夫婦関係の破綻後の浮気は認められるの?不倫を立証する証拠とは

公開日:2020/06/23
関連タグ:

夫婦関係が破綻しているかは、パートナーが浮気・不倫をして不貞行為と認められるかに重要な意味を持ちます。

ですから、パートナーや浮気相手は不貞行為で訴えられても、「夫婦関係は破綻していた」「破綻している、離婚すると聞かされていた」と証言するのです。

お互いが夫婦関係が破綻していると認識しているならいいですが、一方だけが破綻していると主張すると立証する必要があります。

浮気・不倫だけでなく、様々な理由で夫婦関係が破綻後にパートナーを訴える、慰謝料請求する方法を知りましょう。

夫婦関係の破綻後の浮気は認められるの?

人のイメージ画像

  • 破綻後は不貞行為と認められない
  • 破綻しているか客観的に判断が必要

破綻後は不貞行為と認められない

残念ながら夫婦関係の破綻後は浮気としては認められません。

浮気による精神的苦痛を受けて慰謝料を請求しても裁判・調停で勝つことは極めて難しいです。

夫婦関係が破綻していると保護の対象ではなくなってしまい、肉体関係を持っても不貞行為と認められません。

パートナーや浮気相手が浮気・不倫がバレた際に夫婦関係は破綻していたと証言するのは、不貞行為ではないと主張しているのです。

破綻しているか客観的に判断が必要

浮気の証拠を突き付けられた時に、パートナーや浮気相手が夫婦関係が破綻していることを主張されれば、慰謝料を請求するには破綻していなかったことを証明する必要があります。

夫婦関係が破綻していないことを客観的に判断するには、やはり証拠が必要となります。

具体的には浮気されている前には破綻しておらず、浮気が原因で破綻してしまったことを証明するのです。

浮気・不倫問題に強い、探偵事務所に相談すれば客観的に判断できる証拠も集めてくれます。

「夫婦関係が破綻」の定義は?

人のイメージ画像

お互いが認めているなら、夫婦関係が破綻していることのは明白です。

しかし、一方だけが夫婦関係が破綻していると主張している時は客観的な証明が必要です。

一般的に破綻している考えられるケースを紹介します。

  • モラハラ・DV
  • 長期間の別居
  • 借金・浪費癖
  • パートナーの不倫・浮気
  • 夫婦関係の悪化により関係が修復不可能

行政に相談窓口もあり、社会問題となっているのがモラハラ・DVです。

夫婦関係が破綻しているにも関わらず、加害者は認めたがらないのも特徴の1つです。

モラハラは被害者を言葉で一方的に精神的に追い詰める行為、DVは暴言、肉体的な暴力などで被害者を支配しようとします。

5年以上の長期間の別居も夫婦関係が破綻している定義されます。

一緒に住んでいても、5年以上まともな会話もなく、食事も共にしない家庭内別居も認められることが多いです。

借金・浪費癖があり、生活費を入れない、家庭のお金を持ち出して使い込むなど金銭的に苦痛を与え続けていることも夫婦関係が破綻していると定義されます。

ギャンブルにハマり借金をし始めると危険です。

パートナーの不倫・浮気により、家庭が壊れ、夫婦関係が破綻するケースは多いです。

パートナーの浮気を考えすぎるため、うつ病になり、日常生活が困難になる人もいます。

夫婦関係が破綻したのは浮気だと証明するには不貞行為がある証拠が必要となります。

その他にも、性格の不一致、子育ての考え方、義母・義父との関係など様々な理由で夫婦関係は破綻します。

しかし、モラハラ・DV、パートナーの浮気・不倫のように被害者と加害者にならない場合はお互いに破綻を認めるケースがほとんどです。

夫婦関係の破綻前から浮気している場合は慰謝料請求可能

人のイメージ画像

長期間の別居している状態でパートナーが浮気をしても不貞行為とは認められません。

しかし、別居していてもパートナーの不貞行為の証拠があれば浮気が認められ、慰謝料を請求することができるケースもあります。

別居中でも浮気が認められるケースを知りましょう。

別居する前から浮気している

別居する前から浮気している場合は不貞行為の確実な証拠があれば、法的に認められ、慰謝料を請求することができます。

別居する前からパートナーの浮気が怪しいと考えていたら、いつの時期からか、浮気相手と会っていそうな日時を調べておくと探偵事務所に調査を依頼しやすくなります。

長期間の別居になる前から浮気している

3~5年以上に長期間の別居は夫婦関係が破綻していると定義されます。

しかし、1年程度の別居は夫婦関係を修復できると考えられ、破綻しているとは言えません。

長期間の別居になる前からパートナーが浮気しているのを証明することができれば、不貞行為が認められます。

別居の原因が浮気だった場合

別居の原因が浮気だった場合も認められます。

しかし、別居、夫婦関係の破綻がパートナーの浮気が原因なのを証明する必要があります。

怒りのあまり、一方的に別居してしまうと、パートナーが浮気の証拠を隠す可能性がありますし、有責配偶者となり、逆に訴えられるかもしれませんので、注意しましょう。

配偶者の同意を得ずに別居している時

配偶者の同意を得ずに別居すると有責配偶者となります。

同居義務違反を犯した上に、浮気をすると慰謝料は増額になることもあります。

パートナーが浮気をし、同意を得ずに別居した場合は、探偵事務所や弁護士に相談しましょう。

別居後の不倫は慰謝料請求出来ない可能性がある

人のイメージ画像

夫婦関係の破綻の定義に長期間の別居があります。

ですから、パートナーに浮気され慰謝料を請求したいと考えた時に、別居していると不貞行為と認められないことがあります。

浮気の証拠を突き出されたパートナーと浮気相手は、別居していることを理由に請求を拒否します。

別居している、別居を考えている際は夫婦関係の破綻になるリスクがあることを知っておきましょう。

別居という行為

単身赴任として結果的に長期間別居することになったり、結婚した当初から職場が遠く離れており別居しながら週末婚をしているなどの夫婦もいますが、婚姻関係を結び、夫婦になった際は普通は同居するものです。

お互いに一緒にいるのが嫌になり、同意の上別居していれば期間が長ければ長いほど夫婦関係は破綻していると認められます。

夫婦関係を修復するために別居を選択するケースも多いですが、修復できず長引けば客観的には破綻していることになるのです。

家庭内別居について

住居を別にするだけでなく、家庭内別居も長期間になれば夫婦関係が破綻していることになります。

家庭内別居とは必要最小限しか会話をしない、一緒に食事を取らない、相手の予定を全く把握していないなど、お互いに興味を失いながらも仕方なく同居している状態です。

別居しているよりも証拠を掴みにくいですが、お互いの証言があれば、家庭内別居と認めらます。

夫婦関係の破綻の証拠となる期間

別居、家庭内別居は長ければ長いほど夫婦関係が破綻している証拠になります。

具体的には3~5年以上別居していれば認められるケースが多いです。

つまり、5年以上別居していからパートナーが浮気をしても不貞行為として慰謝料の請求が認められるのは難しいということになります。

浮気をしたパートナーとしては年数に限らず、夫婦関係は破綻していたと証言しますが、冷静にどのくらいの期間別居していたかを考えてみましょう。

長期間の別居を証明する証拠

別居を立証するには別名義で賃貸を借りた契約書、家賃の引き落としの記録が証拠となります。

また、郵便物、電気・ガス・水道等の公共料金の領収書も証拠となりえます。

銀行引き落としなら通帳記載するだけなので、長期間の別居を証明するのは難しくありません。

逆に別居中はパートナーがいつから浮気をしていたかを証明する方が困難です。

別居後の不貞行為

3~5年以上の長期間別居後にパートナーが異性と肉体関係を持っても、不貞行為と認められません。

夫婦関係が破綻している状態では、婚姻関係を法的に結んでいたとしても、配偶者への裏切り行為にはならないからです。

不貞行為と認められないのですから、精神的苦痛もないとされ、慰謝料の請求も難しいことになります。

別居で有責配偶者となる可能性

別居の場合、浮気ではなく有責配偶者として慰謝料を請求できることがあります。

配偶者の同意を得ずに一方的に別居するのは同居義務違反とあれ、法律的に悪意の遺棄と呼ばれる行為です。

有責配偶者になると、自ら離婚することはできず、夫婦としての責任を追及され、慰謝料請求の対象となります。

夫婦関係の破綻前・別居前から浮気されていた場合の立証方法

人のイメージ画像

  • 安心、確実な探偵事務所に調査を依頼
  • 信頼と実績豊富なHAL探偵社がおすすめ
  • 完全成功報酬プランで不貞行為の証拠を掴む
  • フリーダイアルで無料相談

パートナーの浮気が不貞行為があった証拠だけでは不十分な場合があります。

それは、パートナーや浮気相手が夫婦関係が破綻していた、別居後だったと証言するケースです。

その場合、浮気していたのは破綻前、別居前であることも証明しなければなりません。

その際の立証方法について知りましょう。

安心、確実な探偵事務所に調査を依頼

パートナーと浮気相手の不貞行為の証拠だけでなく、破綻前、別居前の証拠を掴むには素人には困難です。

自ら行動すればパートナーにバレてしまう危険性もあります。

浮気・不倫調査のプロである探偵事務所に依頼するのが安心、確実です。

探偵事務所は詳しい状況が分かれば、破綻前、別居前にパートナーが不貞行為をしていた証拠を掴んでくれます。

信頼と実績豊富なHAL探偵社がおすすめ

夫婦関係が破綻前、別居前のパートナーの浮気の証拠を掴むには調査のプロである探偵事務所に依頼するのが確実です。

浮気相手とラブホテルに出入りしている不貞行為、肉体関係があった確実な証拠、また、破綻前、別居前から浮気相手と親しくしていた証拠も必要です。

2つを証明しなければ調停、裁判で有利にならず、慰謝料も請求できません。

探偵事務所ならパートナーと浮気相手が言い逃れできない証拠を掴んでくれます。

数ある探偵事務所の中でもおすすめなのがHAL探偵社です。

完全成功報酬プランで不貞行為の証拠を掴む

HAL探偵社は信頼と実績が豊富で依頼者の利益を第一に考えてくれます。

HAL探偵社の浮気調査には時間制プランと完全成功報酬プランがあります。

夫婦関係が破綻前、別居前から浮気しているのが確実なら完全成功報酬プランで依頼するのが確実です。

完全成功報酬プランは証拠が掴めなければ無料ですが、HAL探偵社ならパートナーの不貞行為を証明し、破綻・別居前であることの証拠も掴み、依頼者は納得して費用を支払うことができます。

フリーダイアルで無料相談

HAL探偵社は通話無料のフリーダイアルで相談できます。

もちろん、相談は無料です。

パートナーの浮気で悩んでいること、調査方法などを相談すれば解決方法も見えてきます。

なお、365日24時間、メールで匿名無料相談もできますので、1人で悩まずにHAL探偵社に相談しましょう。

電話、メールで相談後に、調査費用の見積もり、カウンセリングを受けることもできます。

勇気を出して解決への第一歩を踏み出しましょう。

まとめ【夫婦関係の破綻後の浮気の対処法】

人のイメージ画像

夫婦関係が破綻後の浮気はケースによって変わります。

特に別居している状態でも、夫婦関係が破綻しているか否かで不貞行為と認められるかが違ってきます。

3~5年以上別居しているなら夫婦関係は破綻しているので、パートナーの浮気、不貞行為は諦めざる得ないですが、別居2年でパートナーと浮気相手が「夫婦関係の破綻」を主張してきたらHAL探偵事務所に相談すれば解決できる可能性のあるケースとなります。

HAL探偵社は安心、確実に証拠を掴んでくれますし、アフターフォローで浮気・不倫などの夫婦問題に詳しい弁護士も紹介してくれます。

証拠を掴んだ後に、調停・裁判になっても、焦らずに対処することができます。

夫婦関係の破綻後、別居中のパートナーの浮気など自ら判断・解決するのが難しいケースは、プロであるHAL探偵社にお任せしましょう。

HAL探偵社へ無料相談
1時間6,000円から調査が可能!
お急ぎの方は電話が便利です

この記事に関連する記事