タイプのカメラを利用します。
カメラの大きさが小さくなればなるほど機能は限られますが、バレるリスクを限りなくゼロに近づけられます。
レンズ部分にミラーが貼られたり、レンズが隠されていたりするものもあります。
多くの超小型カメラの撮影時間はおよそ1~2時間程度と短めですが、検知センサーにより人の動きがある時にのみ起動し、充電の消費を抑える機能が付くタイプもあることを知っておきましょう。

大容量バッテリータイプ

充電できない場所で長時間撮影する場合に利用されるのが、大容量の内蔵バッテリータイプカメラです。
10時間近く起動可能なものもあり、例えば室内、車内など、対象者が長時間滞在する場所に設置されます。

特殊なバレにくいデザインのカメラ

バレずに長時間撮影したい時に使うのが、日常的に使う小物に内蔵されるような、非常に精巧にできた小型カメラです。
例えばボールペン、USB、置き時計型、モバイルバッテリーに扮したものがあります。

スマホで遠隔操作できるタイプ

撮影した映像をスマホでリアルタイムに見たい場合には、遠隔操作タイプを利用します。
専用アプリをダウンロードすることで、カメラとスマホがwi-fi接続され、離れた場所からでもカメラを見て、切り替え操作なども可能です。

盗聴アイテム

次は、盗聴器についての紹介です。

盗聴用ボイスレコーダー

周囲で発生する音を高感度マイクで集音し録音できる盗聴用ボイスレコーダー
「音声起動モード」と呼ばれる、音を感知すると自動的に録音を開始し、音が感知できない時は自動的に録音を停止するという便利な機能が搭載されているものもあります。

コンクリートマイク

コンクリートマイクは、音が壁や床に伝わる原理を利用しながら盗聴します。
壁や床に伝わる音を聴診器のようなマイクで集め、集めた振動を増幅させて音声化します。
盗聴した音声は、証拠としてボイスレコーダーに録音することもできます。

スマホのボイスレコーダー機能

お手持ちのスマホにも、ボイスレコーダー機能はついています。
レコーダーの用意がない状況で、何か証拠になりそうな音声を聞いた場合には、とりあえずの手段としてスマホのボイスレコーダー機能を使うことをオススメします。
盗聴専門の道具ではありませんが、咄嗟の時には便利です。

浮気・不倫の証拠が重要な3つの理由

考える女性の画像

ここでは、浮気や不倫において、写真や声などの証拠が重要となる3つの理由を紹介します。

  • パートナーと浮気相手に浮気を認めさせる
  • 慰謝料請求で有利になるため
  • 離婚請求を拒否された場合

パートナーと浮気相手に浮気を認めさせる

浮気の証拠があると、パートナーと浮気相手にその事実を認めさせることが可能になります
いくらパートナーの浮気に気付いて問い詰めたとしても、「証拠がない」と言われてしまえばそれまでです。
また、証拠をもって浮気相手が誰なのかを特定できれば、パートナーの嘘を見抜くことも可能になります。
客観的な浮気の証拠があれば、誰にどのような責任があり、なぜ浮気に至ったのかということを明らかにすることができるのです。

慰謝料請求で有利になるため

裁判で浮気の慰謝料請求を請求するためにも、証拠は必要になります。
パートナーと浮気相手、どちらに責任があり、どのような経緯で浮気に発展したのかを明らかにすることで、慰謝料の請求先を確定できます。
依頼者が婚姻中・婚約中だった場合は、浮気相手に故意や過失が合った場合、慰謝料の請求が可能です
ここで言う故意とは、「相手に配偶者・婚約者がいることを知った上で浮気をした」という場合、過失とは「相手に既婚者かどうか確認しなかった」という場合です。
上記の場合には、証拠をもってパートナーと浮気相手に慰謝料の請求が可能となります。

離婚請求を拒否された場合に有利になる

浮気の証拠は、離婚請求する際にも有利に働きます。
浮気調査の依頼者の多くは、浮気が明らかになると、離婚の決断を下すと言います。
しかし、パートナーがすんなりと承認するとは限りません。
「反省した」「やり直したい」などと言われ、パートナーに離婚を拒まれた場合には、裁判において離婚を認めさせる必要があります。
「パートナーの浮気が原因で夫婦関係が破綻した」という客観的な証拠があれば、裁判においてもスムーズに離婚が成立するケースが多いです。

探偵に浮気調査・不倫調査を依頼する5つのメリット

スーツの男性の画像

実は、盗撮や盗聴で入手した証拠は、裁判に持ち込んでも必ずしも裁判で認められるわけではありません。
探偵であれば「裁判で利用できる」ことを満たす証拠を掴むため、安心できます。

では、探偵に浮気・不倫調査を依頼すると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?
ここではそのメリットを1つずつお伝えします。

  • 1)依頼すれば後は報告を待つだけ
  • 2)相手に気づかれるリスクが無い
  • 3)裁判で有力な証拠が手に入る
  • 4)報告書をそのまま証拠として使用できる
  • 5)調査結果を早く知ることができる

1)依頼すれば後は報告を待つだけ

浮気調査とひと口に言っても、その内訳を見てみると、一つひとつの作業はとてもお金と労力がかかるものです。
例えば、自分で調査を実行するとなると、上で紹介した盗撮・盗聴の道具も自前で用意する必要があります
USB型盗撮機は安いもので1万円〜さらにそれを録音するレコーダーが1万円、さらに相手の行動を把握する必要があれば小型GPSなども必要になってきます。
これらの機器をすべて自分で用意するとなると、かなりの費用が必要になります。
さらに、相手にバレないように気を使いながら設置し、確認作業をしなければなりません
かなり労力を使う作業であることが想像できるのではないでしょうか。
一方、探偵に浮気調査依頼をすれば、結果報告を待つだけです。
パートナーの浮気を疑っている状態というのは、精神も不安定になる人が多いです。
そんな時には、調査はプロに任せてしまい、自分を労ることも大切です。

2)相手に気づかれるリスクが無い

自分で浮気の証拠を掴もうと、パートナーの追跡をしようと考えることもあるかもしれません。
しかしそれは、相手にバレてしまう危険性があまりにも高い行為です。
一瞬でもパートナーの視界に入ってしまうと、相手は追跡を察知し、その後の調査がよりやりにくくなってしまいます。
一方、探偵は追跡のプロ。
相手に張り込みを悟らせることなく、適切な距離感を保ちながら尾行します
調査がバレることはまずないでしょう。

3)裁判で有力な証拠が手に入る

探偵は、浮気調査のプロです。
探偵は、どのような証拠が裁判で有力になり得るかを熟知しています。
裁判で利用できるような証拠を徹底して収集し、依頼者の有利になるようにまとめてくれます。

4)報告書をそのまま証拠として使用できる

探偵は、依頼者に調査結果を報告書としてまとめます
証拠として利用できる報告書に則って作成するため、そのまま裁判などでも利用可能です
よって、自分で資料を作る手間がなく、より確実に有効な報告書が簡単に手に入るというわけです。

5)調査結果を早く知ることができる

やはり、調査のプロの腕にかかると、自分で行うよりも圧倒的に早く結果を知ることができます
そのスピード感により、離婚するのか、慰謝料を請求するのか、話し合って復縁するのかというような意思決定をスムーズに行うことが可能となるでしょう。

浮気調査はHAL探偵社へ|選ばれる4つの理由

HAL探偵社の画像

パートナーの浮気を疑ったとき。
盗撮・盗聴の必要性を感じても、自身で機器を用意したり設置したりするのは、なかなか難しい部分があります。
なんとか浮気の証拠を掴みたい、でも自分の力だけでは不安がある…。
そう思った際にはHAL探偵社へお任せください。
以下でHAL探偵社の4つの強みをご紹介します。

調査成功率97.6% 業界屈指の調査力

HAL探偵社は、調査成功率97.6%という圧倒的な調査力を誇っています。
解決実績は4万件を優に超え、多くのお客様の問題解決に取り組んでいるベテラン探偵事務所です。
磨き抜かれた調査技術と蓄積されたノウハウをもって、確実にパートナーの浮気の実態を掴んでくれます

1時間6000円【時間制プラン】

相談料0円、調査費用 1時間6000円/1名
この明白な調査費用が、HAL探偵社の大きなポイントです。
広告費やユニフォーム、無駄な機材などの費用を徹底的にカットすることで、他社のおおよそ約半分以下まで調査料金を下げています
HAL探偵社では、他社にはない「調査料金後払い制」を採用しています。
時間制プランでは、成果をご確認いただいてからお支払いいただくため、ご安心してご依頼いただけるのではないでしょうか。

不貞の証拠が撮れなかったら0円!【完全成功報酬プラン】

HAL探偵社では、完全成功報酬プランを用意しています。
このプランでは、浮気調査の結果、浮気相手と密室に行かなかった、浮気相手とは会っていなかったなど、不貞行為の証拠を押さえられなかった場合には、調査料金を一切請求されません。

全国47都道府県、最短即日対応

HAL探偵社では、全国47都道府県での浮気調査に対応しています。
どの地域であっても料金は同一価格、24時間受付可能です。
もちろん、浮気調査だけでなく、様々な緊急調査も受けてもらうことが可能です。

まとめ【浮気調査はプロに依頼するのが確実】

スーツの女性の画像

ここまで、浮気調査における盗撮、盗聴について説明してきました。
盗撮、盗聴それ自体は違法行為ではなく、浮気調査などで利用するためであれば合法として認められることがほとんどです。

しかし、自分で機器を揃えてパートナーにバレないように盗撮、盗聴を行うのは至難の技です。

もしも浮気や不倫の疑いがある場合には、浮気調査のプロである探偵に依頼することをオススメします

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「浮気 盗撮」に関してよくある質問を集めました。

浮気の証拠をおさえるための盗聴や盗撮は違法になりますか?

盗撮や盗聴という行為自体が違法とはならないのが事実です。それを踏まえたうえで、違法にあたるケースとして挙げられるのは、相手に不快な思いをさせる撮影です。

具体的に、盗撮・盗聴が犯罪とみなされるケースは何がありますか?

例えば、「電車内で女性のスカートの中を盗撮する」、「喫茶店の男女共用トイレに小型カメラを設置する」といった行動を取った場合には犯罪にあたります。

盗聴するためのアイテムにはどのようなものがありますか?

盗聴するための盗聴器にはいくつか種類があります。代表的なものが「盗聴器アイテム」。その他に「コンクリートマイク」や「スマホのボイスレコーダー機能」があります。

浮気をパートナーに認めさせるには、証拠が必要でしょうか?

パートナーに浮気を認めさせるには、決定的な「浮気の証拠」は必須です。証拠なしの状態では、パートナーから言い逃れされる可能性も高まるでしょう。

HAL探偵社へ無料相談
1時間6,000円から調査が可能!
お急ぎの方は電話が便利です

この記事に関連する記事