サレ夫の特徴・不倫される理由は?サレ夫が出来る妻への制裁方法について解説!

公開日:
カテゴリ:
関連タグ:

サレ夫という言葉があります。

妻に浮気された男性を指す言葉です。

浮気するのは男性だけでなく女性の割合が多くなっており、サレ夫という言葉が生まれ注目されています。

ネットで検索すればかなりの数のサレ夫の記事が見つかりますし、サレ夫となった人の悲痛な思いも知ることができます。

サレ夫の特徴を知れば、自らがならないように注意できます。

また、合法的に制裁する、夫婦関係を再構築する方法を知っておくことでサレ夫となった後に対策することができます。

サレ夫とは

人のイメージ画像

サレ夫とは妻に浮気された夫を指す言葉です。

もともとはテレビドラマで浮気された妻をサレ妻と表現したことが始まりです。

その後に、妻を夫に置き換えてサレ夫と言われるようになりました。

現在ではブログや2chなどのネットを中心に漫画、テレビなど様々なメディアでサレ夫は登場しています。

なぜサレ夫という言葉が出来上がり、浸透されるようになったのかには訳があります。

まず、昔は浮気といえば夫がすることがほとんどでした。

しかし、最近は妻が浮気するケースが増えているのです。

ですから、自然とサレ夫が増えて注目されるようになったのです。

雇用などの面で男女は平等になっていますが、浮気をする側、される側という面でも平等になりつつあることをサレ夫の登場と増加が体現しています。

サレ夫の特徴とは

人のイメージ画像

妻に浮気された夫、サレ夫には特徴があります。

自分がサレ夫にならないように特徴を知り注意するようにしましょう。

サレ夫になってからでは遅いですし、浮気された精神的ショックから立ち直るのは女性同様大変なことです。

  • 真面目で堅実
  • 倹約家である
  • 愛情表現が上手でない
  • 夫婦関係がマンネリ化している
  • 優しい言葉や感謝の言葉がない
  • 仕事が最優先である
  • 家事や子育てに協力的でない
  • 男性として魅力的でなくなった

真面目で堅実

本来なら良い特徴である真面目で堅実が逆にサレ夫になる特徴となります。

サレ夫は仕事も真面目で、浮気することだって考えられません。

ギャンブルなんてもってのほか石橋を叩いて渡る性格です。

夫としては申し分ありません。

しかし、刺激を求める女性には物足りないのも事実です。

そんな時に男性と出会い刺激的な恋愛に走れば妻は浮気します。

倹約家である

倹約家であることは素晴らしいことです。

家族のため将来不自由しないようにお金を貯めることは褒められるべきことです。

しかし、倹約ばかりしていてはストレスが溜まる女性は少なくありません

時には欲しい物を買ったり、美味しい物を食べるのはストレス発散になります。

それをさせない夫に不満があり、自由にさせてくれる男性と浮気をするようになります。

愛情表現が上手でない

日本人は「好き」「愛している」などの愛情表現が苦手です。

言葉だけでなくキスやハグなどのスキンシップを積極的な男性も少ないです。

特に結婚後に愛情表現しなくなる男性は多く、サレ夫のほとんどがそうです。

母親になっても妻は夫に愛情表現を求めています。

それを理解できないのがサレ夫です。

妻は夫でなく別の男性に愛情表現を求めてしまい浮気するのです。

愛情表現が苦手だという男性は注意しましょう。

夫婦関係がマンネリ化している

男女問わず夫婦関係のマンネリ化は浮気の原因になります。

マンネリ化はやがてセックスレスとなります。

セックスレスが原因で浮気するのは男性だけではありません。

子供が生まれ、親になるとマンネリ化するのが当たり前だと考えている男性は多いです。

しかし、母親ではなく女性として扱われたい時があります。

そんな気持ちを理解してくれる男性が現れると浮気に発展します。

マンネリ化が当たり前だと考えているとサレ夫になる可能性は高いです。

優しい言葉や感謝の言葉がない

夫婦になったとしても相手への感謝を忘れてしまってはいけません。

サレ夫は妻に対して、優しい言葉や感謝の言葉がないことが多いです。

妻は家政婦ではありませんし、一生を共に過ごすと約束したパートナーです。

ですから、本来ならお互いに常に感謝して言葉や態度で表すべきです。

それを怠っていると妻は夫に愛想を尽かします。

サレ夫は妻がなぜ浮気をしたのかさえ理解できないことが多いです。

仕事が最優先である

家族のために仕事してお金を稼ぐのは当たり前のことです。

しかし、常に仕事が最優先ではサレ夫になってしまいます。

働き方改革により、残業も少なくなり、有給休暇も取りやすくなりました。

世間では仕事よりも家族が優先なのが常識となっています。

そんな時で家族との時間よりも仕事を最優先にすると妻は不満になり浮気するようになります。

家事や子育てに協力的でない

サレ夫は家事や子育てに協力的でないことが多いです。

特に、共働きなのに協力的でないと妻は自分ばかりと不満になります。

サレ夫は家事や子育ては妻の仕事だと勘違いしているようで、妻が不満に思っていることに気付かないケースも少なくありません。

不満に思っていることを理解してくれ、常に優しくしてくれる男性に惹かれ浮気するようになります。

男性として魅力的でなくなった

結婚すると身だしなみや体型に気を使わなくなる男性は多いです。

結婚する前は魅力的な男性だったのにと幻滅している妻は多いです。

また、家族で生活していると決断すべき事柄はたくさんあります。

そんな時の優柔不断な態度も男性としての魅力をなくします。

女性は魅力的な男性に惹かれますから、浮気する可能性は高くなります。

サレ夫が出来る合法的な制裁方法とは

人のイメージ画像

サレ夫という言葉は軽い印象を持ちますが、立派な浮気の被害者です。

男性が浮気するのと同様に女性が浮気しても合法的に制裁を加えることができます。

サレ夫になっても安易に妻に浮気を問い詰めたり、感情的になり暴力行為をしないようにしましょう。

合法的に制裁を加える方が相手に対するダメージも大きいです。

  • 慰謝料を請求する
  • 離婚する

慰謝料を請求する

サレ夫が合法的な制裁の1つは慰謝料を請求することです。

浮気されたことによる精神的苦痛に対する損害賠償請求が慰謝料です。

慰謝料の相場は100~300万円程度となります

注意すべきは慰謝料請求には妻と浮気相手に不貞行為がある確実な証拠が必要なことです。

どんなに浮気が事実だとしても不貞行為、つまり肉体関係があることを証明できない限り、慰謝料請求しても認められないのです。

ですから、慰謝料請求して制裁を加えるなら、不貞行為があった証拠を何としても手に入れなければなりません。

なお、慰謝料請求は妻だけでなく浮気相手にすることもできます

その際の相場は50~100万円程度です。

妻と浮気相手のどちらにしか慰謝料請求はできません。

浮気相手に慰謝料請求は貰える金額が下がりますので、じっくり検討する必要があります。

離婚する

もう一つの合法的な制裁は離婚することです。

妻が専業主婦なら離婚後、無収入になりますので制裁となります。

また、子供がいれば親権を勝ち取ることも妻にとってはかなりの制裁になります。

実際は浮気していたとしても妻が親権を取る可能性は高いです。

しかし、浮気していた側は気持ち的には弱く、不貞行為の確実な証拠があれば離婚の条件も有利にできます。

ですから、夫が親権を勝ち取ることも可能です。

もしも妻の浮気が原因で離婚し親権を勝ち取りたいのなら、離婚問題に強い弁護士を活用する必要があります。

サレ夫が妻の浮気調査を行うべき理由

人のイメージ画像

サレ夫が慰謝料請求、離婚といった合法的な制裁を加えるために必要なのは浮気の証拠です。

浮気の証拠を掴むには妻や浮気相手の行動を調査しなければなりません。

自分でも調査できますが、確実なのは探偵事務所や興信所に依頼することです。

妻にバレることなく調査しますので、安心して結果を待つことができます。

  • 裁判で使用出来る不倫の証拠を掴むことが出来る
  • 妻に反論させないようにすることが出来る

裁判で使用出来る不倫の証拠を掴むことが出来る

探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼するメリットは、妻と浮気相手の不貞行為の確実な証拠な証拠を掴めることです。

不貞行為の確実な証拠は法的に有利になります。

裁判や朝敵でも使用できますので、慰謝料請求や離婚をスムーズに進めることができるのです。

確実な証拠とはラブホテルに2人で出入りしている写真や動画などです。

そういった証拠は望遠カメラや暗視カメラなどの撮影機材や腕が必要となります。

また張り込み、尾行しなければならず、法的に探偵でなければ行えません。

妻に反論させないようにすることが出来る

浮気の事実があっても確実な証拠がなければ、妻は浮気を認めない可能性があります。

そうなれば慰謝料請求できませんし、離婚も有利になりません。

下手をしたら浮気相手と別れたふりをしたり、巧妙に関係を続けるかもしれません。

しかし、浮気調査して確実な証拠を突きつければ妻は反論することはできません。

浮気調査が得意なHAL探偵社に依頼!

HAL探偵社のイメージ画像

サレ夫が浮気調査を依頼する際に注意すべきは信頼できる探偵事務所や興信所を選ぶことです。

なかには確実な証拠が掴めないばかりでなく、高額な料金を請求するところもあります。

そこでおすすめしたいのがHAL探偵社です。

浮気調査の経験と実績が豊富で安心して依頼することができます。

メリットも多数あるのでサレ夫が浮気調査を依頼するなら第一候補にしましょう。

HAL探偵社に依頼するメリットは4つあります。

  • 業界最安値宣言の時間制プラン
  • 裁判で使用できる調査報告書の作成
  • 浮気調査専門の探偵が調査
  • 事前カウンセリングで調査期間を短縮

HAL探偵社の時間制プランは業界最安値宣言しており、探偵1人1時間6,000円です。

交通費や機材費も込みなので明瞭な料金になっています。

時間制プラン以外にも完全成功報酬プランも業界内では安くなっています。

料金は安いですが、調査後に作成する報告書のクオリティは高く、裁判で使用できます。

なお、浮気調査専門の探偵が調査するので成功率が高く、不貞行為の確実な証拠を掴んでくれます。

HAL探偵社では調査前の依頼者との事前カウンセリングを重視しています。

徹底した事前カウンセリングを行うことで調査期間を短縮できますし、成功率も上がります。


サレ夫が妻と夫婦関係を再構築するため方法とは

人のイメージ画像

サレ夫は慰謝料請求、離婚で合法的に妻や浮気相手に制裁を加えることができます。

しかし、解決方法はそれだけではありません。

妻と夫婦関係を再構築するのも解決方法の1つです。

そして、夫婦関係を再構築したら二度とサレ夫にならないようにするのです。

サレ夫が妻と再構築するための方法を知りましょう。

  • 浮気をした原因について話し合う
  • 浮気した妻を責め過ぎない
  • 仕事よりも家族や妻との時間を増やす

浮気をした原因について話し合う

妻が浮気したのには必ず原因があります。

もちろん、浮気した妻が悪いのですが、サレ夫自身が原因であることも少なくありません。

浮気の原因を2人が理解していなければ同じことを繰り返します

ですから、冷静にじっくりと話し合いましょう。

お互いの気持ちを知ることは再構築するために絶対に必要なことです。

浮気した妻を責め過ぎない

サレ夫になるのは精神的に大きなショックを受けます。

妻が自分以外の男性と関係を持っていたのですから当たり前です。

妻を責めたくなるでしょう。

しかし、責め過ぎてしまっては夫婦関係を再構築できません。

浮気したことを反省はさせるが、許す気持ちも持たなければなりません。

仕事よりも家族や妻との時間を増やす

サレ夫となる原因に仕事が最優先、家事や育児に協力的でないことがあります。

夫婦関係を再構築するにはサレ夫自身も変わらなければなりません。

仕事よりも家族や妻と過ごす時間を増やすのです。

浮気した妻も変わってくれたサレ夫をみれば二度と浮気はしないはずです。

まとめ

サレ夫になってもHAL探偵社に浮気調査を依頼すれば妻と浮気相手の不貞行為の確実な証拠を掴んでくれます。

そしてHAL探偵社が浮気調査後に作成する報告書があれば法的に有利になり、慰謝料請求もできますし、離婚の条件も有利にできます。

もちろん、離婚ではなく妻と夫婦関係を再構築する解決方法もあります。

浮気されるのは妻が大多数だった時代は終わり、サレ夫という言葉も生まれました。

男性でも勇気を持ってに浮気調査はHAL探偵社に依頼するようにしましょう。

HAL探偵社へ無料相談
1時間6,000円から調査が可能!
お急ぎの方は電話が便利です

この記事に関連する記事