新型コロナウイルスで不倫や浮気がバレる?事例とともに見抜く方法を解説

公開日:2020/04/06
カテゴリ:
関連タグ:

コロナウイルスの影響で自粛期間中なのに、パートナーが自粛前と変わらず「頻繁に外出している」「帰宅時間が遅い」なんてことはありませんか?

実は、この状況を利用して不倫相手と会っている人が増えてきているのです。

コロナウイルスによる自粛期間中に不倫相手と会っている人の現状は以下の通りです。

  • 電車通勤から車通勤になり、仕事終わりに不倫相手と会いやすくなったので会う頻度が増えた
  • 在宅勤務になったが、パートナーには出勤と嘘を付いて不倫相手の家に行っている
  • 在宅勤務になり家にいる時間が増え、パートナーにイライラしてしまい不倫相手に癒しを求めたくなる

早めに行動しなければ、コロナウイルスが終息する頃には不倫相手に本気になっている可能性があります。

「パートナーの不倫を止めさせたい」または「不倫の慰謝料を請求して早く離婚したい」と考えているのなら、まずはHAL探偵社に相談してみましょう。

もちろん、メール相談・電話相談は無料です。

コロナウイルス対策として自宅付近での対面カウンセリングも可能です。

気軽にご相談下さい。

今回は、新型コロナウイルスがもたらす不倫や浮気の問題、さらには新型コロナウイルスのせいで不貞がバレた実例にも触れていきたいと思います。

新型コロナウイルスについて

コロナの画像

ここでは、世界で大流行中の新型コロナウイルスが与える不倫や浮気への影響について紹介していきたいと思います。

新型コロナウイルスについても少しばかり触れていくので、是非ここで学んでみて下さい。

  • そもそも新型コロナウイルスについて 
  • 新型コロナウイルスの影響で外出自粛? 

そもそも新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルスは1月辺りからどんどん拡大を広げ、日本でも多くの人が感染しているのが現状です。

人から人に移ることもあり、感染力が強く、未だに収束する様子は見られません。

一度感染してしまうと、高齢者の方や持病がある方の致死率が非常に高いウイルスとして知られています。

その反面、若者が感染しても重症化するケースはそこまで高くなく、若者が街を出歩き、知らずしらずのうちに感染源になっているケースもあるのです。

日本だけでなく、世界各国でこの新型コロナウイルスについての対策をしており、もはや世界の危機とも言われています。

これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は、7種類見つかっており、その中の一つが、昨年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。

このうち、4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。

残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。

コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀です。

また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。

引用:厚生労働省

新型コロナウイルスの影響で外出自粛?

新型コロナウイルスは人から人へ感染するということで、人と人の距離感が重要になっています。

世界各地で外出禁止令を出したり、外出を自粛するよう要請をしている国もあり、日本でも外出自粛を要請している自治体は増えつつあります。

外出自粛するということで、不倫や浮気をしている人も、この期間は恐らく不倫相手や浮気相手には会えていないと思います。

外出自粛期間に相手に会いに行くには、外に出る必要があるので、さすがに会いに行く回数は減っているでしょう。

こういったところが、新型コロナウイルスが不倫や浮気に影響を与えていると言われている所以なのです。

実際に、

新型コロナウイルスが原因で不倫・浮気がバレる

コロナの画像

中には、新型コロナウイルスの影響で不倫や浮気がバレてしまうケースもあります。

ここでは、どうやって不倫や浮気がバレるのかを紹介していきたいと思います。

  • 新型コロナウイルス感染によって不倫がバレてしまうケースとは?
  • 外出自粛なのに外出する場合
  • 新型コロナウイルスで不倫・浮気がバレた実例

新型コロナウイルス感染によって不倫がバレてしまうケースとは?

こういった感染症は、罹ってしまった人の感染経路を確認して、対策を行っていきます。

感染経路を追って検査や治療をしていくので、「どこで誰と会ったか?」というのを詳しく説明する必要があります。

こういうこともあり、感染経路から不倫や浮気がバレる可能性は非常に高いです。

ここでは、そんな感染経路から不倫がバレてしまうと考えられる場所やケースをいくつか紹介していきたいと思います。

  • キャバクラで感染
  • クラブで感染
  • 不倫・浮気相手との旅行先で感染
  • 不倫・浮気相手との接触による感染

キャバクラで感染

現在、日本で感染が増えている原因の一つとして挙げられているのが夜のお店です。

特にキャバクラは人が多いし近くで話すことになるので、それだけ感染するリスクが高くなります。

また、キャバクラは換気が悪く、空気がこもってしまう場所なので、それだけ危険な場所と言えるでしょう。

このキャバクラで不倫相手であるキャバクラ嬢に会いに行って感染するというケースもあります。

キャバクラで感染してしまうと、「キャバクラに行ったこと」もバレてしまいますし、その後、キャバクラ嬢とアフターでホテルに行ったとしたら、そのこともバレてしまいます。

女性との距離がかなり近いキャバクラでは感染する確率は高いのです。

クラブで感染

キャバクラ同様、クラブも換気が悪く、人と人の距離が近くなる空間です。

ここで会った人と不倫や浮気をしてしまうと、感染経路特定の場面でバレてしまうこともあります。

浮気・不倫相手との旅行先で感染

日本で多い感染パターンとして、「旅行へ行ってそこで感染してしまう」というものが増えています。

本命の妻や彼女に内緒で浮気や不倫相手と一緒に旅行に行って、そこで感染してしまうと、それだけで旅行に行ったことがバレてしまいます

そうすると「誰と旅行に行ったの?」ということになり、浮気や不倫をしていることも相手に知られてしまうのです。

今は、旅行自体がリスクの大きい行為だと言われています。

そのリスクの大きい行為を浮気相手や不倫相手と共にするというのは、さらにリスクが高い行為だと言えるでしょう。

浮気・不倫相手との接触による感染

先ほども紹介しましたが、人と人が接触することでウイルスは拡大していきます。

浮気相手や不倫相手がコロナウイルスをもっていて、そこで会ってしまうと、当然感染してしまいます。

感染すると誰と会ったのか?」だったり、「どこで会ったのか?」という報告をしなければならず、そのやり取りのなかで妻への嘘が発覚し、浮気や不倫がバレてしまいます。

自分の体を守るのはもちろん、自分の立場上の安全を守る意味でも、浮気・不倫相手と接触するべきではありません。

外出自粛なのに外出する場合

令和2年4月7日に、日本政府は新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言をしました。

区域としては、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県及び福岡県です。

こういった状況の中で、外出するパートナーは不倫・浮気と疑っていいでしょう

浮気・不倫している方は、この期間を利用して普段会えない時間帯で会いたいと感じ、仕事を理由に外出する方は少なくはありません。

緊急事態宣言を受け、多くの企業が在宅勤務を推奨するようになった世の中にも関わらず、仕事を理由に外出するのは珍しいです。

本当に仕事に行っているのか?それとも、浮気・不倫をしているのか確かめたくなるのでないでしょうか。

自分でその真実を確かめたい気持ちもわかりますが、自分も外出すると新型コロナウイルスに感染する危険があります。

また、この緊急事態宣言が発令されている期間に自分も外出すると、余計パートナーから怪しまれる可能性があります。

こういった状況だからこそ、専門の探偵事務所へ相談してみることをおすすめします。

新型コロナウイルスで不倫・浮気がバレた実例

ここでは、新型コロナウイルスが原因で、不倫や浮気がバレてしまった実例を紹介していきたいと思います。

結構こういった事例は多いので、注意するようにして下さい。

愛人との旅行先で新型コロナウイルス感染

妻がいる男が、愛人とイタリアに行き、そこで新型コロナウイルスに感染したという事例がありました。

男性は、妻に「出張に言ってくる」と嘘をつき、不倫相手と共にイタリアに行っていたようです。

イタリアは世界でも有数の新型コロナウイルスの感染地であり、その男も当たり前のように感染してしまいました。

帰国して、症状が出始めて診察をしてもらい、新型コロナウイルスに感染したということがわかり、そこから感染経路の特定が始まりました。

もちろん、感染経路を特定する時は、プライバシーは配慮してもらえます。

しかし、濃厚接触者のリストというのを作成され、バレてしまうリスクは非常に高くなります。

今この状況で、愛人と一緒に不倫旅行に行くというのはそれだけリスクのある行為なのです。

バレてはいないけど不倫を辞めた実例

バレはしなかったが、この機会に不倫を辞めたという実例もあります。

例えば、高齢の人ならコロナウイルスに罹っていたら、重症化するケースが多いので、「若い不倫相手に会うと危ないから不倫自体を辞めた」だったり、「万が一のことがあれば、面倒な手続きが増えるから辞めた」という人も多いです。

物理的に人と人の距離を保つというソーシャルディスタンスという考え方も広がっており、「不倫相手や浮気相手とも会わないようにして距離を置く」という人も増えています。

自粛中でもHAL探偵社なら浮気調査が可能

探偵の画像

新型コロナウイルスが原因で不倫や浮気がバレる人は多いです。

それだけ不倫や浮気は身近にあり、実際に行っている人が多いのです。

ここでは、パートナーの不倫や浮気を怪しいと思った時におすすめな、HAL探偵社の浮気調査について紹介していきたいと思います。

パートナーに対して「怪しい」と感じている人は是非依頼をしてみるのもいいでしょう。

  • 完全成功報酬で+後払い
  • 他社よりもお得な低価格
  • 匿名相談可能!
  • 調査成功率97.6%の業界トップの調査力

完全成功報酬で+後払い

HAL探偵社では、成功した時のみ報酬を支払う「完全成功報酬プラン」を用意しています。

このプランを利用することで、調査が失敗した時はお金を支払う必要がないので、「お金を払ったのに調査が失敗に終わって無駄になった」ということはありません。

必要なお金だけを支払いたい人にHAL探偵社はおすすめです。

また、後払いなので事前に不鮮明な料金を取られることもありません。

他社よりもお得な低価格

HAL探偵社では、「時間制プラン」も用意しており、こちらは1時間6,000円で利用できます。

業界トップレベルの安さになっているので、安価に浮気調査の依頼が可能です。

また、追加料金はなしの明朗会計なので、不必要な料金を請求されることもありません。

料金の面でも安心できるでしょう。

匿名で相談可能!

こういうことだからこそ、「匿名で話しをしたい」という人は非常に多いです。

HAL探偵社ではプライバシーを重視した調査を大事にしており、匿名での相談も可能です。

「プライバシーを守りながら相談をしたい」という人にも選ばれています。

調査成功率97.6%の業界トップの調査力

浮気調査で一番大事なのは、「調査が成功するか否か」という部分です。

調査が失敗してしまうと、「浮気をしているかどうかがわからなくなる」だけじゃなく、「相手にバレてしまう」ということもあります。

相手にバレてしまうと、その後のその人との関係が悪化してしまうことがあるので、調査の失敗だけは絶対に避けたいところです。

その点、HAL探偵社は調査成功率が驚異の97.6%という、業界トップの成功率を誇っています。

「高い成功率を残している探偵事務所に依頼したい」という人は、是非HAL探偵社を選んでみて下さい。

まとめ【浮気・不倫の嘘を見抜こう】

腕組むカップルの画像

世界で大流行中の新型コロナウイルス。

新型コロナウイルは、いろんな場面で影響を及ぼしています。

「新型コロナウイルスが原因で浮気や不倫がバレてしまう」というケースも多く、それだけ浮気や不倫が多いということも知らされているのです。

もし、パートナーの浮気や不倫を疑った時は、そのままにしないようにしましょう。

そのまま疑惑の状態で付き合いを進めていても、いいお付き合いはできません。

いいお付き合いがしたいなら、「本当に浮気や不倫をしているのか?」というのを調べる必要があります。

相手が不倫や浮気をしているかどうか調べたい時は、この記事で紹介したHAL探偵社に浮気調査を依頼してみて下さい。

手軽に調査の依頼ができますし、他社よりも安い料金で依頼可能です。

HAL探偵社はアフターフォローも充実しているので、その後の展開の相談にも乗ってくれます。

パートナーの浮気や不倫を疑った時は、そのままにすることはなく、一度HAL探偵社へ相談して見て下さい。

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「新型コロナウイルス 不倫」に関してよくある質問を集めました。

新型コロナウイルスに暴かれる不倫とは?

新型コロナウイルスによる外出自粛や在宅ワークを口実に使って浮気をする場合があります。

どのような嘘をついて不倫するの?

不倫相手との接触、旅行の際に感染して不倫がバレるケースが発生しています。

浮気や不倫の嘘を見抜くには?

相手の発言・行動のなかで怪しいものがないか疑いましょう。それでも不倫の確証がない場合は、浮気・不倫調査のプロであるHAL探偵社へお気軽にご相談ください。

HAL探偵社へ無料相談
1時間6,000円から調査が可能!
お急ぎの方は電話が便利です

この記事に関連する記事