離婚後に浮気発覚しても慰謝料請求は可能!慰謝料の相場・時効について解説

公開日:
カテゴリ:
関連タグ:

離婚をした夫婦の中には、離婚後に相手の結婚中の浮気が発覚するようなケースもあります。

相手の浮気には慰謝料の請求をすることが可能で、これは離婚後に浮気が判明した場合も請求可能です。

この記事では、そんな離婚後に結婚中の浮気が発覚した場合の慰謝料請求について詳しく紹介していきたいと思います。

また、相手の浮気の証拠を集めるおすすめの方法も紹介していくので、是非参考にしてみて下さい。

離婚後に浮気が発覚しても慰謝料請求が出来るケース

離婚届のイメージ画像

結婚中にされた相手の浮気には、慰謝料を請求することが出来ます。

この結婚中の相手の浮気は、離婚後に判明した場合でも慰謝料の請求が可能になることもあります。

ここでは、離婚後に浮気が発覚した場合に慰謝料の請求が可能になるケースについて紹介していくので、是非チェックしてみて下さい。

  • 離婚前に夫婦関係が破綻していないのに不貞行為をした場合
  • 浮気が原因で離婚が成立した場合
  • 離婚時に清算条項を取り決めていない場合
  • 時効が成立していない場合

離婚前に夫婦関係が破綻していないのに不貞行為をした場合

離婚前に夫婦関係が破綻していない時に不貞行為をしたのなら、離婚後でも慰謝料の請求が可能になるケースがあります。

この時の慰謝料請求は、相手が浮気をしている証拠を提出する必要があり、証拠が無ければ慰謝料の請求は難しくなってしまいます。

また、夫婦関係が破綻しているような場合は慰謝料の請求が認められないことがほとんどです。

「離婚後だから慰謝料の請求は無理」だと思い込んでいる人もいますが、離婚後に判明した結婚中の浮気でも慰謝料の請求が出来ることもあるので、請求するようにしましょう。

浮気が原因で離婚が成立した場合

離婚後に結婚中の浮気の慰謝料請求が出来るケースとして、その浮気が原因で離婚が成立した場合に限られることがほとんどです。

離婚原因が他の部分にある場合は、離婚後に慰謝料の請求は難しくなります。

離婚時に清算条項を取り決めていない場合

離婚時に清算条項の取り決めをしている場合は、慰謝料の請求が難しくなります。

清算条項とは、夫婦の権利義務関係の全てを確定させるもので、清算条項を取り決めた以上は、慰謝料の請求や財産分与などの請求が基本的には出来なくなります。

しかし、離婚をする時にこの清算条項の取り決めを行うので、離婚時に相手の浮気を知らなかった場合は慰謝料の請求が可能になることもあります。

逆に、離婚時に相手の浮気を知っていた場合は、この清算条項の取り決めにより慰謝料の請求は難しくなるのです。

この清算条項は夫婦間の取り決めなので、浮気相手には影響を及ぼすことはありません。

元パートナーには請求出来なくても、浮気相手には慰謝料の請求が出来ることもあります。

時効が成立していない場合

浮気に対する慰謝料の請求の時効は、原則その浮気を知ってから3年です。

浮気を知ってから3年を経過してしまうと、浮気に対する慰謝料の請求が出来なくなるので、出来るだけ早く請求するようにしましょう。

また、相手が慰謝料を支払う意志を伝えていた場合や、慰謝料の一部を支払っているような場合は、相手が慰謝料について認めたと考えられ、時効が成立することはなくなります。

離婚後の浮気に対する慰謝料請求の相場とは

相場のイメージ画像

一般的に、浮気に関する慰謝料は数十万円から300万円程度くらいが相場と言われています。

この慰謝料の額はそのケースによって大きく変化するものです。

例えば、相手の収入が多かったり、精神的苦痛が大きければ慰謝料の額は上がることがあります。

また、その浮気が原因で離婚まで発展した場合も基本的に慰謝料の額は増えるものです。

しかし、「離婚をした後」となると、慰謝料の額は相場よりも少なくなってしまうことがあります。

浮気を知る前に離婚をしているということで、浮気と離婚の因果関係が認められにくくなってしまうのです。

離婚後に浮気が発覚した場合に慰謝料請求をしやすくするには

悩む女性のイメージ画像

ここでは、離婚後に慰謝料を請求しやすくなる方法を紹介していきたいと思います。

是非こちらを参考にして、スムーズに慰謝料の請求をしてみて下さい。

  • 確実な浮気の証拠を手に入れる
  • 元配偶者の身元(住所)を特定する

確実な浮気の証拠を手に入れる

先程も紹介した通り、離婚後の慰謝料請求は相手が浮気をしている証拠を提出する必要があります。

この証拠が無ければ慰謝料の請求が認められにくくなってしまうので、必ず証拠を手に入れてから請求するようにしましょう。

また、浮気相手と一緒にホテルに入っていく写真のような、肉体関係を連想させるような証拠だと、慰謝料請求が認められやすくなります。

証拠を掴み取る時は、このような写真や動画を撮影出来るよう努力してみて下さい。

元配偶者の身元(住所)を特定する

慰謝料の請求をする時は、相手の身元が特定出来ているかが重要になります。

離婚をした後に生活している場所を探してから慰謝料の請求をするようにしましょう。

相手の身元がわからないような場合は、探偵などに依頼することで簡単に調べてもらえます。

「慰謝料に請求をしたいのに相手が今住んでいる場所がわからない」という人は、是非探偵に依頼して調査してもらって下さい。

証拠を確実にするためにHAL探偵社へ依頼しよう

HAL探偵社のイメージ画像

離婚後の慰謝料請求で重要になる浮気の証拠

この証拠を自分で掴み取るというのは、非常に難しいことです。

証拠を掴む時は、専門家である探偵に依頼することで、楽に集めることが出来ます。

ここでは、そんな探偵の中でも大手であるHAL探偵社が行う浮気調査について、解説していきたいと思います。

  • 調査費用が段違いで安い
  • 浮気調査後は弁護士を紹介してくれる
  • 弁護士が有利になるような調査報告書を作成して貰える

調査費用が段違いで安い

HAL探偵社は、他の探偵事務所と比較して、料金が段違いに安いことで知られています。

業界最安値である時間制プランは、1名1時間6,000円から依頼可能です。

他の探偵事務所ですと、この倍以上の金額がかかってしまうこともあるので、このHAL探偵社の料金は破格だと言っても過言ではありません。

また、料金が安いからといって調査の手を抜くようなこともなく、むしろHAL探偵社の浮気調査は、高い調査成功率を残しています。

リーズナブルで確実に相手の浮気の証拠を掴み取ってきてくれるのが、HAL探偵社が行う浮気調査なのです。

浮気調査後は弁護士を紹介してくれる

離婚後に慰謝料の請求をするためには、ほとんどの場合が弁護士が必要になります。

自分だけで交渉をして慰謝料の請求をすることは可能ですが、離婚後に交渉をするとなると、言い分を聞いてもらうのが難しくなってしまいます。

また、「浮気をして自分を裏切った相手に離婚後にまた会うのは嫌だ」と感じる人も多いでしょう。

HAL探偵社では、調査終了後にスムーズに慰謝料の請求が出来るように弁護士の紹介も行っています。

自分で弁護士を探す必要がないので、労せず相手に慰謝料の請求が出来るのです。

紹介してもらった弁護士に依頼することで、相手と顔を合わすことなく慰謝料についての交渉をしてもらえます。

裁判が有利になるような調査報告書を作成して貰える

浮気調査が終わったら、調査報告書というものを作成してもらえます。

この調査報告書には、相手が浮気をしている証拠の写真や、いつどこで何をしていたかというのが詳しく記載されており、これを証拠として提出することが可能です。

また、この調査報告書は、裁判で使える書式で作成してくれるので、そのまま慰謝料請求の場で使用することも出来ます。

「裁判でそのまま使える有効な証拠が欲しい」という人にもおすすめです。

まとめ

離婚後でも、結婚中にしていた相手の浮気に対する慰謝料の請求をすることは可能です。

しかし、この場合の慰謝料請求はやり方を間違えてしまうと、慰謝料の額が満足にもらえないこともあります。

使える証拠を集めたり専門家に依頼することで、相場以上の慰謝料を請求することも可能です。

自分でやるよりも専門家に依頼して、慰謝料請求を進めてみるのが良いでしょう。

HAL探偵社へ無料相談
1時間6,000円から調査が可能!
お急ぎの方は電話が便利です

この記事に関連する記事