浮気の証拠集め|使える証拠と使えない証拠を徹底解説!

公開日:2019/09/01
関連タグ:
浮気の証拠

「旦那の服から女性の香水の匂いがした…」

「妻が知らない男性と歩いているのを見てしまった…」

そのようなときに誰でも頭によぎるのは「浮気」の可能性です。

浮気をされてしまったら、認めて反省してほしいと思う人や、許せないから慰謝料を請求すると考える人まで様々な選択を取る人がいます。

そこで、どの場合にも必要なのは浮気をしている「証拠」です。

今回は、浮気をされた後に正しい行動がとれるように、浮気の証拠の重要性や集め方、そして有効な証拠の種類についてご紹介します。

証拠を集める必要性とは?

離婚届の画像

浮気・不倫をされたときには、「証拠」を持っておくことでその後に揉め事になることを防いだり有利な立場に立てたりとメリットが多くあります。

しかし、ほとんどの人が証拠を集めるといってもどのようなものが証拠として認められるのか知らないのではないでしょうか。

そこでまずは、「証拠」の重要性を説明します。

配偶者からの離婚の請求が認められにくくなる

不倫の証拠を持っていると、配偶者からの離婚の請求は認められにくくなります。

不倫をした相手の方から離婚をしたいと言われ、それが認められてしまった場合にはあなたの生活は一変してしまうでしょう。

身勝手な願望に振り回されてその後に大変な思いをします。

法律でも、このような身勝手な行為は許されていません。

「有責配偶者からの離婚請求の問題」という項目で、不倫をした側の意向で離婚をして相手の生活を覆してしまうのはあまりに不公平であるため、有責配偶者からの離婚請求は認められにくいと決まっています。

慰謝料請求がスムーズに進む

不倫の証拠を持っている場合、配偶者や不倫相手に慰謝料請求ができます。

証拠を持っていることで、相手に不倫を認めさせることも簡単であり話がスムーズに進みます。

ケースによって異なりますが、不倫の慰謝料請求の場合は、最高で300万程度も慰謝料の請求ができる可能性があります。

関係を修復できる

浮気が原因で冷え切ってしまった夫婦間の関係を修復させるには、配偶者に浮気を認めさせることが不可欠です。

浮気を認めて反省した態度を取ってもらえれば、できてしまった溝は埋まるはずです。

配偶者に浮気を認めさせたうえで、夫婦でしっかり話すことが関係修復をするうえで最も重要です。

そのためにも、浮気の証拠を集めておきましょう。

有効な浮気の証拠とは?

メモをとる男性の画像

ではどのような証拠が有効なのでしょうか。

有効が意味するのは法的措置を取るときに優位な立場に立てるということです。

裁判、慰謝料請求などその後の展開を考えて、法的に有力な証拠とは何かを知っておきましょう。

既婚者の浮気は民法の不貞行為にあたる

既婚者の浮気は、民法における「不貞行為」に該当します。

夫婦はお互いに貞操義務を持ち、協力して生活をしていかなくてはいけません。

不貞行為(浮気)は貞操義務を破るものであり、それによって夫婦関係が悪化すると生に支障をきたします

そのため浮気は違法行為とされているのです。

不貞行為に対する罰則はありませんが、違反した場合は慰謝料請求や離婚の原因になります。

基本的には当人同士で話し合って解決する問題ですが、拗れてしまい夫婦だけでは解決出来ない場合は裁判所が介入することも出来ます。

ただし、その場合は不貞行為を立証するための法的効力を持つ証拠が必要です。

以下は,
日本司法支援センターの「法テラス」に記載されている離婚の際の慰謝料請求ができる条件についてです。

手方の有責行為が主たる原因となって離婚に至った場合には、慰謝料を請求することができます。

離婚そのものの慰謝料(離婚慰謝料)とは、相手方の有責行為によって離婚を余儀なくされたために被る精神的苦痛に対する損害賠償のことです。

これとは別に、離婚を招いた暴力などの個別の有責行為についての慰謝料(離婚原因慰謝料)も認められることがありますが、離婚慰謝料が請求されることが多いようです。

引用元:法テラス:Q離婚の際の慰謝料はどのような場合に請求できるのですか?

不貞行為と認められる証拠とは

不貞行為と認められるには、「同一の異性と複数回に渡って肉体関係を持った」とされる証拠が求められます。

他の異性と性行為を行えば不貞行為にはなりますが、法的な制裁では一夜の過ち、行き刷りなど一度限りのケースでは認められることはありません。

また、同一の同姓と複数回に亘って肉体関係を持っていたとしても、対象はあくまで異性なので同性との浮気も法的には認められません。

風俗の場合は、風俗通いが治らずそれが夫婦関係の悪化に繋がる場合は認められることもあります。

一部の裁判では肉体関係がなくても不貞行為を認める判決が出ていますが、基本的には肉体関係があることが必要とされているので、性行為の有無が重要でしょう。

浮気の証拠として”有効”な証拠はコレ!

指さす男性の画像

証拠を集めるといって闇雲に証拠を探すのでは、時間がかかりかなりの体力を要します。

事前に有効な証拠が何かを知っておけば、効率よく有力な証拠を集めることができるでしょう。

ここからは、有効な証拠には何があるかを具体的にご紹介していきます。

  • 調査報告書
  • 写真や動画
  • 性行為の写真やそれに近い写真・動画
  • 浮気・不倫を自白した音声
  • 電話の通話記録・通話履歴
  • メールのやりとり
  • SNSやブログの書き込み

調査報告書

探偵調査によって作成される調査報告書が最も有効です。

浮気調査のプロであり、有効な証拠とは何かを知り尽くしている探偵によって、集められた証拠は有力なものが多いです。

素人が何も知らずに集めた証拠とは違い、法的に有力な証拠がそろいます。

自分で証拠を掴む努力をする必要がないため、体力的にもリスクを考えても楽でしょう。

証拠を集める場合は、探偵事務所に依頼することをおすすめします。

写真や動画

有効となる浮気・不倫の証拠としては、「浮気相手と宿泊をしたと分かる写真や動画」です。

写真の他にも動画でも有効です。

例えば、二人でホテルに出入りする写真、相手の部屋に出入りするパートナーの写真、二人で宿泊旅行をする写真などがあげられます。

性行為の場面を抑えることが出来れば一番分かりやすいですが、それを押さえるのは基本的には不可能ということで、肉体関係を推認される浮気の証拠であれば問題ありません

一般的に、大人が同じ部屋で一定の時間を過ごせば、基本的には肉体関係を持ったと判断されます。

ただ、「複数回にわたり関係を持っている」ことが重要なので、数日分にわたって証拠写真を撮る必要があります。

性行為の写真やそれに近い写真・動画

不倫が認められるのは不貞行為の証拠があった場合です。

なので、性行為に及んでいる写真や動画が手に入ればそれは不倫だと認められる有力な証拠になります。

ですが、第三者が性行為に及んでる写真や動画を撮ることは、極めて困難です。

ですので、先ほど説明したラブホテルの出入りの写真や動画が有効な証拠として扱われます。

浮気・不倫を自白した音声

配偶者や浮気相手が浮気の事実を認めた発言の録音も有効です。

必ず本人が発しており、浮気を自白しているような言葉が音声として録音できていれば、立派な証拠として扱われます。

ですが、浮気した側も有効な証拠がないと自白する可能性が低いので、あらかじめ写真や動画を集めておくことをオススメします。

電話の通話記録・通話履歴

肉体関係があったと推測できる電話の通話記録が有効です。

ただ浮気相手と連絡を取っていたという記録だと証拠としてあまり使えません。

そこに肉体関係が明確になる会話があることが必須条件です。

ただ、今の時代LINE電話で連絡を取る人も多いので、電話の通話記録を入手するのはなかなか現実的ではないでしょう。

また、通話中の会話内容も取得するのが難しいので、あまりオススメはできません。

メールやLINEなどのやりとり

メールやLINEなどのやりとりでも電話と同様に、肉体関係が分かる内容でないと有力な証拠にはなりません。

しかし、対象者のメールやLINEの内容をチェックして更に浮気をしていると思われる文章を探すのは、なかなか難しくそう簡単に見つけられません。

証拠が見つかる可能性も低いため、あまりおすすめはできません。

SNSやブログの書き込み

Instagram、Twitter等のSNSへの書き込みも肉体関係があると読み取れる内容は、証拠として認められます。

SNSを利用している人は多いので、電話履歴やメール履歴よりもこちらの方が可能性が高いはずです。

旦那が怪しいと思い始めた方は、SNSで怪しい投稿がないかこまめにチェックしておきましょう。

浮気の証拠として”有効ではない”証拠

カップルのイメージ画像

ここまでに浮気の証拠として”有効”な証拠をご紹介しましたが、逆に“有効ではない”証拠も知っておく必要があります。

使えない証拠を知っておくことで効率よく証拠を集められるでしょう。

  • メールやLINEのスクショ
  • 異性と出かけているという事実
  • 法的に認められていない証拠

メールやLINEのスクショ

先ほど、”「メールやLINEなどのやりとり」”は有効な証拠であると説明しましたが、
場合によっては、有効になり得ない可能性もあります。

それは、浮気相手がLINEの内容やメールの内容を修正・加工等をして改ざんするケースです。

現在、誰でも加工で画像を好きなように作れる技術があるので、改ざんすることは十分に可能です。

スクリーンショットでの証拠は使えない場合もあることを頭に入れておきましょう。

異性と出かけている目撃情報

写真や動画の証拠がある訳でなく、ただの自分の目撃情報だと正式な証拠として認められにくいです。

情報はいくらでも嘘をつくことができるので、目撃情報だけですと、とても情報の信憑性は低いと見なされます。

そのため、証拠として扱うことはできません。

何か形に残る明らかな証拠を探しましょう。

法的に認められていない証拠

配偶者が浮気をしていると感じたとき、感情的になって問い詰めたりするのは逆効果になりやすいです。

大抵の場合、感情的に問い詰められると反発したくなり、ケンカ腰でやり取りするようになってしまいます。

ケンカをしたいのなら問い詰めても構わないのですが、問題を解決することを望むのなら別の方法を考えなければなりません。

まずは冷静な気持ちになり本当に浮気をしているのかどうかを確認することが大切です。

もちろん配偶者に質問するのではなく、側面からのアプローチをする必要があります。

一言でいえば証拠を集める作業をするわけですが、大切なのは法を破らないようにすることです。

確かに配偶者との関係だけを見れば自分が被害者の立場になるため、そのように考えてしまうのも理解は出来ます。

しかし実際には何をやってもよいのではなく、様々な制約のもとで証拠集めをしなければならないことに注意が必要です。

違法な手段で集めた証拠は、決して有効なものと判断してもらえません。

裁判などで無効とされてしまうと、せっかく集めた証拠は全く意味のないものになります。

法について正しく理解して、法を守って証拠集めを進めていかなければなりません

合法と違法の境界は分かりにくい

どのような行為が違法なのかについて、誰でも容易に判断出来るものもあります。

なかなか素人には理解し難いものもあるため注意しなければなりません。

例えば人を殴ったりして証拠になるものを奪う行為は、法について詳しいことを知らない人でも違法だと判断出来ます。

しかし、配偶者のメールを許可なく覗いたりする行為については、どこまでが合法でどこまでやると違法なのか判断するのは難しいです。

例えば、配偶者が置き忘れていたスマートフォンのロック画面を見ただけの場合は特に違法とまでは考えられません。

このように、浮気調査を行うなかで素人には判断できない場面が多くあるのです。

浮気調査はプロに任せるべき

人のイメージ画像

自分で浮気調査をして証拠を集めるのはかなり大変です。

様々なリスクがありますし、調査は体力と技術がもとめられてきます。

調査を経験したことのない、浮気調査は素人には到底難しいでしょう。

難しい浮気調査、それを探偵事務所に依頼するメリットをご紹介します。

  • 依頼すれば結果を待つだけ!
  • 裁判で使える証拠が手に入る
  • 探偵の浮気調査報告書の役割は大きい
  • 真実と向かい合うことが肝心

依頼すれば結果を待つだけ!

探偵事務所に相談に乗ってもらい調査が決まれば、あとは調査結果を待つのみです。

あなたが動く必要はなく、基本的に浮気調査に協力する必要もありません。

配偶者にバレることなく浮気調査を行えるのです。

また、調査員に尾行されていたとしても配偶者にとっては知らない人なのでバレることはありません。

自分で浮気調査を進めてバレてしまい、揉め事へと発展しまうリスクも避けられるでしょう。

裁判で使える証拠が手に入る

探偵は”有効”な証拠を熟知しており、証拠を集めるための専門技術を持っています。

法的に有利になるための証拠を確実に取ってきてくれるので安心です。

自分で頑張って調査して得た証拠が法的に有効でなかった・・・。

というケースもありますので、そのような目に遭わないためにも、最初から探偵に相談に乗ってもらい調査をお任せしましょう。

探偵の浮気調査報告書の役割は大きい

探偵に調査を依頼するときは、その目的を予め定めておくことが必要です。

例えば「離婚するためです」とか、もしくは「慰謝料請求するためです」とか、その目的によって調査報告書の内容も変わってきます。

こうした不貞行為の証として、二人で歩いていたり、手を繋いでいたり、あるいは抱き合っている場面の写真などは考えようによっては浮気と認識することも出来ますが、裁判のときなどではこれらの写真だけでは確たる証にはなりません。

真実と向かい合うことが肝心

このような浮気問題を根底から解決させるためには、怖くても真実と向き合っていくことが大切になります。

前述したように、真実を知らなければ状況は何も変わりません。

離婚することになっても、またやり直しを選択するにしても、まずは真実を知ることから始まります。

浮気問題の怖いところは、そのまま放置して時間が経てば経つほど事態は悪化してしまうということです。

ここはプロの探偵に浮気調査を依頼して、確たる証拠をとなる報告書を作成してもらうことが重要になります。

まとめ【証拠を集めるなら HAL探偵社 に依頼しよう】

HAL探偵社の画像

今回は、浮気の証拠の重要性、有効な証拠とそうでない証拠、そして証拠を集める方法をご紹介しました。

浮気・不倫をされてしまい、そこ方関係を修復したい方も配偶者に法的処置を取りたい、慰謝料を請求したい方も、まずは証拠を集めることから始めましょう

自分で無理をして集める必要はありません、今後のことと自分の負担も考えて探偵社に依頼することをおすすめします。

どの探偵事務所に依頼しようかでお悩みの方は、ぜひ HAL探偵社 にご相談ください。

業界屈指の調査力を持っており多数の実績を所持しております。

料金の面からしても、HAL探偵社の料金体系は明確なので後か追加で請求されることもありません。

また、専門のカウンセラーも在籍しており、あなたの相談に親身になって回答してくれるでしょう。

浮気・不倫を解決させたい、事実をはっきりさせたい方は早めにお問い合わせください。

【初心者でもわかる】この記事のまとめ

「浮気 証拠」に関してよくある質問を集めました。

浮気されたら証拠を集めるべき?

証拠を集めることで得られるメリットがいくつかあるので証拠は集めるべきです。有力な証拠を所持しておくことで、裁判で有利になったり慰謝料を請求できるといったメリットがあります。

有効とされるのはどのような証拠?

不倫が法的に認められるのは不貞行為があることが明白な場合です。そのため、不倫相手との肉体関係があることが分かる証拠が有効となります。

浮気の証拠を集めるおすすめの方法とは?

法的に有効な証拠に関することを熟知している探偵に依頼するのがおすすめです。自分で浮気調査をするリスクを回避し、依頼すれば待つだけで有力な証拠を集めてもらえます。業界屈指の調査力を持つHAL探偵社の詳細はこちら

お問い合わせ
【全国に18店舗展開!】浮気調査が得意なHAL探偵社へ無料相談!
【成果報酬型】不貞の証拠が無ければ0円だから安心!

この記事に関連する記事