コロナ離婚が急増中!?コロナ離婚の原因や避け方をご紹介します

公開日:
関連タグ:

世界中で急速に拡大している新型コロナウイルス

日本でも感染拡大が止まらず、徐々に日常は失われつつあります。

この新型コロナウイルスの弊害はいろんな場所で出ており、男女の仲にも影響を及ぼしています。

新型コロナウイルスが原因で離婚や破局をしてしまった人も多いのです。

今回は、新型コロナウイルスが与える男女の仲への影響や、最近増えているコロナ離婚を避ける方法についてご紹介していきます。

急増する「コロナ離婚」「コロナ破局」を考える原因とは?

悩む女性の画像

ここ最近日本で急増しているコロナ離婚コロナ破局

なぜ新型コロナウイルスが原因で離婚や破局を選ぶ夫婦・カップルは多いのでしょうか?ここでは、その原因について触れていきたいと思います。

  • 自粛期間中の「離婚」「破局」が増える原因とは?
  • 「コロナ離婚」を防ぐために「一時避難所」が開かれるほど・・・
  • 浮気がバレてしまうケースも・・・

自粛期間中の「離婚」「破局」が増える原因とは?

経済的事情

コロナ離婚やコロナ破局が起こってしまう原因として、心理的な変化が挙げられます。

この心理的な変化というのは、いろいろな要因で起こることがあり、その要因の一つとして経済的事情が挙げられます。

新型コロナウイルスが原因で、稼ぎが少なくなってしまった人は非常に多いです。

中には職を失ってしまった人もいます。

収入を得られないことで、それが心理的ストレスになり、二人の関係にヒビが入ってしまうこともあるのです。

お金がないことが心理的な圧迫に繋がり、相手に強く当たってしまったり、相手を責め立ててしまうことも多いです。

お金がないからこそ、お互い協力することで、コロナ離婚やコロナ破局を防ぐことができます。

こういう時だからこそ協力して家計を二人で支える選択をしてみて下さい。

一緒に過ごす時間が増えることによるストレス

現在、日本ではテレワークが推奨され、夫婦が一緒に家にいる時間が増えたと言われています。

一緒にいる時間が増えたからこそ、揉め事も多くなり、それが原因で別れを選んでしまう夫婦やカップルも多いのです。

テレワークなどで自宅に二人でいる時間が増えた家庭では、互いにストレスを溜めない過ごし方が大事になってきます。

育児のストレス

現在、日本の学校は休校措置をとっている学校が多くなっています。

学校が休みということで、子供が家に居ることが多くなり、「育児でストレスが溜まってしまう」という親も増えています。

このストレスが原因で夫婦関係が悪化することもあり、特に、男性側が育児に積極的ではない家庭は強くそういった傾向になってしまうのです。

育児については夫婦でしっかり話し合う時間を設け、できれば二人で分担し、育児のストレスを溜めないようにしましょう。

危機意識の差

新型コロナウイルスは感染症ですので、人から人へ感染するという特徴があります。

パートナーからパートナーへ移ってしまうことが多く、どちらか一方が危機意識が低く外出を繰り返していると、その夫婦やカップル、もしくは子供がすぐに新型コロナウイルスに感染してしまうのです。

夫婦仲を円満にするためには、お互いの危機意識を統一しなければなりません。

この危機意識が統一されていないと、どちらか一方が相手に対して不満を抱いてしまい、それが離婚や破局に繋がってしまいます。

新型コロナウイルスが流行している世の中で、各家庭での予防方法や対策をきちんと話し合って、危機意識を統一しておく必要があるでしょう。

「コロナ離婚」を防ぐために「一時避難所」が開かれるほど・・・

コロナ離婚やコロナ破局を防ぐための、パートナーとの一時避難所を提供するサービスも登場しています。

一緒に居ることでストレスが溜まってしまった夫婦やカップルの一方が利用し、ここで夫婦やカップルで一緒に居るストレスを緩和したり、頭を冷やす時間を作っている人がいるのです。

夫婦やカップルの距離を空けるためのサービスなので、新型コロナウイルスが原因でお互いの仲が悪くなってしまった人は、一度利用してみるのもいいでしょう。

浮気がバレてしまうケースも・・・

なんと新型コロナウイルスが原因で浮気がバレてしまうケースもあります。

浮気相手と会っていたとき旅行へ行ったときに、浮気相手から感染するケースがあります。

新型コロナウイルスに感染してしまったら、感染経路を明確にするために、感染前2週間の行動履歴を保健所から詳しく聞かれることもあります。

基本的には守秘義務があり、外部へ漏らすことはありませんが、保健所の人と電話をしているところをパートナーに聞かれてしまい、浮気がバレてしまうというケースが急増しているのです。

浮気はバレないだろうと油断していたら、新型コロナウイルスの影響によってバレてしまうという思いもよらない世の中になっています。

実際にあった「コロナ離婚」を考えたエピソード

ここでは、実際にあったコロナ離婚を考えた事例をいくつか紹介していきたいと思います。

揉める夫婦の画像

  • 【事例①】テレワーク中の夫にイライラ
  • 【事例②】危機感が無さ過ぎる夫に失望
  • 【事例③】感染を恐れて「不倫」を暴露した夫

【事例①】テレワーク中の夫にイライラ

夫が在宅勤務になった夫婦のお話です。

妻は普段から家で仕事することが多く、そこで新型コロナウイルスの影響でで夫も自宅で働くことが増えていました。

そんな日が続き、毎食、妻が食事を作っていましたが、少しでもストレスを減らすために妻が夫へ「食事は分担しよう」と提案。

夫はしぶしぶその提案を受け入れ、食事を作るのは分担制になりました。

しかし、夫は「調味料はどこにあるの?」だったり、「食器や鍋を雑に扱いガチャガチャ音を立てる」だったりと、落ち着かず。

そのうち「料理は女がやるべき」という小言も言い出し、これがさらなる妻のストレスに繋がってしまいました。

その後は、もう妻が一人で料理を行っているようです。

こういう小さなストレスが積み重なって、離婚を考える妻も増えています。

夫婦で一緒に居る時間が多いからこそ、ストレスと上手く付き合うようにしましょう。

【事例②】危機感が無さ過ぎる夫に失望

夫婦の危機感の差が原因で、相手に失望してしまった人もいるようです。

外から帰ってきても、全く手を洗わない夫に、妻はイライラ。

子供からも「手を洗ってよ」と言われてるのに、適当に手を濡らすだけで終わらせる夫。

新型コロナウイルスは人から人へ移ってしまうので、旦那にはしっかりと手洗いをして欲しかったようですが、全く危機意識を持っていない旦那は相変わらず。

このような危機感のなさに失望して離婚を考えているようです。

【事例③】感染を恐れて「不倫」を暴露した夫

中には、不倫相手からの感染を疑い、不倫を自ら暴露してしまった夫もいます。

この夫は、長年不倫を続けており、新型コロナウイルスが流行中でもお構いなしに不倫をしていました。

そんなことを続けていると、夫に熱っぽさと咳が出始めるように。

夫は、不倫相手と逢引を重ねていたので、「不倫相手から移ったかも?」と思い、隠せないと悟った夫は妻に不倫についても洗いざらい暴露しました。

このように、この新型コロナウイルスが原因で、不倫がバレてしまうケースはかなり増えているようです。

このケースは自分から暴露した形ですが、自分から言うのではなく、感染経路特定の時にバレてしまうということも多々あります。

離婚するなら離婚慰謝料を請求しよう!

お金の画像

新型コロナウイルスが原因で増えている離婚。

しかし、離婚は計画性がなければ損をしてしまうことがあります。

ここでは、離婚の際に気をつけたいことをいくつか紹介していきたいと思います。

離婚をする場合の慰謝料請求について

浮気の「証拠」を持っていることが重要

離婚をする場合の慰謝料請求について

離婚をする時は、離婚原因がある側が相手側に対して慰謝料を支払う必要があるケースがあります。

不倫が原因で離婚をする時は、不倫をした側が相手側に慰謝料を支払い、精神的苦痛への償いをしなければなりません。

慰謝料は、相手に与えた精神的苦痛の度合いや結婚生活の長さによって違ってきます。

おおよそ、200万円から300万円あたりが相場だと言われています。

不倫の「証拠」を持っていることが重要

不倫が原因で離婚をするとなった場合に慰謝料を請求するときは、相手が不倫をしている証拠が重要になってきます。

証拠がないのに「あの人は不倫をしていた」なんて言っても、誰も信じてくれません。

不倫をしている証拠を用意して、不倫をしていることを相手に認めさせる慰謝料請求をするための必須条件として提示する必要があるのです。

相手の不倫が原因で離婚をする際は、いきなり離婚の話をするのではなく、まずは証拠集めをするようにして下さい。

不倫の確実な証拠を集めることで、離婚慰謝料をパートナーあるいは浮気相手にに支払ってもらうことが可能になります。

 

浮気・不倫の「証拠」を集めるならHAL探偵社へ無料相談

HAL探偵社の画像

不倫が原因で離婚をする時は、証拠が大事になると紹介しました。

しかし、この証拠を自分で掴み取るというのは、非常に難しいことです。

「相手を尾行して不倫相手との逢引き現場を写真に収める」というのは、労力や時間を犠牲にする行為ですし、何より相手にバレるリスクもあります。

相手にバレてしまうと、証拠を隠されてしまい証拠を収めることはできません。

しっかりと証拠を集めたい人は、探偵事務所へ依頼するのをおすすめします。

ここでは、探偵事務所の大手であるHAL探偵社についてご紹介します。

他の事務所よりも優れている部分が多いので、是非HAL探偵社を利用して、相手の不倫の証拠を掴み取ってもらいましょう。

  • 完全成功報酬で+後払い
  • 他社よりもお得な低価格
  • 匿名相談可能!
  • 調査成功率97.6%の業界トップの調査力

完全成功報酬で+後払い

HAL探偵社の浮気調査には、調査が成功した時のみ報酬を支払う「完全成功報酬プラン」を採用しています。

このプランを利用することで、相手の不倫の証拠を掴めたときのみ支払い義務が発生するので、無駄なお金を支払う必要がなくなります。

他の探偵事務所によってはなら、調査前に支払い請求があり、調査に失敗しても支払ったお金が返ってこないこともありますが、HAL探偵社の完全成功報酬プランでは、その心配はございません。

お金に関する不安がある人には、料金提示が明確であり「完全成功報酬プラン」を採っているHAL探偵社はおすすめです。

他社よりもお得な低価格

HAL探偵社の時間制プランは、他の探偵事務所と比較しても格安だと知られています。

1時間6,000円で利用できるので、安価に浮気調査の依頼ができます。

HAL探偵社は、コストパフォーマンスを重視する人から選ばれている探偵事務所なのです。

匿名相談可能!

このようなデリケートな問題を相談する時は、「名を明かしたくない」という人は多いです。

そんな人のためにHAL探偵社では、匿名相談も受け付けており、プライバシーもしっかりと配慮してくれます。

「他の事務所では名前を言わなきゃ相談に乗ってくれなかった」という人でも、安心して相談できるでしょう。

調査成功率97.6%の業界トップの調査力

浮気調査で重要なのは、「どれだけ成功するか?」という成功率です。

成功率が低ければ、浮気の証拠を掴み取ることができずに時間とお金を無駄にしてしまいます。

また、失敗して相手に調査を依頼したのがバレてしまうこともあり、浮気調査では「どれだけ成功させられるか」というのが最も重要になってきます。

HAL探偵社の浮気調査の調査成功率は、なんと97.6%という驚異的な数値を残しています。

探偵業界のなかでも優れた調査力を誇っているためこれだけの高い調査成功率を実現できているのです。

「失敗だけは絶対に避けたい」と考えている人は、是非HAL探偵社を選んでみて下さい。

 

「コロナ離婚」を回避するために必要なこと

考える女性の画像

コロナ離婚の大きな原因は、価値観や考え方の違いです。

人間というのは、一人ひとり考えていることや感じ方が違う生き物です。

同じだと面白くないでしょうし、だからこそお互いが惹かれ合うものなのです。

コロナ離婚を避けるためには、まずお互いの価値観を理解する必要があります。

違う価値観を理解するというのは非常に難しいことです。

しかし、努力をすれば必ずできるようになります。

何でもかんでも相手を否定するのではなく、まずは相手を理解してあげて下さい。

そうすることで、コロナ離婚を避け、共にこの厄介な疫病である新型コロナウイルスに打ち勝つことができるでしょう。

まとめ

話し合いの画像

新型コロナウイルスが拡大するに連れて増えているコロナ離婚コロナ破局

普段と違う生活を強いられている中で、「どう相手と付き合っていくか?」というのが大事になってきます。

自粛のために家でともに過ごす時間が増え、相手へのイライラが溜まっている人は、一度冷静になって相手と話し合う時間を作ってみてください。

価値観を統一させることで家庭内、夫婦間の問題は解消されるかもしれません。

もしも、話し合う以前にパートナーの浮気・不倫が怪しかったという人は一度探偵に浮気調査を依頼しましょう。

離婚を決めた人で、相手から慰謝料をもらえるのであれば、証拠を集めてしっかり慰謝料はもらうべきです。

今「離婚」を考えている方は、今後の夫婦の関係について考えてみてくださいね。

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「コロナ 離婚」に関してよくある質問を集めました。

「コロナ離婚」はなぜ増えている?

経済的事情や育児のストレスなどの要因によって「コロナ離婚」は増加している傾向にあります。

実際にどのようなケースがあるのか?

自粛期間が続くなか社会人のほとんどが在宅勤務に移行していることによって自然と家で夫婦で過ごす時間が増えます。その共有する時間が増えたことで互いに対する家事や仕事に関する不満が溜まり、離婚を決意するというケースがあります。

離婚を決めた場合は何をするべき?

離婚慰謝料を請求しましょう。ただし、慰謝料を請求できるのは配偶者に浮気・不倫の証拠がある場合です。証拠を集めたいという人はHAL探偵社へ無料相談をしてみてはいかがでしょうか。

HAL探偵社へ無料相談
1時間6,000円から調査が可能!
お急ぎの方は電話が便利です

この記事に関連する記事