不倫やダブル不倫のキッカケや理由はこれ!対処法も紹介!

公開日:2019/12/10
カテゴリ:
関連タグ:
samune

ダブル不倫になるキッカケは?

人のイメージ画像

まずは誰もが気になる不倫やダブル不倫のキッカケとはどんなものか見ていきましょう!

社員同士で始まることが多い

まず代表的なシチュエーションの一つに同じ社員同士というパターンがあります。
当然ですが、通常の会社勤めのサラリーマンのようなお仕事をされている人であれば、1日のうちの8時間以上を会社などで過ごしますよね。
つまり1日のうちの1/3以上を会社で過ごしています。

そんな環境に異性がいれば、パートナーの方よりも長い時間一緒に過ごすことも多々あります。
それだけ共に時間を共有することになると、コミュニケーションをとることも多く、きっかけが多いことも容易に想像できるのではないでしょうか?

また、会社の同僚となると、同じチームで一つのプロジェクトに取り組むことも多いです。
共に課題に立ち向かい、一喜一憂を共有することでより絆が深まることも。

もちろんすべての人がそのまま恋愛感情になるわけではありませんが、それだけきっかけが多いことも事実です。

同窓会などの飲み会で意気投合

次に多いのが同窓会などの飲み会です。
普段結婚生活をしていると、あまり飲み会などには行けなくなりますよね。
異性がいる飲み会になれば尚更頻度は少なくなります。

そんな中で久しぶりの同窓会は自然に楽しめるいい機会ですが、実はここが不倫のきっかけになってしまうことも。

同窓会といえば久しぶりの友人や昔の片思いの人に会うこともあり、盛り上がりますよね!
そんな中で、特にお酒の場でもあり、盛り上がりやすい話題がパートナーの話。
結婚しているもの同士だと、パートナーの不満や愚痴で共感できることがあると、かなり盛り上がってしまうことも多いんです。

そんなお互い同じ悩みを抱えているもの同士で相談や話を聞き合ううちに意気投合して、関係が深くなっていき、男女の関係になってしまうこともあるかも知れません。

男女がダブル不倫をしてしまう理由は?

人のイメージ画像

ここまでは不倫やダブル不倫になってしまうキッカケを見てきました。
でもキッカケがあっても、ただそれだけで踏み込むほど簡単ではありません。
心理的に何がトリガーになって、一歩踏み込んでしまうのでしょうか?

旦那がダブル不倫(不倫)をする理由

まず、旦那側(男性)が不倫やダブル不倫をしてしまう理由を見ていきましょう。
主な理由は3つ。

・スリルを味わいたいから

・男としてモテていると実感したいから

・寂しいから

順番に見ていきましょう。

スリルを味わいたいから

男性の中には、スリルがあればあるほど、背徳感を感じ、魅力的に見えてしまう人が少なくありません。
そんな男性にとって、不倫、中でもダブル不倫という関係は、とんでもないスリルを味わえる関係です。
スリルを好む男性にとって、イケナイことだと思えば思うほどその誘惑は強くなっていくので、不倫やダブル不倫に手を出してしまうのです。

男としてモテていると実感したいから

またほとんどの男性は、心の奥底では常に男としてモテていたいと思っています。
結婚し、最愛の人と結ばれているにもかかわらず、より多くの女性からチヤホヤされたいと思っています。
特に結婚生活が長くなり、妻からの愛情表現が乏しくなると、自分に魅力がないのかと不安になり、他の女性に言い寄ってしまう人も少なくありません。

実はこんな些細なものでも不倫に手を出してしまうのが男性の本音なんです。

寂しいから

「男としてモテていると実感したいから」でも解説しましたが、男性はいつまで経ってもモテたい生き物です。
妻からの愛情表現や性交渉が少なくなれば、いくつになっても寂しくなってしまうものです。
そんな寂しさを抱えている時に、先ほど紹介したような会社や同窓会などの出会いが重なると不倫やダブル不倫に手を出してしまうのです。

妻がダブル不倫(不倫)をする理由

次に、妻側(女性)が不倫やダブル不倫をしてしまう理由を見ていきましょう。
主な理由は3つです。

・寂しいから

・旦那よりも魅力的な男性が現れたから

・旦那とマンネリ化しているから

順番に見ていきましょう。

寂しいから

旦那側の理由にもありましたが、妻側の不倫やダブル不倫の大きな理由にも「寂しいから」があります。
ただ男性と違うところは、男性は性的な不満で寂しさを感じるのに対し、女性は精神的な不満から寂しさを感じ、浮気や不倫、ダブル不倫に手を出してしまうことがあります。

結婚生活が長くなると、男女ともに愛情表現の機会は少なっていきますよね。
それが女性の浮気や不倫のトリガーになってしまうことが多いです。
そんな寂しさを埋めてくれる男性が身近にいたら、魅力的に見えてしまう気持ちがわかる女性も多いのではないでしょうか?

旦那よりも魅力的な男性が現れたから

また、結婚し、生活を共にするようになると、昔は見えていなかった相手の不満や嫌な部分が見えてきてしまうものです。
そんな時に、自分の好みの異性が現れてしまったら、気持ちが動いてしまうことも。
気づけば旦那とその異性を比べてしまい、悪いところが余計見えてしまうことも考えられます。
パートナーを長い時間を過ごし、よく知っているからこそ、他の異性が良く見えてしまい、不倫やダブル不倫に手を出してしまう女性も少なくないんです。

旦那とマンネリ化しているから

さらにはパートナーと共に過ごすことに慣れてしまい、あまりトキメキやドキドキ感を感じなくなってきてしまうマンネリ化がおきることがあります。
深刻になってくると、お互いに異性としての魅力を感じづらくなり、愛情表現や性行為自体も回数が減る、ほぼなくなってしまう、あるいは一方が性行為に対して否定的になったりしてしまいます。

そうなってしまうとセックスレスになってしまい、女性側も性的不満が溜まることになり、それが不倫やダブル不倫につながってしまうのです。

ダブル不倫のリスクとは

人のイメージ画像

ここまでは不倫やダブル不倫のきっかけやその理由を見てきました。
ただ実際にそんな関係になってしまった場合どんなリスクがあるのでしょうか?
その人の状況にもよりますが、代表的な大きなリスクはこの3つです。

・お互いに会社に居づらくなる

・家族や友人から痛い目で見られる

・慰謝料を請求される

詳しく見ていきましょう。

お互いに会社に居づらくなる(会社にいられなくなる)

仮に同じ会社での社内不倫の場合、周りにばれた場合はかなり会社にいづらくなることは、簡単に想像できますよね。
また最近では、社内規則で不倫行為が懲戒免職の対象になっている会社も少なくありません。
「ちょっとした出来心で…。」
「ドラマなどで見るからつい…。」
なんて軽い気持ちで社内不倫などに手を出すことがどれだけリスクがあるか、わかりますよね?

不倫やダブル不倫には、職を失うリスクがあることを知っておきましょう。

家族や友人から痛い目で見られる

さらに当然ですが不倫などが発覚しすれば、パートナーからはもちろん、家族全員からの信用がガタ落ちしてしまいます。

それだけにとどまらず、友人や知人に事実が広がれば、関係性が変わってしまうことも多いです。
友人や知人に家庭があれば、不倫やダブル不倫をしている友人と仲良くしているというのは気持ちの良いものではないですよね。
家族や友人などの人間関係を一瞬で失うことだって容易に起こります。

またダブル不倫であれば、二つの家庭が同時に崩壊する事態に陥ります。

不倫やダブル不倫が自身の家庭内だけの問題ではなく、様々な人間関係に対してもリスクがあることを知っておきましょう。

慰謝料を請求される

そして極め付けは、パートナーが法的に訴えれば慰謝料を請求されることです。
当然ですが、ただの彼氏彼女と法的に結婚している状態での浮気と不倫は全く扱いが違います。

法的に、離婚と共に損害賠償として、パートナーにはもちろん、不倫相手にも慰謝料を請求されることがあります。
ダブル不倫であれば、両方のパートナーからそれぞれ慰謝料を請求されることになります。

仕事を失い、家族や友人などの人間関係を失い、お金も失うリスクがあるのが、不倫やダブル不倫です。
これだけのリスクがある不倫(ダブル不倫)ですが、それでもしてしまう人がいるのが驚きですよね。

そしてもし万が一、自分のパートナーが不倫やダブル不倫をしていた場合、辞めさせるにはどうすれば良いのでしょうか?

旦那・妻のダブル不倫を辞めさせるには?証拠が必要!

カップルのイメージ画像

万が一、旦那や妻が不倫やダブル不倫をしているとき、それを辞めさせるにはやはり証拠が必要です。

パートナーのダブル不倫の証拠を掴むメリットは?

パートナーを疑ってしまう不安な気持ちに決着がつく

まず、浮気や不倫の可能性を疑っている時って何より不安な日常を過ごすことになりますよね。
男女関係になると一度疑い始めると、いろんなことを考えてしまうし、不安でマイナスな想像をしてしまうものです。
そんななか中途半端な気持ちに決着がつくという意味で、証拠を見つけることは重要です。

今後どうするか具体的に考えられ、行動に移せる

証拠がなければただ相手と話し合うにしても、相手に言い逃れされてしまうこともあるし、本当にただの勘違いだった場合、今後の関係性に影響してくるかもしれません。
そうならないためにも、証拠を掴むことで事実を確認しておく必要があります。
また、不倫やダブル不倫の事実が確認できれば、今後具体的にあなたがどうしていくかを考えることができるようになります。

次の一歩を踏み出すためにも、証拠はしっかり抑える必要があります。

証拠があれば慰謝料請求・裁判に有利になる

事実確認後、様々な選択肢がありますが、多くの人が取る手段が離婚や慰謝料の請求です。
その際には法律や裁判所などが関わってきますよね。
そこで重要なのが、不倫やダブル不倫を裏付ける物的証拠です。
証拠をしっかり準備することで、弁護士や裁判所もしっかりとした対応ができるようになります。

法律や裁判は感情では動かせない部分が多いです。
証拠の準備を怠ると、慰謝料が請求できなかったり、裁判の際に有利煮立てなかったりしてしまうので、気をつけましょう。

パートナーが反省するかも?

またもちろん子供のことなど色々な事情で、離婚せずに再スタートを切るという選択肢もあるかもしれません。
パートナーがとてつもなく反省し、もう一度やっていこうと思えるかもしれません。
ただそのためには相手の不倫やダブル不倫をしっかり辞めさせ、十分に話し合う必要がありますよね。
その際に再度相手を信じるためにも、相手がどんなことをしていたのか事実をしっかり確認しておくために、証拠をしっかり用意しましょう。

話し合うにしても、法的措置をとるにしても、再スタートを切るにしても、まずはパートナーがどんな裏切り行為をしているのか証拠を用意することが重要です。

証拠を掴むにはどうしたら良い?【HAL探偵社】へ相談

人のイメージ画像

しかし自分の力で、パートナーが必死に隠している不倫やダブル不倫の証拠を見つけることは難しいですよね。
常に共に生活していれば尚更です。
そんな時に頼れるのが探偵社です。

今回は探偵社の中でも、

・相談費用が0円

・全国展開している

・調査料金が明確

という探偵社を初めて利用する人にはとても優しい【HAL探偵社】を紹介したいと思います。

HAL探偵社の調査内容とは

HAL探偵社ではもちろん浮気・不倫調査を行なっていますが、それ以外にも様々な調査を行なっています。
大きく8つあるので、順番に見ていきましょう。

浮気・不倫調査

「いつもと旦那の様子がおかしい…?」「妻が浮気しているかもしれない。」
そんな疑いがあるパートナーの浮気・不倫調査を行います。

家出・行方調査

家出した子供や生き別れになった家族、お世話になったけど連絡先がわからない人など、行方がわからない人の居場所を調査します。

結婚信用調査

離婚率が1/3にと言われている中で、昨今の出会いはマッチングアプリや街コンなどまで広がっています。
結婚後に望まない事実を知ってしまう事態を防ぐため、パートナーを結婚前に調査します。

企業/個人信用調査

ビジネス上のやり取りには、企業間でも個人間でも信用が重要です。
取引の最中に倒産してしまうなんてあってはいけないですし、働いている従業員が横領などのルール違反をしていては会社の信用に関わります。
そんな疑いのある際に、企業や従業員個人の調査を行います。

素行調査

「最近子供の帰りが遅い」「仕事上の取引相手をしっかり知りたい」
そんな時に素行調査を行います。

盗聴発見調査

「自分の個人情報や会社の内部情報が漏れている..?」
その原因の一つに家や会社に盗聴器を仕掛けられている可能性もあります。
その際の盗聴器を発見する調査を行います。

ストーカー・嫌がらせ調査

「夜道で誰かにつけられている気がする。」
「無言電話や郵便物がなくなっているなど、嫌がらせ被害がある。」
そのような嫌がらせやストーカーを調査します。

その他調査

そのほかにも詐欺に関わる調査や学校でのいじめ問題など、様々な調査を行なっています。

HAL探偵社の料金表

時間制プラン 成果報酬プラン
基本料金 一人当たり6,000円/一時間 不貞の証拠が取れなければ0円
交通費(その他経費) 別途 別途
アフターケア 無料 無料
支払い 後払い 前払い

HAL探偵社にはプランが2種類あり、時間制プランと成果報酬プランがあります。
今回はそれぞれを表にまとめてみました。
時間制プランは料金が明確になっており、経費以外のこれ以上の請求はありません。
それに対して成果報酬プランは、不貞の証拠が撮ることができなければ一切の費用はかかりません。

また事前相談は通話やメール、直接でも無料です。またオンラインで無料見積もりを出すこともできます。
そのほかに気になる質問はこちらに詳しくありますので、ご確認ください。

初めて探偵社を利用するのは不安な方が多いと思いますが、今回紹介した【HAL探偵社】は事前相談などに費用もかからず、全国にも展開しており、料金も明確なのでおすすめです。
電話相談などもやっているので、まずは一度話を聞いてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回は不倫やダブル不倫のきっかけやその理由、リスク、対処法を紹介してきました。
どんなきっかけや理由でも、裏切られたパートナーや家族は必ず傷つきます。
家族やパートナーを守るために、間違いが起こらないようにきっかけになる場は避けたり、不倫やダブル不倫のリスクを知ることで、このような事態にならないようにしましょう。

またパートナーがどうしても不倫、ダブル不倫をしてしまっている可能性がある人は、一人で抱え込む事なく、まずは先に挙げたようにプロに頼ってみてはいかがでしょうか。
信じるために、調査を依頼する人も多いですし、調査結果で証拠が出ても、離婚までされる方は50%(HAL探偵社ホームページより)だったりします。
今後の人生のためにも、勇気を出して、プロの力を借りてみてください。

お問い合わせ
【全国に18店舗展開!】浮気調査が得意なHAL探偵社へ無料相談!
【成果報酬型】不貞の証拠が無ければ0円だから安心!

この記事に関連する記事