婚約破棄の慰謝料の相場は?高額請求する方法や請求の流れについて解説

公開日:
カテゴリ:
関連タグ:

婚約関係の状態の時にそれを破棄される「婚約破棄」。

この婚約破棄で慰謝料を請求できるというのは意外に知られていません。

婚約破棄では、そのケースによって慰謝料の額が大きく変動します。

ここでは、そんな婚約破棄の際の慰謝料について紹介していくので、慰謝料の請求を考えている人は、是非参考にしてみて下さい。

また、婚約破棄をする際の慰謝料請求で気を付けなければならないことも同時に紹介していきます。

これを守らなければ慰謝料請求が出来なくなってしまうので、こちらにも注意が必要です。

婚約破棄されて慰謝料を請求出来る7つのケース

泣いている新郎画像

  • 正当な理由が無い婚約破棄
  • 相手の不貞行為
  • 性格が合わないという理由での婚約破棄
  • 二人の相性が一致しないという理由での婚約破棄
  • 家風や家族が認めないという場合
  • 宗教的な理由での婚約破棄
  • 結婚式場をすでに予約していたり、結婚指輪を買っていた

二人の間に婚約が成立している状態で、どちらか一方が婚約を破棄する行為は、契約違反にあたります。

契約違反なので、婚約を破棄をされた場合は慰謝料の請求が可能になるケースがあります。

しかし、どんな場合でも婚約の破棄に対して慰謝料請求が出来るわけではありません。

慰謝料請求をするためには、婚約の破棄をすることに正当な理由が無いことが求められます。

噛み砕いて言うと、「正当な理由もなく相手の都合で婚約を破棄された場合」というケースに慰謝料の請求が可能になるのです。

逆に考えると、正当な理由があれば婚約破棄をしても、慰謝料の請求をすることは出来なくなります。

正当な理由というのは、「相手のDVや不貞行為」だったり、「失業をして経済力の極度低下」などです。

また、慰謝料の請求だけではなく、結婚をするために出費した費用があれば、そちらの金額の損害賠償請求も出来る場合があります。

上記で言いますと、「結婚式場を予約していた場合」や、「結婚指輪を購入していた」というケースです。

こういう場合は相手に損害を被った費用の請求が出来ます。

婚約破棄の慰謝料の相場はいくら?

説明する男性のイメージ画像

婚約破棄の慰謝料の相場はそのケースのよって違いが出てきますが、おおよそ50万円から300万円程度が相場だと言われています。

その婚約破棄の背景や精神的苦痛の度合いによって大きく金額が変わってきます。

婚約破棄で慰謝料の相場が高額になるケース

スーツの女性のイメージ画像

どの婚約破棄も同じ慰謝料の額になるということはなく、先ほども紹介した通り、その婚約破棄の背景やケースによって、慰謝料の額は大きく変動するのです。

ここでは、婚約破棄で慰謝料が高額になるケースをいくつか紹介していきたいと思います。

下記に当てはまるケースだと、相場よりも高い慰謝料を請求できることもあります。

  • 相手に不貞行為があった
  • 妊娠していた
  • 長期に渡る交際からの婚約破棄
  • 婚約破棄で健康状態が悪化した
  • 結婚の準備を進めていた
  • 相手の収入が高い

相手に不貞行為があった

相手が浮気をしていて、それが原因で婚約破棄に至った場合は、慰謝料の額が高くなるケースにあたります。

通常は、結婚をしていないカップルのどちらが浮気をしても、慰謝料の請求はできません。

しかし、婚約状態であることは夫婦と同様だと見られ、婚約状態では相手の浮気に対して慰謝料の請求が出来るのです。

妊娠していた

女性側が妊娠をしている時に婚約破棄をすることで、責任の重さから慰謝料の額が高くなりがちです。

そのまま出産をしても、一人で育てていくので経済的な負担は大きくなりますし、中絶を選ぶと、精神的に大きな負担になります。

長期に渡る交際からの婚約破棄

一般的に、交際期間が長ければ長いほど、慰謝料の額が高くなります。

長い間一緒にいて、相手に対する気持ちも大きくなったところでの婚約破棄というのは、精神的な負担も大きくなってしまいます。

また、結婚適齢期の婚約破棄の場合も慰謝料の額が高くなります。

婚約破棄で健康状態が悪化した

慰謝料というのは、その出来事での苦痛やダメージに対して支払われる額です。

もし、婚約破棄が原因で精神的苦痛を感じ、ストレスが溜まり精神的な病気になってしまった時は、慰謝料の額が高くなります。

婚約破棄が原因で鬱病になる人もおり、こういったケースは相場よりも高い慰謝料を支払ってもらえます。

結婚の準備を進めていた

結婚をするために準備を進めている段階での婚約破棄は、相手に対する損害やダメージが大きくなります。

例えば、「結婚をするから退職した」だったり、「結婚式の式場を決めたり結婚指輪を購入していた」というケースでは、相手に与える損害が大きいので、それを保証するために、高い慰謝料を支払わなければなりません。

相手の収入が高い

慰謝料というのは、慰謝料を支払う人の収入状態に比例して高くなることもあります。

相手の収入が多ければ多いほど、慰謝料の額も高くなり、その逆もあります。

収入が高い人に対して慰謝料を請求する際は、相場よりも高額になるケースがほとんどです。

浮気が原因で婚約破棄された場合|高額請求をする際の証拠集め

ケンカ中のカップルの画像

相手の浮気が原因で婚約破棄をする際は、浮気の証拠を集める必要があります。

浮気をしている証拠が無いのに「あの人は浮気をしている!」と追求しても、信じてくれる人はおらず、慰謝料の額が減るばかりか、0になることもあります。

浮気での慰謝料請求は、証拠集めが大事になるのです。

しかし、自分で相手の浮気の証拠を掴みとるというのは難しいことです。

長時間張り込みをしなければなりませんし、顔を知られている間柄なので、相手にバレずに尾行するというのは、かなり難易度の高い行為になります。

ここでは浮気の証拠を確実に集めたい人に向けて、おすすめの方法を紹介していきたいと思います。

こちらの方法を利用して是非浮気の証拠を簡単に集めてみて下さい。

  • 探偵事務所に依頼して証拠を見つけてもらう
  • 完全成功報酬プランの探偵事務所もある

探偵事務所に依頼して証拠を見つけてもらう

探偵事務所では、浮気調査という業務も行っています。

浮気調査とは文字通り「相手が浮気をしているか調査する」というものです。

もし浮気をしていたなら、そのまま証拠の写真などを撮影してくれるので、これを浮気の証拠として提出することもできます。

探偵事務所は、浮気調査のプロです。

高い調査成功率を誇っている事務所もあるので、「確実に浮気の証拠を集めたい」という人はそういった事務所を利用してみて下さい。

完全成功報酬プランの探偵事務所もある

一般的に浮気調査というのは、かなりの労力や時間がかかります。

そのため、探偵事務所によっては、高額な料金設定をしているところも多いのです。

また、「高い報酬を支払ったけど、結局浮気の証拠を集められなかった」ということもあり、「結局探偵事務所に無駄な金額を支払っただけで終わる」ということもあります。

しかし、中には「完全成功報酬プラン」というものを用意している事務所もあります。

完全成功報酬プランというのは、「浮気の証拠を集められなければ、報酬は支払わなくてもいい」というもので、「絶対に証拠を集めて欲しい」という人におすすめのプランです。

例えば、業界大手のHAL探偵社の完全成功報酬プランでは、「不貞の証拠を撮れなければ0円」と定められており、証拠を集めてもらった場合のみ金額を支払えばいいのです。

「探偵事務所を使って確実に浮気の証拠を集めたい」という人は、完全成功報酬プランを用意している探偵事務所を選ぶようにしましょう。

婚約破棄に対する慰謝料請求の流れ

検索している女性のイメージ画像

ここでは、婚約破棄に対する慰謝料請求の流れを紹介していきます。

請求はいつでも出来るものではなく、場合によってはスピーディーな対応も求められます。

請求をするとなったら、すぐに行動するようにしましょう。

  • 口頭で請求
  • 損害賠償請求訴訟を起こす
  • 時効があるのでスピーディーな対応を心がける

口頭で請求

いきなり裁判を起こすのではなく、まずは口頭で請求を行いましょう。

口頭で請求をすることで、相手が誠実に対応してくれる人なら、時間も費用もかけずに、慰謝料を掴み取れます。

損害賠償請求訴訟を起こす

口頭で請求をしても、相手が誠実な対応をしてくれないなら、調停や裁判を介して損害賠償請求をする必要があります。

もし、浮気で婚約破棄になった場合、裁判で証拠を必要とされることがほとんどなので、先ほど紹介した通り、探偵事務所に依頼して証拠を集めてきてもらいましょう。

また、裁判はかなり長期に渡って続くこともありますし、それなりに費用もかかります。

裁判をするときは覚悟を持って挑んで下さい。

時効があるのでスピーディーな対応を心がける

基本的に結婚破棄をされた日から3年間を経過してしまうと、時効により慰謝料請求ができなくなってしまいます。

時効の期間は伸ばすことも出来ますが、3年というのはすぐに経過してしまうので、慰謝料を請求したいと思ったらすぐに行動に移すようにしましょう。

慰謝料請求の時効が完成してしまうと、もらえるものがもらえなくなります。

精神的な苦痛だけ残るので、スピーディーな対応が求められます。

まとめ【婚約破棄で慰謝料請求をするなら早めに行動!】

割れたハートのイメージ画像

正当な理由が無い婚約破棄は慰謝料請求が可能です。

しかし、この慰謝料請求はいつでもできるわけではなく、先ほども紹介した通り基本的には3年という時効が定められています。

婚約破棄をされて悩んで落ち込んでいたり、うかうかしているとすぐに3年が経過してしまいます。

慰謝料の請求を考えている人は、時効にならないように早めの行動を心がけて下さい。

お問い合わせ
【全国に18店舗展開!】浮気調査が得意なHAL探偵社へ無料相談!
【成果報酬型】不貞の証拠が無ければ0円だから安心!

この記事に関連する記事