父親の不倫が発覚!子供が出来る対処法とやってはいけないNG行動

公開日:2020/02/07
カテゴリ:
関連タグ:

「信じたくないけど、父親が不倫してるかもしれない…。」
「変に行動したら家族がめちゃくちゃになるかもしれないし」
「こんな時どうしたらいいの?」

今回はそんなお悩みの方に向けて、父親が不倫をしていた時に出来る対処法としてはいけない行動を解説していきます。
身内で不倫が発覚するなど、想像も出来ませんよね。
ましてや父親が不倫をしているなんて思わず、感情的になってしまうかもしれません。
でもまずはここで落ち着いて、ベストな行動を取れるようにしましょう。

父親が不倫をしていることが発覚|取ってはいけないNGな行為

人のイメージ画像

父親が不倫をしているなんて知れば、思わず感情的に動いてしまいます。
ですがここで、何も考えずに行動してしまうと家族関係が最悪の形に崩壊してしまう可能性があります。
そこでまずは取ってはいけないNGな行動を解説します。

最悪な事態にならないためにも、ここで取ってはいけないNGな行動をしっかり押さえておきましょう。

NGな行為1:自分だけで浮気調査をしようとすること

早く解決したい!と焦り、自分1人で本当に父親が不倫しているのかを調査し、証拠をつかもうと思う人もいます。
しかし素人のあなたが1人で調査をするなど動くのはNGです。
高確率で上手くいきません。
理由は明確で、十中八九調査していることが父親にバレるからです。

知ってしまった以上黙って見ていられない気持ちは分かりますが、安易に調査まがいな行動を起こすと、父親が疑われていることを察知し証拠を隠蔽するように動いたり、家族に不満を持つようになり、最悪の場合失踪してしまうなんてことも考えられます。

根本的に解決したいのであれば、まずは行動を起こすことを我慢しましょう。

NGな行為2:感情的な行動「問いつめる・暴力を振るう」

また、上記同様の理由で感情に任せて父親を問い詰めたりする行為はNGです。

感情的に問い詰めれば、相手も感情的になる可能性が高く、まともな話し合いになる可能性は低いです。
ましてや証拠も無しに行えば、父親が証拠の隠蔽に動いたり、不倫相手と共に失踪してしまうなど、今後に悪影響すら考えられます。

解決するためにも感情に任せて行動するには避けましょう。

NGな行為3:不倫相手に復讐しようとする

また、上記のように父親に行動を起こせないからと言って、不倫相手に矢印を向けるのもNGです。

不倫の事実が確認出来ても、正式な手順で法に則って行動をしなければ問題になってしまいます。
感情に任せて復讐などをすれば、最悪の場合あなたが犯罪者になってしまうこともあり得ます。

ここまで見てきたNGの行動の共通点は、感情的に行動することでした。

  • 自分だけで浮気調査をしようとすること
  • 感情的な行動「問いつめ・暴力を振るう
  • 不倫相手に復讐しようとする

身内の裏切り行為に、感情的になってしまうのは仕方のないことですが、自分で浮気調査をする・問い詰める・暴力を振るう・不倫相手に復讐するなど、行動に移してしまうと気持ちとは裏腹に逆効果を招いてしまう可能性が非常に高いです。

では何もできないのか?と言うと、そうではありません。
逆に取るべき行動は何があるのでしょうか?解説指定いきましょう。

父親の不倫に気づいたときに取るべき行動

人のイメージ画像

実際に父親の不倫に気付いてしまったら、どうすれば良いのでしょうか?
父親に対してはもちろん、母親に対してケアするべきこともあります。
ここでは父親と母親に分けて、解説していきます。

母への行動1:知っているかどうか確認し、母の気持ちを確認する

まず、母にそれとなく父の様子がおかしいかと確認してみましょう。
気付いていれば察してくれますし、気付いていなければ、母親が考えるきっかけになるかもしれません。
そして、母親が家族をどうして行きたいのか、気持ちを確認しましょう。

母への行動2:母親の味方であることを伝える

上記のように母の気持ちを確認後、必ず自分は母親の味方であるということを伝えましょう。
父親の不倫が事実であれば、あなた以上に母親は傷ついているでしょう。
そこでまずは子供として母親を支えることを最優先にしてあげましょう。

母への行動3:家族としてどうしていくかを話し合う

そして、改めて母親や兄弟と共に家族としてどうしていくかを話し合いましょう。
これからの家族の生活に大きく関わる問題です。
「母がどうしたいのか」「子供としてどうしていきたいのか」など冷静に全員の意思を確認して、今後の家族としての方針を決めましょう。

ここまで母親の気持ちを確認し、味方であると伝え、話し合うなど、母親にできること・行動をみてきました。

  • 知っているかどうか確認し、母の気持ちを確認する
  • 母親の味方であることを伝える
  • 家族としてどうしていくかを話し合う

あくまで一番辛い想いをしている母親の気持ちを最優先に行動してあげることが重要です。
そして、母親とともに家族としてどうしていくのか、気持ちが固まって初めて、父に少しずつ行動してみましょう。

父への行動1:それとなく浮気をして欲しくないと伝える

例えばテレビでの一つの話題など父親にそれとなく、「浮気をして欲しくない」と伝えてみましょう。
ここでは決して問い詰めるようなことはしてはいけません。
とにかく、あなたがいつまでも自分の父親でいて欲しいという気持ちをさりげなく伝えましょう。
父親に罪悪感などがあれば、改心してくれるかもしれません。

父への行動2:父のことが好きだと伝える・感謝を伝える

また、今まで父親にあまり感謝や気持ちを伝えていない場合には、積極的に伝えるようにしましょう。
父親は家庭にいないことが多いですが、その分家族のために仕事をしていることがほとんどです。

そんな父親にしっかりと感謝の気持ちなどを伝えてみましょう。改めて家族の大切さを認識することで、父親も気持ちを改めてくれるかもしれません。

父への行動3:父親にとって居心地がよい環境を作る

そして家庭内での父親の立場を見直してみましょう。
家族でのコミュニケーションは足りていますか?
家庭が父親の居心地の悪い環境になっていませんか?
そのような家庭的な要因が原因で、不倫などに走っている場合も多いです。
家庭内の環境をもう一度見直してみましょう。

ここまで、父に浮気についてそれとなくやめてほしいことを伝える、日頃の感謝を伝える、居心地の良い環境を作るなど、父親にするべき行動をみてきました。

  • それとなく浮気をして欲しくないと伝える
  • 父のことが好きだと伝える・感謝を伝える
  • 父親にとって居心地がよい環境を作る

注意すべきことは、あくまで感情的な行動をさけ、冷静ではない状況をつくらないことでした。罪悪感を持っている父親ならきっと効果がありますが、100%ではありません。
ここまでみてきた行動で父親が変わらなければ、もっと深い根本的な原因があるかもしれません。

ここからは父親の不倫の原因を見ていきましょう。

父親が不倫をしてしまう原因は?家庭内にあるかも

人のイメージ画像

性欲の捌け口がない

分かりやすい原因ですが、夫婦間での性生活が無い場合や父親にプライベートな空間が無い場合、性欲の発散が出来ず、不倫に走ってしまうケースがあります。
父親といえど、男性です。
「両親は仲良くしていますか?」「父親にはちゃんとプライベートな空間はありますか?」

もし無ければ、それが不倫の大きな原因になっているかもしれません。
夫婦で解決するにしても、男性1人で解決するにしても、プライベートな環境は必要です。
たまには両親だけでの旅行など外泊を勧めてみるなど、子供のいない環境を提案してみてはいかがでしょうか?

家庭内での父親の居心地が悪い

父親が家庭内での居心地が悪い場合、家に居たくないために父親が外出する機会が増えてしまいます。飲みに行く機会が増えることで結果的に父親の出会いの機会が増えてしまう可能性も大いにあります。
家での居心地が悪いだけで、間接的に不倫のきっかけを増やしているのかもしれません。
もし父親の外出が多いようであれば、家庭内での父親の居心地を見直してあげましょう。

ストレスの解消方法が無い

そして、仕事や家庭内でのストレスが発散出来ずに不倫に走ってしまうことがあります。
でも実はこのストレスは家庭内でのコミュニケーションが取れていれば、充分解消できたりします。
会社でのストレスに対して、家庭での居心地の良さやリラックス出来る自分の空間があることで、自分が帰ってくる場所があると実感でき、十分にストレスの解消になります。

もし父親が最近疲れているな、ストレスが溜まっていそうだなと感じたら、

  • 仕事の愚痴をたまには聞いてあげる
  • しっかりと家族で一緒に食事を取る
  • 家族で楽しめる外食や旅行を計画する

など、コミュニケーションをして、解消してあげましょう。

また、ここまででもし一つでも当てはまる要素がある場合は、ぜひ改善するようにしましょう。

  • 家庭内での父親の居心地が悪い
  • 庭内での父親の居心地が悪い
  • ストレスの解消方法が無い

子供にとって性欲に関してはできることはほとんどないですが、家庭内の居心地やストレスの解消などは子供の方が有効に立ち振る舞えることも多いです。
ちょっとした歩み寄り、気遣いで劇的に変わるので、少しだけでも歩み寄ってみてはいかがでしょうか?

誰にも相談出来ないと思ったときは探偵事務所へ相談

人のイメージ画像

ここまで父親の不倫というデリケートな話題を解説してきました。
周りに知られれば自分たちも生活しづらくなったりするリスクもあり、安易には相談しない方が良い場合もあります。

また、母親との関係性もあり、1人で抱えなければならないケースも少なくありません。
誰にも相談出来ない環境にいる場合にお勧めなのが、プロの探偵事務所に頼ることです。

探偵社は浮気・不倫調査などをプロとして行っており、調査方法はもちろん、不倫にまつわる様々な知識や経験を持っています。

探偵社に依頼することで、父親の不倫の事実をしっかりと確かめ、法的に効力のある証拠を揃えることができたり、カウンセラーや弁護士事務所と提携している場合には、法律のプロに慰謝料などのこれからの対処法に関して意見を聞くことも出来ます。
可能な範囲で、同じような人たちがどうして来たかなど、参考になる話を聞けるかもしれません。

そして大手の探偵事務所の中には、無料の事前相談を受け付けている事務所があります。
そこでは、調査内容はもちろん、現状の情報の整理やあなたがどうすれば良いのかなど、的確なアドバイスを貰えたり、カウンセラーなどが常駐しているところではメンタルのケアも行ってくれる事務所もあります。

1人で大きな悩みを抱え込んでいるなら、まずは無料の事前相談だけでも予約してみてはいかがでしょうか?

まとめ【親同士で話し合いをさせる】

人のイメージ画像

今回は父親の不倫に関して、やってはいけないNG行動や対処法、不倫の原因を解説してきました。
父親の不倫が発覚した場合、何よりも重要なのは両親の意思・気持ちです。
これがきっかけで別れるにしても、やり直すにしても、本人たちが納得するまで話し合えるようにサポートするのが、子供が出来る最も大事なことです。
そんな中で、必要であればプロの手を借りても良いのではないでしょうか。

母の支えになることも重要ですが、父の話もしっかりと聞き、両親の気持ちを尊重し、家族のあり方を考え行動しましょう。

お問い合わせ
【全国に18店舗展開!】浮気調査が得意なHAL探偵社へ無料相談!
【成果報酬型】不貞の証拠が無ければ0円だから安心!

この記事に関連する記事