遠距離不倫をする人の特徴|単身赴任が原因?見抜く方法と対策

公開日:
カテゴリ:
関連タグ:

遠距離不倫とは

カップルのイメージ画像

遠距離不倫とは、遠距離で不倫をしているということです。遠距離不倫をしてしまう特徴・原因・キッカケをご説明します。

遠距離不倫の特徴

不倫をした側:目の届かないところで出来る

不倫をされた側:会う頻度が少ないので気づきにくい

遠距離で不倫をしている場合は自分で暴露しなければほとんど相手にバレることがありません。不倫をされた側も、遠距離の状況では確認のしようが無いので気づきにくいでしょう。

遠距離不倫をしてしまう原因は?

・顔を合わせる機会が減ってしまった

・いたわりや感謝の言葉が無くなる

・単身赴任先まで会いに行かない

顔を合わせる機会が減ってしまった

長期の出張や単身赴任の場合、パートナーと会う機会は減ってしまいます。

そうなると仕事が終わって家に帰っても1人で食事をしたり、休みの日を過ごしたりしなければなりません。数日なら寂しくないかもしれませんが、会えない状況が何か月も続くとなると堪えられなくなり不倫に走ってしまうようです。

いたわりや感謝の言葉が無くなる

LINEなどで連絡を取っても相手への労わりや感謝の言葉が全く無く、パートナーにやって欲しいことや日々の愚痴だけになったら辟易としてしまいますので、連絡を取る時でもその内容はしっかりと考えることが大切です

疲れて帰ってきてマイナスな話をしたらどう思うか、自分はパートナーに対して感謝の気持ちをきちんと持てているか、また感謝の気持ちを伝えることが出来ているかを一度見直してみると、日頃から相手にどのような態度を取っているかを省みることが出来ます。

単身赴任先まで会いに行かない

単身赴任先が遠いからと行かない人は相手への愛情が薄れていると指摘されても反論はしづらいでしょう。

夫婦になったからには「遠距離の場合は身体を壊していないか」「きちんと食事をしているか」など色々な心配をするものでしょう。時間があれば会いに行きましょう。

そして、単身赴任先まで会いに行った時には好物の料理を作り置きしたり、掃除や洗濯をしたりと家事を済ませたりすることによって言葉では表していなくても自然と気遣いが伝わるはずです

遠距離の夫婦が不倫をしてしまうキッカケ

・単身赴任先で出会った

・SNSや出会い系のマッチングアプリで知り合った

単身赴任先で出会った

単身赴任で遠距離になると以前よりも相手の心が見えなり、不安を感じることが多いようです。

物理的な距離が直接夫婦間の問題として響いてしまうケースも多々あり、単身赴任になると家族が壊れてしまうのではないかと心配になることも少なくありません。

夫婦間が上手くいかなくなると、その心の隙間を埋めるようにして不倫相手との付き合いが始まってしまうことが多く見られます。

特に遠距離の期間が長くなってくるとどんどん心の距離が遠くなり、夫婦でいることの意味も薄れてしまう方もいるようです。

SNSや出会い系のマッチングアプリで知り合った

先ほど説明したように、なかなかパートナーと会えなくなるとパートナーの代わりに寂しさを埋めてくれる異性と会いたくなるようです。そこで一番手っ取り早い方法が、SNSやマッチングアプリを利用することです。

男女共に無料で利用出来るアプリもあり、実際に相手のプロフィールや顔写真を登録しなければならないので、簡単かつ知り合いにバレる確率も少ないことから密かに利用している方が多いようです。

遠距離不倫をチェックする方法

カップルのイメージ画像

・探偵事務所に依頼する

・お金の使い方を確認してみる

・自宅に行って確認してみる

探偵事務所に依頼する

まずご紹介する方法は、探偵事務所に依頼をする方法です。自分で調査をしようとした場合、浮気を疑っていることが相手にバレるリスクもあります。

そうなると浮気の証拠が掴みにくくなったり関係が悪化したりするかもしれません。他にも遠距離だと土地勘が分からず、交通費や宿泊費などが余計にかかってしまうこともあります。

それに比べると探偵事務所は、費用は少し高くなるものの調査に関するプロなので相手にバレないかつ浮気の証拠となる写真や動画を確実に手に入れることが出来ます。

お金の使い方を確認してみる

夫が不倫をしている場合

ほとんど料理をしない男性が多いのでコンビニや外食などの食費はかかってしまうかもしれませんが、ある程度金額は一定のはずです。

しかし不倫相手ができることで、一緒に食事をしたり、出かけることが多くなるため1人で過ごしていた頃よりもお金を使う機会が多くなります。そのため、男性のお金遣いが荒くなったと感じた場合は不倫をしている可能性も考えましょう。

妻が不倫をしている場合

女性の場合は持ち物に注目してみましょう。
不倫相手の男性が貢いでくれることもあり、お金の使い方がほとんど変わっていないのに新しいブランド品や化粧品をたくさんを持っている場合は浮気をしているかもしれません。

自宅に訪問して確認したいこと

人のイメージ画像

単身赴任先で不倫をしているかどうかを見破る方法の1つに「家の中をチェックしてみること」があります。詳しく見て行きましょう。

・お風呂の排水溝を確認してみる

・調味料の種類を確認してみる

・家族の写真が飾ってあるかどうか

お風呂の排水溝を確認してみる

浮気相手の私物や痕跡が残らないようにと部屋をきれいに片づけている人であったとしても、男性であればなかなかお風呂の排水溝までは気が回らないものです。

そこで、掃除をしてあげるという名目で、排水溝の蓋を開けてみましょう

排水溝に長い髪の毛や、夫のものとは違う髪色の毛があるようであれば、かなり高い確率で浮気をしていると言えます。

調味料の種類を確認してみる

男性の中にも1人暮らしをしていて料理をするという人も多いかもしれませんが、男性の料理は基本的に味付けが単純なものが多く見られます。

料理がよほど好きな人でない限り、調味料が充実していることは少ないでしょう。

以前訪れた時よりも調味料の種類が増えているようであれば、浮気相手が来て料理をしている可能性もあります。

しかし、自分自身で購入しているケースもあるため、その調味料の使い方を聞いてみるのもよいでしょう

本当に料理をするのであれば受け答えは可能であり、もしも答えられないようで浮気相手が用意したものと考えられるでしょう。

家族の写真が飾ってあるかどうか

家族の写真や子供の写真が部屋に飾られていない場合には、もしかすると自分は独身であると伝えて浮気をしている可能性もあります。
その理由は、「実は結婚していた」なんてことを知ったら逃げられてしまうからです。そのため、家に飾る写真に限らずLINEやTwitterなどSNSのアイコンを急に変えた場合、浮気を疑ったほうが良いかもしれません。

遠距離不倫をしているひとの特徴

人のイメージ画像

・携帯やスマートフォンを手放さない

・常に誰かとやり取りをしている

・休みの日に外出することが増えた

・浮気を疑ってくる

携帯やスマートフォンを手放さない

今まで携帯を放置していたパートナーが最近になって「トイレやお風呂にまで持っていくようになった」なんてことはありませんか?

不倫をしているひとの携帯には、不倫相手とのメールのやり取りや2人で撮った写真などたくさん証拠が残っています。携帯を手放さなくなったのは、パートナーにバレることが怖くて見せないようにしている証拠です。

常に誰かとやり取りをしている

せっかく一緒にいるのにずっと携帯をいじっていたり誰かと連絡を取り合っている場合は浮気をしている可能性が高いです。

試しにさり気なく携帯を覗いてみたり、誰と連絡を取っているのか聞いてみましょう。浮気をしている場合は濁されてしまうはずです。

休みの日に外出することが増えた

もともと普段から1人でも外出することが多い相手は、これで判断することは難しいのですが、ほとんどの方は毎週のように外出することは少ないでしょう。

そのような方が毎週のように出かけるようになった場合、不倫相手の影響だと考えられます。

浮気を疑ってくる

自分が浮気をしている場合、相手にはされなくないという心理から浮気を疑ってくるケースが多くみられます。本命の相手と会う時は浮気をしていることがバレるかもしれないと敏感になり、相手の浮気を余計に疑ってしまうようです。

単身赴任中の浮気を防ぐ方法

離れていても不倫は防げる

探偵のイメージ画像

・一緒にいるという意識をもたせる

・日々の報告をする

・食事時間を共有する

・愚痴を聞いてあげる

単身赴任中で遠距離の場合には、毎日行動を見ているわけではありませんので不倫を防ぐ手立ては無いと考えてしまう人が多いのですが、防ぐ方法はいくつかありますので、自分たちの状況では何が効果的なのかをしっかりと見極めた上で試してみましょう

遠距離は常にアンテナを張り巡らせておかないとサインを見逃してしまうことも多いので気を張ることが多くなり疲れてしまう人もいますが、防止策をできるだけたくさん取り入れていれば精神的な安定も得られます。

疑心暗鬼になってパートナーを気遣えなくなるようなことは避けなければなりません。自分を安心させるためにも防ぐ方法を実践することが大切です

一緒にいるという意識

遠距離の場合に問題になるのが、物理的に離れているというだけでなく心の距離も離れてしまったように感じることです。

奥さんや子供と離れて暮らしていると開放感から1人での生活を満喫してしまう人もいますし、思うように連絡が取れないと奥さんの方も心が離れたように感じてしまいます。

遠距離であっても心は繋がっているという意識が大事です。こまめに連絡をやり取りして距離を感じさせないようにすることが大切です

電話をしても良いですし、LINEでメッセージをやり取りしても良いので、お互いを思い合っていることをしっかりと確認しながら毎日を過ごしましょう。一緒にいるという感覚を共有できれば浮気は防げます。

日々の報告をする

日々の出来事をこまめに相手に伝えても迷惑になるのではないかと躊躇してしまうことがありますが、遠距離の夫婦にはこの報告がとても大事です

子供の学校でのエピソード、嫌いな食べ物を食べられた、習い事で頑張った、パパへのお手紙を書いたなどを報告されると、仕事で疲れていても一気に吹き飛びます。

奥さんも、次に旦那さんが帰ってくる日を心待ちにしていると伝え、帰ってきた時に知らないことばかりだという風にならないことが重要です

些細な報告をすると仕事で疲れているのに迷惑をかけるのではないかと気遣うのも間違いではありませんが、電話でなくメールやLINEなどでメッセージを送れば好きな時に見ることができます。

食事時間を共有する

比較的帰宅時間の早い人なら、食事時間を共有するというのも浮気予防になりますのでおすすめです

テレビ電話のようにお互いの様子を見ながら食事を摂れれば一緒にいるような気持ちになれますので、時間が合えば試してみましょう。

お金がかかる方法では頻繁に出来ませんので、無料のSkypeがおすすめです。

テレビ電話なら、画面に映っているお互いを見てお喋りをしながら食事を楽しむことができ、何を食べているのかも分かります。

お互いの時間が合わない場合には朝ご飯でも構いません。

単身赴任をしていると食事の時間がもっとも寂しく感じるという人も多いので、この方法はかなり効果的です

愚痴を聞いてあげる

仕事などの愚痴を聞いてあげるのもかなり有効ですので、パートナーが愚痴を言い出したら面倒臭がらずに聞いてあげることが大切です

愚痴を言われると嫌な気持ちになる人も多く、そういう話なら連絡をしてこないで欲しいなどと思ってしまう人も多いのですが、愚痴を言うということは心を許している証拠ですし、誰にも言えない状況に置かれたら、それこそ浮気に走ることにもなりかねませんので、拒絶するようなことはせずに聞いてあげた方が良いと言えます

お問い合わせ
【全国に18店舗展開!】浮気調査が得意なHAL探偵社へ無料相談!
【成果報酬型】不貞の証拠が無ければ0円だから安心!

この記事に関連する記事